白い恋人パーク営業時間とアクセス方法を地元民が詳しく解説!

夏にはバラやたくさんの花、冬にはイルミネーション装飾と、大人気の札幌「白い恋人パーク」。パークまでは地下鉄東西線を使って宮の沢駅まで行き、そこから徒歩5分ほどなのですが、出口を間違えて遠回りしたり、迷子になってしまったりすることがあるようです。

そこで、こちらの記事では白い恋人パークへの行き方を詳しく、また営業時間などの基本情報をご紹介します。

白い恋人パーク アクセス

スポンサーリンク

白い恋人パークへのアクセス 地下鉄東西線に乗って西の最終駅「宮の沢」で降りる

地下鉄南北線(北12条、札幌、すすきのなど)や東豊線(北13条東、東区役所など)近辺にお泊りの方はまず地下鉄大通駅へ行きます。

そこで東西線の「宮の沢行き」へ乗ってください。大通り駅から宮の沢駅までは約16分、日中は一時間に7分間隔くらいで出ています。

詳しい時刻表は、札幌市の地下鉄・市電時刻表に載っています。

http://www.city.sapporo.jp/st/time/index.html

降車は最終地下鉄駅「宮の沢」です。

スポンサーリンク

白い恋人パークに迷わずアクセス!改札出たら「SEIYU」目指す!

白い恋人パークの最寄り駅である、地下鉄宮の沢駅に改札は一つしかありません。

改札を出たら左右の通路ではなく、左前方にあるエスカレーターに乗ります。

エスカレーターが終わると動く歩道が出てくるので、動く歩道が終わるまでひたすら真っすぐに進みます。

動く歩道が終わったら、右手にバスターミナルに続くドアがあるのでそこを出て左手を見ると、「SEIYU」につながるエスカレーターが見えます。このエスカレーターに乗って、SEIYU店舗に入ります。

店舗に入ってすぐ(エスカレーターを降りてすぐ)左手に六花亭があり、その向かいのパン屋との間にある出入り口から外に出ます。

SEIYUを出たら右方向へ進み、進行方向にある一つ目の信号を渡り、すぐ右に曲がります。北海道大野記念病院という大きな建物があり、その先前方に「白い恋人パーク」の文字と建物が見えます。

地上に出てからのアクセスをマップにしましたので、参考になさってください!
白い恋人パーク アクセス マップ

白い恋人パーク 営業時間と基本情報

白い恋人パークは大きく分けて

館内見学
(有料 白い恋人製造ライン、アンティークコレクションが見られる他お菓子作り体験などもある)

ショップ
(クッキー、キャンディー、チョコレートのお店やアイスクリームスタンドなどがある)

パーク内
(夏はバラを始め様々な花、秋にはハロウィン、冬はイルミネーションなどが楽しめる)

の3つのエリアがあります。

白い恋人パーク 館内見学時間

9:00~18:00(入館受付は17:00まで)
入館料 高校生以上 600円 中学生以下 200円

白い恋人パーク ショップ営業時間

建物内 9:00~19:00
パーク内アイスクリームスタンド 9:00~18:00

白い恋人パーク パーク営業時間

中庭 9:00~19:00

いつ行っても大人気の白い恋人パークですが、朝早く(9時)や夕方(17:00~)は比較的空いていて、写真もバッチリ撮れるオススメの時間帯です!

まとめ

白い恋人パークは季節ごとに様々な表情を見せてくれるとても魅力的な場所です。

実は私は白い恋人パークから徒歩20分の所に住んでおりまして、実際に道に迷ってしまった方にお会いしたことがあるのです(笑)。

地下鉄宮の沢駅のパークからは離れた別の出口から出てきてしまったのでしょうね。

白い恋人パーク、是非楽しんでください!

[adsense]

スポンサーリンク