さっぽろ雪まつり2017会場と開催期間情報!

開催68回を迎える「さっぽろ雪まつり2017」は会場によって開催期間や時間が異なります。大通り会場とすすきの会場は比較的近いため徒歩での移動も可能ですが、つどーむ会場は離れた場所にあります。

さっぽろ雪まつり公式サイトには、現在(2016年12月5日)のところまだシャトルバスの時間など細かな情報が掲載されていませんが、雪まつりを見に行く予定の方々はすでに準備を始められているのではないのではないでしょうか?

ここでは各会場の内容、アクセス方法、開催期間と時間など基本的な「さっぽろ雪まつり2017」の情報を紹介いたします。皆さんの雪まつり旅行計画に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

さっぽろ雪まつり

スポンサーリンク

さっぽろ雪まつり 大通り会場

さっぽろ雪まつり 大通り会場

大雪像で世界的にも有名な会場です。一度は写真やテレビでご覧になったことがあるのではないでしょうか?

場所:札幌市中央区大通公園西1丁目~西12丁目(約1.5キロ!)
開催期間:2017年2月6日(月)~2017年2月12日(日)
開催時間:24時間入場可能 ただしライトアップは22時で終了

アクセス方法

地下鉄
札幌市内にある東西線、南北線、東豊線いずれかの地下鉄に乗り、大通駅で下車します。出口27番は大通会場の一番西にあるので、そこから出ると順にすべての雪像を見にいくことができます。(基本的には大通駅のどの出口から出ても大通公園にはたどり着けます。)

JR
札幌駅で下車し、西改札口を出たら改札口を背中に左方向(南口)へ進み、屋外へ出ます。そのまま徒歩で直進(約15分)します。
または、吹雪の場合などで地上を歩くのが困難な場合、JR札幌駅から地下に降りて大通りまで地下道を通って行き、出口27番から地上に出ます。
または、JR札幌駅から地下鉄南北線真駒内行に乗り、大通駅で下車します。

さっぽろ雪まつり大通り会場の様子

夜になると大雪像がライトアップされたり…
さっぽろ雪まつり 大通り会場

大雪像前ではバンドが来て演奏したり、2016年は「穿いてますよ!」の方が来たり…
さっぽろ雪まつり 大通り会場

プロジェクションマッピングが上映されたり…
さっぽろ雪まつり 大通り会場

「北海道食の広場」で北海道グルメを堪能できたり…企画盛り沢山!
さっぽろ雪まつり 大通り会場

スポンサーリンク

さっぽろ雪まつり すすきの会場

さっぽろ雪まつり すすきの会場

すすきの観光協会オフィシャルサイトでは、「すすきのアイスワールド」と紹介されています。大通り会場の雪像とは違った、繊細な氷のアートが市道に並べられ、札幌ならではの寒さが魅せる美術館のようになっています。

すすきのはナイトライフの街。酔っぱらって氷にぶつかったり、転んだりしないようお気をつけくださいね~。

場所:札幌市中央区南4条西3、西4の間の市道(南4条通りから南7条通りまでの駅前通り)
開催期間:2017年2月6日(月)~2017年2月12日(日)
開催時間:24時間入場可能 ライトアップは23時で終了、最終日は22時で終了

アクセス方法

地下鉄
地下鉄南北線すすきので下車し、5番出口から地上に出ます。そこから右手すぐの市道に氷像が並んでいるのが見えます。

市電
大通り会場から南へ下がり、4丁目プラザ前にある市電乗り場から「外回り循環」に乗って、すすきので下車します。(運賃は大人170円、子供90円です。)

徒歩(さっぽろ雪まつり大通り会場から)
西3丁目と西4丁目の間(駅前通り)の市道を南へ真っすぐ歩いていくと、すすきのに到着します。約15分くらいです。
または、大通駅から地下道に入り、ポールタウンという地下街を南下するとすすきのに出ます。約15分くらいです。

さっぽろ雪まつりすすきの会場の様子

市道にずらりと並んだ圧巻の氷像…

さっぽろ雪まつり すすきの会場

氷の中には、魚だったり、カニだったりが…(食べたい!いかにもすすきの的!)

さっぽろ雪まつり すすきの会場

さっぽろ雪まつり つどーむ会場

さっぽろ雪まつり つどーむ会場

お子様連れ、家族連れに大人気の会場です。大通り会場から離れた場所にありますが、アクセスは至って便利です。例年、大通り会場からと地下鉄東豊線栄町からシャトルバスが出ています。また、地下鉄東豊線の栄町からは徒歩でも15分程度でつどーむ会場に着きます。

場所:札幌市東区栄町885番地1
開催期間:2017年2月1日(水)~2017年2月12日(日)
開催時間:9:00~17:00

アクセス方法(シャトルバスを利用しない場合)

地下鉄東豊線栄町行きに乗り、終点の栄町で下車します。2番出口を出て左に曲がり、信号は渡らずそのまま左に道なりに進みます。真っすぐ行くと「つどーむ」が見えてきます。

シャトルバスについては、詳細が決定され次第さっぽろ雪まつり公式サイトに掲載されますので、そちらを参照してくださいね。

つどーむ会場の内容については子連れでさっぽろ雪まつり2017 地元ママのおすすめに詳しく書きましたので、是非ご参考になさってください。

まとめ

さっぽろ雪まつりの会場は3カ所ありますが、移動を含めても一日で全部見に行くことができます。ただ、ずっと屋外にいるので寒さ対策をしっかりと、そして時々体を温めるための途中休憩をとってくださいね。

今年はどんな雪像やアクティビティーが登場するのでしょうか。今から楽しみです。

<2016年12月16日追記>
北海道新聞によると、毎年実施していたすすきの会場の「魚氷」(氷の中にカニや魚がいる氷像)を、2917年は取りやめる方針だとか。12月21日の実行委員会で正式決定するとのことです。

<2016年12月22日追記>
2017年の「魚氷」継続が決定したそうです!良かったです!

スポンサーリンク