iPhone7格安SIMで使う場合の注意点!最も安くする方法は?

2016/9/16(金)に発売されるiPhone7は、カメラが改良されたり、防水・防塵機能といった、iPhoneユーザーにとってはうれしい機能が追加されたことでも話題となっています。

さらに『Suica』も使用できるということで、iPhone7の発売を心待ちにしている方も多いと思います。

こちらの記事では、iPhone7格安SIMで使う場合の注意点、最も安く買う方法についてもまとめてみました!

スポンサーリンク

iPhone7格安SIMで使う場合の注意点は?

ご存知の方も多いと思いますが、iPhone7には2つのタイプがあります。

Appleから発売されるSIMフリーのiPhone7とdocomo、au、Softbankといったキャリア版のSIMロックのかかったiPhone7です。

Appleから発売されるSIMフリーのiPhone7はその名の通り、SIMフリーなので格安SIMを問題なく利用できます。

しかし、問題となるのはキャリア版のSIMロックのかかったiPhone7です。

こちらについては格安SIMの回線種別によって使えるケースと使えないケースがあるので、注意が必要です。

というのも、格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクといった大手3キャリアの回線を間借りするような形で提供されています。

そのため、キャリア版のSIMロックのかかったiPhoneで格安SIMを使う場合はキャリアを合わせる必要があります。

docomo回線を利用している格安SIM

格安SIMメーカーの多くはドコモ回線を利用しているので、docomo版iPhone7を格安SIMで利用するのはもっとも簡単です。

そのため、ドコモ系のMVNOは紹介しきれないくらいあるのですが、楽天モバイルDMMmobileといったインターネット関連会社が最近では特に勢いがあるようですね。

au回線を利用している格安SIM

au回線を利用している格安SIMメーカーは少ないですが、2016年9月現在でmineoUQモバイルがあります。

逆にこの2メーカー以外はdocomo回線のMVNOになるので、au版iPhone7を格安SIMで使う場合はこの2択になりますね。

ソフトバンク回線を利用している格安SIM

2016年9月現在、ソフトバンク回線を利用している格安SIMメーカーはありません。

ソフトバンク版iPhone7を格安SIMで使うことは不可能ですが、ソフトバンクは以下のようなオンラインサービスで契約をするとキャッシュバックというキャンペーンを行っています。

意外と知らない方が多いのですが、私はこのようなサービスを利用してiPhone6をかなり安く手に入れることが出来ました。

場合によっては格安SIMを使うよりもお得にiPhone7を使えるので選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

スポンサーリンク

格安SIMのデメリットは?

乗り換え時にキャリアでの違約金が発生する

キャリア版のiPhone7で格安SIMを使うとなると、キャリアで購入したあとに、解約してから格安SIMに乗り換えることになってしまうので、違約金(契約によりますが10,000円程度)がかかってしまいます。

上記でも紹介しましたが、仮に現在ドコモかauを使っている方はソフトバンク乗り換えキャッシュバックで有名なおとくケータイ.netでMNP契約すると違約金を大きく上回るキャッシュバックがもらえるので、違約金を払って格安SIMに乗り換えるよりも得になるかもしれません!

時間帯によっては通信速度が落ちる

大手キャリアから格安SIMに乗り換えた場合、お昼休みなどの回線が混み合う時間帯では、通信速度が落ちてしまうようです。

格安SIMの場合、大手キャリアから通信回線を借りて通信サービスを提供しているので、回線が混み合ってしまった時に、対応が遅くなってしまうのです。

ですが、回線が混み合っていない時間帯は、速度は一切変わりませんし、混雑時でもSNSなどの軽いアプリなら、通信速度はほとんど変わりません。

電話をよくかける人には向かない

格安SIMにした場合、大手キャリアでよくあるかけ放題を使う事ができないので、通話をよくする方には格安SIMは向かないと思います。

格安SIMの通話料金は、20秒間で30円かかり、1時間だと2,400円かかってしまいます。

大手キャリアと値段は変わらないのですが、電話をよくかける方にとっては、痛手となってしまうと思います。

キャリアメールが使えなくなる

格安SIMに乗り換えると、大手キャリアとの契約が切れてしまうので、キャリアメール(@docomo.ne.jpや@i.softbank.jpなど)を使うことができなくなってしまうようです。

格安SIMにする際は、Gmailで新しいメールアドレスを無料で発行することができるので、問題はそれほどないのかなと感じます。

格安SIMにする際は、メリットやデメリットを考慮してからの方がいいですね。

おすすめの格安SIMは?

格安SIMは、注意点はいくつかあるものの、やはり正規の値段よりかはお得に購入することができるので、おすすめです。

では、おすすめの格安SIMをいくつか紹介します。

mineo(マイネオ)

マイネオは、業界満足度No.1に選ばれているほど、人気・実績ともに優れた格安SIMです。

大手キャリアでよくある、2年間経たない間に解約すると違約金が発生するという縛りもないので、気軽に試すことができます。

10GBでも、3,130円と普段の料金よりもグッと抑えることができますし、サポートもしっかりしているので、安心して使用することができます。

速度が安定していることもうれしい限りですよね。

また、ドコモ回線・au回線を契約時に選ぶことが出来る唯一の格安SIMメーカーという点も安心できますね。

DMMモバイル

業界最安と言われているだけあり、全プランの料金がどの格安スマホよりも安くなっています。

DMMトークを使うと、通話料が半額になるのもうれしいですね。

docomoの回線を借りているので、docomoのサービスエリアすべてで利用することができるので、通信速度もそこまで遅くなることはないと思います。

DMMmobile

最も安く使う方法は?

最も安く使うためには、やはり先ほども述べた、iPhone7のSIMフリーを購入し、格安SIMを使うという方法が1番なのではないでしょうか。

その中でも、最も安く使う方法としては、先ほど紹介したDMMmobileがおすすめです。

全プランの料金が業界最安値で、1GBだと月々1,260円で使用することができます。

今のところ1番容量が大きい20GBでも、月々5,980円で使用できます。

1GBは少ないように思いますが、iPhone7でネットやゲームをほとんどしないという方にとっては、充分な容量だと思います。

iPhone7は、本体料金が高額ということもあるので、こういった格安SIMを上手く活用したいですね!

格安SIMを使うと、だいぶ料金を抑えられるので、ぜひ利用を検討してみてください!

あとは現在ドコモとauを利用している方はインターネット限定で展開しているソフトバンク系ショップでMNP(キャリア変更)をしてキャッシュバックをもらう方法もおすすめです!

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

[adsense]

iPhone7格安SIMで使う場合の注意点!最も安く使う方法は?のまとめ

以前はキャリア版SIMロックのかかったiPhoneしか日本では手に入りませんでしたが、iPhone6以降はAppleから正式にSIMフリーiPhoneが発売されたことで、格安SIMとの組み合わせで安く利用するという選択肢が増えたのはありがたいですね!

格安SIMメーカーは契約年数の縛りなどがないケースもあり、通信料以外のメリットもあります。

ただ、最近ではそれに対抗する形で、大手キャリアも大容量プランを発表するなど、iPhone7発売に合わせて熾烈なユーザー獲得争いを行っています。

携帯は契約変更のタイミングによって違約金が発生したり、複雑な料金表を見るだけで頭が痛くなってしまったりしますが、毎月必ず発生する出費なので、うまくやりくりをして無駄なお金を使わないようにしたいものです。

こちらの記事がみなさんの生活のお役に立てればうれしく思います!

スポンサーリンク