『デスノート Light up the NEW world』2016映画タイトル意味とあらすじ!

2016年10月29日にいよいよ公開となる『デスノート Light up the NEW world』

原作者である大場つぐみ先生が制作にたずさわっているということもあって、今から公開が待ちきれないというデスノートファンの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、デスノート映画2016こと『デスノート Light up the NEW world』の気になるあらすじとタイトルの意味についてまとめていきます!

スポンサーリンク

「照らし出される新世界」にこめられた意味とは!?

『デスノート Light up the NEW world』は原作なしの完全新作オリジナルストーリーということで、公開されるまでそのタイトルの意味の答え合わせは出来ません。

しかし、どうにも考察せずにはいられない!

なので今回は、すでに解禁されている『デスノート Light up the NEW world』あらすじと、2006年公開された映画をもとに推察していきたいと思います。

スポンサーリンク

「夜神月」と「L」の対決から10年後が舞台!

世界的なサイバーテロが横行するという、超高度情報化社会となった2016年。

「夜神月」と「L」の継承者が現れます。

ここで注目なのが『デスノート Light up the NEW world』映画ポスターに映る3人の服装です。

「夜神月」を受け継ぐキラ信奉者、サイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田将暉)が「白」で、「L」を受け継いだ名探偵の竜崎(池松壮亮)が「黒」の衣装を身に纏っています。

10年前の二人の立ち位置が変わってしまったような印象を、このポスターから見受けられませんか?

つまり今回は以前の「夜神月」のように、今度は「L」がデスノートで黒い思想を実現しようという推理が出来るのではないのでしょうか!?

デスノート映画2016 タイトルの意味を予想してみた!

2006年に公開された「デスノート」において、「夜神月」は犯罪者を次々とデスノートで消し、「犯罪者が存在しない新世界」を作ろうとしていました。

しかし、ご存知の通り「L」によってその目論見は阻止されてしまいました。

そこから10年後が今作『デスノート Light up the NEW world』の舞台。

今度は継承者の「L」がデスノートによって、「L」が秘めていた独善的な「新世界」実現を行おうとする。

なので、タイトルに『Light up the NEW world(照らし出される新世界)』と銘打ったとはならないでしょうか?

見所は2人の戦いだけにとどまらない!

今回のデスノート映画2016は、「夜神月」と「L」の戦いだけにとどまらないというところも注目です。

原作ではルールとして紹介されていましたが、本編には影響のなかった「6冊ルール」

つまり同時に地上に存在していいのは6冊まで!

このルールを今回は使うということなので、作品のスケールが!展開が!全く予想のつかないものになっているのです。

[adsense]

『デスノート Light up the NEW world』2016映画タイトル意味とあらすじ!のまとめ

映画で繰り広げられる熾烈な頭脳戦の公開の前に、わずかな情報で展開や考察を繰り広げるという私たちファンの予想が、あるいは頭脳戦だと言えるかもしれませんね。

そういったものも含まれていると考えてしまいだすと、どんどん公開されていく情報にますます目が離せなくなりそうです。

スポンサーリンク