『ガール・オン・ザ・トレイン』ネタバレ!感想と評価も

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました!

以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは映画『ガール・オン・ザ・トレイン』作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』作品情報

公開

2016年(アメリカ)

原題

The Girl on the Train

監督

テイト・テイラー

キャスト

エミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット、ジャスティン・セロー、ルーク・エバンス

スポンサーリンク

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』あらすじとネタバレ

レイチェルは一日に何度も同じ路線の電車に乗り、車窓を眺めていました。

ある美しい家に幸せそうな若い夫婦が暮していて、二人の愛ある生活を夢想するのが日課となっていたのです。

かつて自分もそのような日があったのにと思いながら。

ある朝、車窓を眺めていると、その家の女性が別の男と抱擁している姿が目にはいってきました。

レイチェルの心に憎悪が沸き起こります。

アナは時々かかってくる無言電話が気になっています。

彼女はレイチェルのかつての夫トムの妻であり、自分たちの生活に未だに関わってくる精神的に不安定なレイチェルを恐れていました。

レイチェルがみつめていた家の妻、メガンは、夫に精神的にいたぶられ日常的にカウンセリングを受けていました。

レイチェルはメガンを懲らしめようと出かけていきますが途中で記憶が途切れ、血だらけで目覚めます。

実は彼女はアルコール依存症で酒を飲むと意識を失い記憶がなくなってしまい、暴言を吐く、暴力を振るうなど、自分では想像もできない行動をとっているらしいのです。

そんな彼女のもとに警察が来てメガンの失踪を告げます。

警察はレイチェルを疑っており、やがて亡き者となったメガンが発見されます。

犯人は自分なのか?
レイチェルは必死に記憶を辿りますが思い出せません。

そんな折、レイチェルは、電車で以前迷惑をかけた女性をみかけ謝罪します。

女性は「あなたはそのようなことはしていないわ」と彼女を慰めます。

その言葉がレイチェルの長年の疑惑を解く鍵になります。

彼女が意識を失っていたときの行いは全てトムの作り話だったのです!

彼は彼女を悪者に仕立てあげ離婚し別の女に走ったのです。レイチェルに記憶の断面が見えてきます。

トムはメガンと浮気をしていました。メガンと車に乗っている時、酔って倒れたレイチェルと遭遇し、トムは彼女を殴ってその場に放置。

その後メガンに妊娠を告げられ、かっとして犯行に及んだのです。

全てを悟ったレイチェルはトムを訪ね詰め寄りますが、殺されかけて反撃し、逆に彼を傷つけてしまいます。

呆然とする彼女のそばで夫の正体を知ったアナが躊躇なくとどめを刺すのでした。

『ガール・オン・ザ・トレイン』の感想と評価

電車から見える幸せそうな生活は虚像で、女性たちは各々苦悩を抱えて生活しています。

一種の覗き趣味のような展開から見えてくるのは人間の疎外感と深い孤独です。

レイチェルに扮するエミリー・ブランドの熱演と演出による巧みなミスリードもあり、真相が判明したときはあっと驚かされました。

謎が判明してからの展開は少々くどい印象を持ちましたが、寒々とした色調の緊張感のある映像は見応えがあり、良質のミステリー映画として愉しめます。

まとめ

同名タイトルの大ベストセラー小説を映画化した本作は、舞台をイギリスからアメリカに移し、現代アメリカの郊外生活をリアルに描写しています。

エミリー・ブラントを筆頭に、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネットの三人の女優がなんとも魅力的で、ミステリーとして楽しめると同時にそれぞれの女性に感情移入することができる作品です。

スポンサーリンク