デスノート時系列と全作品を整理!2016最新映画を見る前に!

藤原達也が演じた映画『デスノート(DEATH NOTE)』が公開されてから10年。

その節目の年になる今年、続編となる映画『デスノート Light up the NEW world』が2016年10月29日(土)に公開されます。

今回は公開前に整理しておきたいこれまでのメディアミックスを紹介していきます!

スポンサーリンク

デスノートの足跡を辿る!!

原作は2003から2006年に「週刊少年ジャンプ」にて連載され、全12巻という短さの中に壮絶なストーリーを展開し、当時は一大ブームを巻き起こしました。

その後、デスノートは映画やアニメなどへと展開されていきます。

概ね原作を踏襲する形で作られた作品が多いですが、原作では描かれていないエピソードや、原作との相違点などもあります。

そうした過去のデスノート作品を全てご紹介していきます。

スポンサーリンク

デスノート映画版とアニメ版はともに2006年公開

記念すべきデスノート映画版の第一作目は藤原竜也さんと松山ケンイチのW主演で2006年に公開されました。

原作コミックとの相違点はほとんどなく、「夜神月」が司法試験初受験で合格したという設定の追加や、キャラの名前が変わったりといった程度です。

2部構成で公開され、興行収入は2作品合わせると80億円を超す大ヒット映画となりました。

その後、2008年に映画オリジナルとなる『L change the World』が公開されました。

原作コミックが夜神月が主人公だったのに対し、『L change the World』はライバルのLにスポットライトを当てたスピンオフ作品で、原作コミック本編との繋がりはほとんどない作品となっています。

にも関わらず、こちらも31億円の興行収入をたたき出すヒット映画となりました。

そして、映画公開と同じ2006年にはアニメ版デスノートの放送も開始されました。

こちらも2部構成で1部(2006年)が1~26話、2部(2007年)が27~37話という構成でした。

原作では、思考場面で繰り広げられる心理戦というのが魅力の一つだったのですが、アニメはキャラクターを動かしてこそ!という部分があります。

そこで、アニメとしての強みを活かす為に、動きのある派手な演出を追加するなどはありましたが、ストーリーとしてこちらも大きな変更はありませんでした。

つまり、演出面の変更でアニメらしさを出した作品を作ったということですね。

そのアニメをディレクターズカットとして再編したものが金曜ロードショーで放映され、視聴率15.6%を記録したということから、アニメとしての戦略が成功した作品だったといえるでしょう。

意外と知らない!注目のノベライズ版デスノート

映画、アニメ公開と同じ2006年に小説版デスノートが発売されたのですが、この小説はなんとオリジナルストーリー作品。

夜神月がデスノートを拾う2年前の物語。

ロサンゼルスBB連続殺人事件という難事件を、FBI捜査官の南空ナオミを主人公に「L」がその事件に挑むというスピンオフ作品です。

ここで注目なのが、ノベライズ版デスノートの著者があの「物語シリーズ」などで有名な「西尾維新」であるということです。

コミック原作者の大場つぐみはこの作品についてはほとんど関与されていないようで、別の人気作家が作るデスノートといった原作者も注目の作品になっています。

本編ストーリーにほとんど影響がないところが残念ですが、ファンとしては必見の一冊です。

ファンからは酷評?舞台化と新ドラマ化

そして、時は流れて2015年にデスノートは舞台化と新たなドラマとして復活します。

ミュージカルとして韓国版と日本版が制作され、韓国では「2016 eDaily Culture Awards」のミュージカル部門最優秀賞を受賞するなどしており、それなりの評価を得ることが出来たようです。

原作者・大場つぐみは一切関わっていませんが、原作を元に脚本がなされています。

ちなみに、日本版ミュージカルデスノートでは浦井健治さんが「夜神月」を、小池徹平さんが「L」を演じました。

そして、賛否がわかれたのが2015年のドラマ版 新デスノートです。

大幅な改編を謳い文句に、高視聴率を記録したのですが、そのせいで原作ファンと、映画版のファンから多くの非難の声が集まりました。

「夜神月」が居酒屋店員!
「L」独特の気だるさは違った形に!

などなど、多くの変更を加えたにも関わらず、ストーリーは原作に寄せるといった部分が原作を知っているファンから非難の嵐。

また、もう一人の「キラ」である「弥海砂」を佐野ひなこが演じたのですが、映画版の戸田恵梨香でのイメージが強すぎたファンから、彼女の演技に対する批判も多かったようです。

[adsense]

デスノート時系列と全作品を整理!2016最新映画を見る前に!のまとめ

時系列順にこれまでのデスノート作品を振り返ってみました。

2016年10月29日に公開されるデスノート映画2016こと『デスノート Light up the NEW world』は、2006年の映画版の続編として制作されており、「キラ」と「L」の対決から10年後という設定になっています。

残念ながら、藤原竜也の「夜神月」と松山ケンイチの「L」の登場は無さそうですが、今作では東出昌大・菅田将暉・池松壮亮といった若手注目俳優が大勢出演します! 

そこに加えてミサミサをはまり役の戸田恵梨香が出演、さらにストーリー構成には原作者の大場つぐみさんも加わっており、デスノートファンも納得の作品になる可能性が高いです!

今から2016年10月29日の『デスノート Light up the NEW world』公開が待ちきれないですね!

スポンサーリンク