『ロスト・バケーション』ネタバレ!感想と評価も

映画『ロスト・バケーション』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました!

以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは映画『ロスト・バケーション』作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

映画『ロスト・バケーション』作品情報

公開

2016年(アメリカ)

原題

THE SHALLOWS

監督

ジャウマ・コレット=セラ、キャスト ブレイク・ライヴリー(ナンシー)、オスカル・ハエナダ(カルロス)、ブレット・カレン(ナンシーの父)、ジャネール・ベイリー(ナンシーの母)

スポンサーリンク

映画『ロスト・バケーション』あらすじとネタバレ

医学生のナンシーは、亡き母親の思い出の場所、メキシコの秘境ビーチを訪れます。

紺碧の空と海。彼女の他には、サーフィンを楽しむ青年が二人だけ。

日暮れが近づき、青年達は陸に戻りますが、ナンシーはサーフィンを続けます。

イルカの群れを見つけて追うと、その先には波に漂う大きなクジラの死骸が。

そして突然、何かに海中に引きずり込まれるナンシー。

パニック状態になり、体に繋いでいたサーフボードも流れてしまいました。

やっとの思いでクジラの死骸に這い上がり、見ると足から出血しています。

ナンシーを襲ったのは巨大なサメ。黒い背ビレが波の上に現れました。

ナンシーは、ビーチにいる青年達に大声で助けを求めますが、

彼女の声は岸まで届かず、二人は車に乗り込み走り去ってしまいます。

寒さと空腹を感じたナンシーは、小さなカニを食べますが吐き出します。

その後ナンシーは、酒に酔って浜辺をふらつく一人の男を見つけます。

男は、浜辺に置いてあったナンシーの荷物から携帯電話を盗みます。

さらに、波に浮いていたナンシーのサーフボードを目にすると、

それも手に入れようと、波をかきわけ海に入っていきます。

サメは男に襲いかかり、下半身を食いちぎって浪間に消えました。

夜の寒さと足の痛みに苦しむナンシーは、ピアスとネックレスのチェーンを使い、

激痛に耐えながらもなんとか傷を縫合し終えます。

翌朝、ビーチに昨日の青年達がやって来ますが、サメは二人にも襲いかかります。

青年が頭に装着していた、カメラ付きヘルメットが流れてきました。

自分が助けを求めていることと、父親と妹へのメッセージを録画し、

ナンシーは思いを込めてカメラを海に投げ込みます。

意を決したナンシーは、大量のクラゲに紛れて離れたブイまで泳ぎつきます。

不安定に揺れるブイにしがみつくナンシー。波の下で旋回するサメ。

遠方に貨物船が見えたので、ブイに装備されていた救命用信号弾を発射します。

しかし船もまた、何事もないかのように通り過ぎてしまいます。

再び襲いかかるサメに、ナンシーは残った信号弾で反撃します。

サメの猛攻にブイは崩壊、溺れかけたナンシーがブイの鎖を外すと、

その反動で彼女の体は勢いよく海底に沈んでいきました。

ナンシーのあとを猛スピードで追いかけるサメ。

すんでのところで身をよじりナンシーがサメの攻撃をかわすと、

海底から突き出た何本もの鉄骨に全身を貫かれ、サメは絶命します。

浜辺で倒れていたナンシーに、地元の男性が駆け寄ってきました。

彼の小さな息子が、カメラを見つけて父親に知らせたのです。

意識が戻りつつあるナンシーの瞳に、亡き母親の微笑む顔が映ります。

1年後の海。元気になったナンシーと妹、そして彼らの父親の姿がありました。

映画『ロスト・バケーション』の感想と評価

サメ映画におけるサメの最期はたいてい爆破。そんな思い込みは裏切られました。

お約束の絶叫ギャルの姿もなく、美貌のヒロインの売りは知性と体力。

CGザメより、彼女の闘いに焦点を当てたのは正解ではないでしょうか。

怖い!痛い!苦しい!がダイレクトに伝わって、こちらも思わず応援モードに。

しかし、ひと気のない異国のビーチで若い女性が一人でサーフィン。

サメよりそっちの方がずっと危険なのではと、余計な疑問も浮かびました。

まとめ

「アンノウン」「フライト・ゲーム」のジャウム・コレット=セラ監督が、今回は海を舞台に、お得意のスピード感あふれる映像でエンディングまで走ります。

お前は本当にサメなのかと問いたくなる、謎の進化系サメ映画が続々登場する中、シンプルに「サメは怖い」だけで86分、不安と緊張を持続させることに成功しています

スポンサーリンク