映画『この世界の片隅に』原作結末ネタバレ!興行収入予想も

『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化作品が2016年11月12日に公開されます。

こちらの記事では『この世界の片隅に』のマンガ原作内容のネタバレを中心に、アニメ映画で大ヒットを記録している『君の名は』で話題になっている興行収入についての予想も紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

『この世界の片隅に』気になる原作のあらすじを紹介!

舞台は、日本がまだ太平洋戦争中の1943年12月、広島県の呉市に住む北條周作の家へヒロインの浦野すずが18歳で嫁ぐところから始まります。

戦時下の為、略式でとんとん拍子に婚儀を済ませ、出会いも突然だった為、浦野すずは流れるように嫁ぎ先に住むことになります。

夫・周作の両親、出戻りの義姉・徑子とその娘の晴美の5人と暮らすことになるすず。

激化する戦火を前に、困窮していく生活の中、ささやかな楽しみである絵を描きながら、めまぐるしい時代を生きていくすずの日常が描かれていきます。

その時代にあっては平穏な日々でしたが、日本海軍の拠点があった呉市ですから、その影響が徐々にすず達にも現れ始めます。

幾度も繰り返される空襲。

庭先から覗いていた軍艦の炎上。

灰と化していく町並み。

それでも生きているということは生活を続けていかなければなりません。

でなければ、戦地へ赴く前にすずの元を尋ねてくれた幼馴染の水原哲や、戦死したすずの実の兄要一といった人達を否定することになってしまいます。

だから、劣勢を身をもって理解しているそんな中でも、すずの日常は続くのです。

スポンサーリンク

『この世界の片隅に』原作ネタバレと結末!

ここからは、『この世界の片隅に』あらすじのネタバレになりますので、お気を付けください!

本土への激しい空襲が繰り返され、義姉・徑子の娘、晴美が犠牲となってしまいます。

避難している時に、すずは晴美と手を繋いでおり、自身も絵を描くための右手を失ってしまうのですが、晴美を守れずに自分だけが助かってしまった事を、徑子に追求されてしまいます。

晴美を失ったことと、徑子に責められたこと、それから変わらない戦火。
こうしたことが重なる状況でしたが、夫に支えられてどうにか徐々に立ち直ろうとしていくすず。

そして、戦争は終戦を迎えようとするのですが、太平洋戦争で広島というと原爆。

すずの両親が亡くなり、すずの妹は原爆症で床に伏せてしまいます。
さらに、水原哲の戦死。

終戦を告げるラジオの前で、戦争によって多くのものを奪われたすずは泣き崩れます。

それでも物語は日常へと続いていきます。

終戦から数ヵ月後。
戦災孤児の少女を、すずと周作は、晴美の生まれ変わりのように北條家へと迎え入れて、エンディングとなります。

映画『この世界の片隅に』興行収入予想!

記録的な大ヒットとなった『君の名は』の興行収入が、よく持ち出されていますから、同じアニメ映画ということで、『世界の片隅に』の興行収入予想をしてみたいと思います。

興行収入に大きく影響するのは公開される映画館の数ですが、大ヒットを記録している『君の名は』は300館以上、『ワンピース』となると750館近くになっているのですが、『この世界の片隅に』は公開初日の段階で全国93館。

圧倒的に少ない…!

このような状況での封切りとなるため、『この世界の片隅に』の興行収入は良くても数億円、10億円もいけば予想外の大ヒットという予想が妥当ではないでしょうか?

戦争がテーマということで、非常に意味のある作品だとは思いますが、気軽に見に行けるエンタメ作品ではないというのが正直なところですし、話題性があるのは声優に能年玲奈さん改めのんさんを起用していることくらい。

映画の配給元も大手ではありませんから、口コミで広がりを見せるしかないということで、公開開始時においては興行収入に関しては少し厳しいかなぁというのが正直な印象です。(のんさんが主演ということで元の所属事務所からメディアに圧力がかかっているなんていう噂もありますし…)

[adsense]

映画『この世界の片隅に』原作結末ネタバレ!興行収入予想ものまとめ

興行収入については少しシビアな予想をしましたが、作品の素晴らしさ=興行収入とは言えません。

『この世界の片隅に』はいわずと知れた戦争映画の名作『蛍の墓』のように、息の長い作品として後世に語り継がれる可能性もあると思います。

映画『この世界の片隅に』が改めて戦争について日本人が見つめ直すきっかけとなることを期待します!

スポンサーリンク