スキップビート最新刊40巻発売日はいつ?39巻あらすじネタバレも

月刊誌・花とゆめにて連載中の仲村佳樹先生による漫画『スキップ・ビート!』は、2002年から連載が開始され、累計発行部数が1000万部を超えるほどの人気を誇ります。

台湾で、『華麗的挑戦』というタイトルでテレビドラマ化され、日本だけでなく、海外でも人気の作品です。

では、『スキップ・ビート!』最新刊40巻発売日はいつ?39巻あらすじネタバレもまとめてみました!

スポンサーリンク

スキップビート最新刊40巻発売日はいつ?

キョーコと冴菜の関係にも変化があり、『スキップ・ビート!』の読者の方は40巻の発売日が気になっている方も多いと思います。

『スキップ・ビート!』40巻発売日情報を紹介する前に、過去のコミックスの発売日を紹介します!

『スキップ・ビート!』コミックス発売日

35巻 2014/9/19 発売
↓6ヶ月強

36巻 2015/3/25 発売
↓6ヵ月

37巻 2015/9/25 発売
↓6ヶ月弱

38巻 2016/3/18 発売
↓6ヵ月強

39巻 2016/9/20 発売

過去のコミックスの発売日の傾向を見ていると、大体6ヵ月間隔で発売されているようですね!

30巻までは、4ヶ月間隔で発売されることがほとんどでしたが、30巻以降は6ヶ月間隔で、新刊が発売されているようです。

日程に関しては、20日前後に発売されることが多いようです。

40巻の発売日は、2017/3/17(金)となるのではないかと予想されます。

読者の方にとっては、新刊が待ち遠しい限りですね!

スポンサーリンク

スキップビート39巻あらすじは?

38巻では、キョーコの母・冴菜の過去がだんだんと明らかになり、冴菜の過去に一体何があったのか、続きが気になっている方も多いと思います。

『スキップ・ビート!』39巻のあらすじを紹介しますが、一部ネタバレがあるので、ご注意下さい。

あらすじ

冴菜は、付き合っていた御園井という男に、裁判の証拠が入っている大事なフロッピーディスクを盗まれてしまい、5年越しの大きな裁判に負けてしまいます。

その責任をとり、上司の片桐先生は、弁護士グループ・アスカムから除名されてしまいます。

冴菜のお腹には、御園井の子供が宿っていて、それが最上キョーコだったのです。

キョーコは、母の自分に対する冷たい態度の意味を理解し、帰って行きました。

事務所に行くと、「オーディションで役を勝ち取ったのに、事故を装ってけがをさせられ、二度と立てない体にされた恨みを晴らしてほしい」という匿名の電話がかかってきたことを知らされます。

キョーコがラブミー部へ行くと、泥中の蓮という時代劇をモーコさんがやると知り、くの一の役のオーディションを受けることにします。

京都の尚の実家のおかみさんから電話があり、おかみさんは「何も気にしないで、なりたいものになれるように頑張れ」とキョーコに告げます。

冴菜の過去が明らかになり、キョーコの冴菜に対する気持ちにも変化がでてきたようですね!

そしてまた新たな展開が待っているようで、どうなるのか、楽しみですね!

母に冷たくされても、自分の出生の秘密を知っても、笑顔になれるキョーコは本当に強いですね!

スキップビート39巻ネタバレは?

先ほどは、39巻全体のあらすじを紹介しましたが、今度は39巻の1話ずつのネタバレを紹介します!

231話 GROUND CALL

冴菜は御園井に、レモンティーを買ってきてもらうようお願いします。

フロッピーを確認するも、疑念が晴れず、何かの間違いであってほしいと冴菜は思います。

御園井が戻ってきたあと、電話が掛かってきて、ごめんの1言を残し、その後冴菜の前に現れることはありませんでした。

裁判には負けてしまい、片桐先生はグループから除名されてしまいます。

その後、冴菜のお腹の中に、御園井との子供、キョーコが宿っていることが判明します。

敦賀と社は、キョーコのメッセージを聞き、心配していました。

232話 ENDLESS GIVE UP

冴菜は、キョーコがお腹に宿っていると知ってかなり戸惑い、心身ともに憔悴しきっていましたが、何とかキョーコを出産します。

キョーコはその後不破家に預けられ、冴菜は片桐先生のもとで弁護士として働くことにします。

キョーコと籐道が2人になり、籐道が冴菜を許せるか聞くと、キョーコは「あの人に褒めてもらうのが夢だった」と言います。

冴菜が戻ってくると、キョーコは「あなたに愛されたいと思うこと、諦めることを諦めます」と言います。

233話 CLEAR MIST

キョーコは、冴菜のことを嫌いになることができないし、自分の気持ちに抵抗しないことを告げます。

「いつか誰もが認める女優となったら、私の頭をなでてくれますか?」と聞くと、冴菜は「あなたがそれを求めるのなら」と言います。

キョーコは笑顔で帰って行きました。

帰りのバスで携帯を確認すると、だるまやのおかみさんとモーコさん、敦賀さんからのショートメールが来ていました。

モーコさんからのメールで、部室に向かったキョーコは、鰆主任から匿名の電話で「オーディションで役を勝ち取ったのに、事故に見せかけてけがをさせられたので、恨みを晴らしてほしい」という依頼がきていたことを知らされます。

その役は、くの一の役のようでした。

234話 泥中の蓮

ラブミー部の部室で待っていると、モーコさんがやってきました。

モーコさんが恨みを晴らしてほしいという話をキョーコから聞くと、今度泥中の蓮という時代劇で武家のお姫様の役をすることと、くの一の役があることを告げます。

くの一のオーディションがあることを知ったキョーコは、オーディションを受けることにします。

モーコさんは、敦賀が何か凄く悩んでいたみたいだと教えてくれました。

キョーコがだるまやの暖簾を片付けていると、敦賀が現れました。

235話 SAKURA メッセンジャー

敦賀は、キョーコのメッセージが気になったから様子を見にきたようです。

キョーコが、母との関係が良くなったことを告げると、敦賀は安心します。

泥中の蓮という時代劇のオーディションを受けることを告げると、くの一だけど、お姫様とは恋のライバルとなると知ったキョーコは、驚きます。

翌日、仕事でTBMに行くと、尚のマネージャーの祥子に声をかけられます。

キョーコは祥子に頼み尚に会わせてもらうと、尚の脛を思いっきり蹴ります。

236話 呼応野望

尚の母との電話の回想から始まります。

キョーコは尚の母・彌生に謝りますが、彌生は、尚がキョーコを巻き込み、無責任もいいところで申し訳ないから、こちらが22日に東京に行くと告げます。

回想は終わり、キョーコは尚に、彌生と冴菜と話し理解が得られたこと、自分の野望を果たすまでは京都に帰らないと言います。

「私はここから高みへ昇る。今に上から旋毛を踏んであげるから」と尚に宣言します。

番外編 あの時の彼

幼いキョーコの前に、籐道が現れます。

自分の名前は「とうどうしょう」だと言いますが、目の前の名刺のルビは、「TOUDOUSUSUMU」と書いてあります。

そのことを聞くと、笑顔で嘘だと答えます。

ここまでが、39巻のネタバレとなります。

キョーコと冴菜の関係も良くなってきて、尚の問題も解決し、また1歩成長したキョーコを見ることができましたね!

キョーコと敦賀の関係が、40巻でどう展開するのかも楽しみですね!

番外編も面白いと思っている方もかなり多いようですね!

[adsense]

スキップビート最新刊40巻発売日はいつ?39巻あらすじネタバレものまとめ

冴菜の過去も明らかになり、キョーコと冴菜の関係にも変化がでてきたようです。

尚に宣言もして、新たに女優を目指す決意を固めたキョーコの今後が楽しみです。

スキップビート40巻の発売日は2017年前半と少し先になりそうですが、これからどう展開するのか、益々期待が高まりますね!

スポンサーリンク