2016ダッフルコートのトレンドは?コーデ・着こなしやカラーも

暑い夏もようやく終わりを迎え、いよいよおしゃれも本番!

アウターの季節がやってきましたね。

2016年の秋冬コートはダブルフェイスでリバーシブルに着られるものがトレンドだとか、女性らしさを際立たせるオーバーサイズが人気だとか、やっぱりファーアレンジがくるだとか、
多種多様な情報が入り乱れています。

でもやっぱり秋冬の定番として2016年も押さえておきたいアイテムといえば、ダッフルコートですよね。

定番でありながら、毎年少しずつ違った切り口やアレンジで色んなデザインのものが登場するあたり、その人気度の高さが伺えます。

そして今年のダッフルコートもご多聞にもれず、かわいいんです!

あれこれ見ているうちにきっと、寒い冬が待ちきれなくなってしまいますよ。

スポンサーリンク

ショート丈は、ボトムとのコーディネイトが自由自在に楽しめる

冬本番になる前に、コーディネイトでのおしゃれを思う存分楽しんでもらいたいのがショート丈。

前ボタンを外して、インナーとのレイヤードも楽しめます。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング /CB MLTN ダッフルコート SHORT

こちらのブランドは立体裁断にこだわっているそうで、着心地もバツグン。

スカンツやワイドパンツなど、ボリュームのあるボトムをスタイル良くまとめてくれる一着です。

おすすめカラーはグレー。

こちらの暗すぎないトーンのグレーが、ボトムにバーガンディやテラコッタ(ダークオレンジ)等のきれいな秋色カラーを合わせることで、センスよく全体をまとめあげてくれます。

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%91

the.first.floor. メルトンショートダッフルコート ナノユニバース

大きめフードでも、コンパクトなシルエットなのでカジュアルになりすぎません。

こちらのオススメカラーはキャメル。

インナーにボルドーやバーガンディを合わせて、大人のダッフルコーディネイトを楽しんで。

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%882

ビーミング by ビームス / ショートダッフルコート

今までご紹介した中で最も丈が短いタイプ。

ボリュームのあるボトムで合わせるもよし、ワンピースを合わせるとスタイリングにメリハリを持たせられるので、ジャケット感覚で着る事ができます。

ラインが出るボトムと合わせると、スタイルの良さがぐっと引き立ちます。

おすすめカラーはホワイト、肌なじみのいいカラーが上品で、意外に合わせやすい。

ブラック・ブラウンとのメリハリカラーコーデや、デニム+パンプスで大人カジュアルも。

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%883

スポンサーリンク

安心感があって合わせやすいミドル丈、ロング丈も今年は人気

ダッフルコートは欲しいけど、どの丈を選べばいいかわからない…という方には、ミドル丈がおすすめです!

気になるヒップラインをちゃんとカバーし、冷えの心配もない優れ丈です。

コーディネイトの選択肢も幅広く、パンツにスカートなんでもOK!

便利に使える、マストな一着です。

また、2016年はロング丈も人気になりそうな予感。

単なる防寒用アイテムだけではない、コーディネイト主役級の一着をぜひ手にいれてくださいね。

BY パイルメルトンミドルダッフルコート/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ

スッキリとしたシルエットが、カジュアル寄りになりがちなダッフルコートを大人顔に見せてくれます。

2016年におすすめのカラーはモカ。

ニュアンスのあるグレーとベージュの中間のような色合いは、おしゃれ上級者を思わせます。

インナーやボトム、バッグや靴にはっきりとした色(ホワイト、ブラック、ボルドーなど)をポイントで合わせると、コーディネイトが一段と際立ちますよ。

%e3%83%9f%e3%83%89%e3%83%ab1

BEAMS BOY FIDELITY×BEAMS BOY / ダッフルコート

しっかりとした素材感でありながら、軽量化も実現した本格派。

パンツ+ブーツでボーイッシュに、ワンピースやスカートで愛らしく、幅広い着こなしが楽しめます。

明るいグレーなら、モノトーンコーディネイトでまとめても重たくなりすぎません。

%e3%83%9f%e3%83%89%e3%83%ab2

DOORS ORCIVAL DUFFLE COAT アーバンリサーチドアーズ

フランスのマリンウエアブランド、ORCIVALのダッフルコート。

こちらもトレンドに流されない、本格志向の一着。

長年愛用できるダッフルコートとしてオススメです。

おすすめカラーはオリーブ。

明るすぎず暗すぎない深みのあるカラーなので、インナー次第で色んな表情を見せてくれます。

ホワイトをあわせるとピュアな印象、ブラックを合わせるとシックなイメージに。

パーティシーズンにはボルドーカラーにアクセサリーを合わせると、グッとムーディな印象を演出できます。

%e3%83%9f%e3%83%89%e3%83%ab%ef%bc%93

the.first.floor. メルトンロングダッフルコート ナノユニバース

ロング丈で迷っているならこれ!

ベーシックでありながら細部にまでこだわった一品で、これを羽織るだけでコーディネイトが完成しちゃいます。

シックなネイビーをチョイスしてトラッドコーディネイトを楽しむもよし、インナーを遊び心のある色柄ものにしてネイビーカラーでまとめるのもよし。

%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91

URBAN RESEARCH LONDON TRADITIONダッフルコート アーバンリサーチ

ディティールはあくまでベーシックな、ワードローブに一着あると心強いダッフルコートです。

どのカラーを選んでも失敗はないアイテムといえますが、ベーシックなデザインであるがゆえに、カラーで遊び心を表現したマスタードをあえておすすめ。

コートそのものがコーディネイトの中心になるので、インナーや小物の色味を統一するとすっきりおしゃれにまとまります。

%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%92

ダッフルコートにもファーアレンジ!リッチな素材感を楽しんで

2016年の秋冬トレンドキーワードのひとつである「ファー」。

ダッフルコートにもさまざまなアレンジで登場しているので、二着目のダッフルコートを探している方にオススメです。

MIIA ファーダッフルコート* ミーア

思わず抱きしめたくなるような、ぬくもり感のあるファーがかわいいダッフルコート。

フードに付いたファーが小顔効果を演出し、袖口についたファーは女性の指先をより繊細に見せてくれます。

カラーは淡いグレージュをおすすめ。

モノトーンでまとめると辛口スタイリング、大人の着こなしに。

うって変わって甘めデザインのワンピースを合わせると、デート使いにもOKなガーリィな着こなしに。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%881

BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS BY メルトンファーフードライナーコート

いちおしアイテム、ユナイテッドアローズのファーフードライナーコート。

Aラインシルエットでありながら、パイピングも相まってすっきりとしたシルエットに仕上がっています。

フードの内側に丸ごと付いたファーがキュートなアクセントになっていて、ボタンを閉めても完成度の高いかわいさです!

ファーは取り外しも可能なので、気分次第で外してマフラーとのコーディネイトも楽しめます。

また、中についているライナーも取り外し可能で、至れり尽くせりな一着。

上品カラーのベージュが、ナチュラルな女性らしさを演出してくれます。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%92 [adsense]

2016ダッフルコートのトレンドは?コーデ・着こなしやカラーものまとめ

一口にダッフルコートといっても様々なバリエーションがあり、
どれにしようか迷っているうちに買いそびれる…なんてこともありますよね。

そんな時にオススメの選び方としては、一着目を探している場合はベーシックで長く着られそうなデザインのものを。

二着目を探してるなら、ディティールやカラーで遊びがあるものをチョイスしてみましょう。

ぬくぬくダウンジャケットもいいけれど、寒い季節にこそダッフルコートで、思う存分オシャレを楽しんでください!

スポンサーリンク