そして誰もいなくなった最終回視聴率とネタバレ感想!日下の結末は?

2016年春から新設された日曜22:30日本テレビ系のドラマ枠で2016年夏に放送された『そし誰』こと『そして、誰もいなくなった』も最終回(第9話)を迎えました。

私はサスペンスが好きなので、2016夏ドラマの中では最も楽しみにしていたのが『そし誰』だったので、最終回の視聴率や感想(ネタバレあり)をまとめていきます。

以下、『そして、誰もいなくなった』最終回のネタバレが含まれておりますので、お気をつけください!

スポンサーリンク

そし誰 最終回の視聴率は?

いきなり感想やネタバレを書いてしまうと、読みたくない方の目にも入ってしまうかもしれませんので、まずは『そして、誰もいなくなった』最終回の視聴率についてまとめていきます。

2016年夏ドラマはリオオリンピック開催期間と重なったことから不規則な放送スケジュールになったり、同じ時間帯に注目の競技が放送されていたりとドラマの視聴率的にはかなり厳しい時期でした。

『そして、誰もいなくなった』もこの影響を受け、初回視聴率は10.7%を記録したものの、以降は1ケタ台で推移することとなりました。

最低視聴率は第5話の6.1%とかなり厳しい数字ですが、リオオリンピックの熱が落ち着いてからは平均8.5%程度を記録しており、オリンピックが重ならなければ、全話平均で2ケタも狙えた可能性が高かったのでは?と私は感じています。

原作無しのサスペンスドラマに藤原竜也さん・二階堂ふみさん・玉山鉄二さんという演技派に伊野尾慧さんや桜井日奈子さんといったフレッシュな役者さんとキャスティングも良かったですし…

とはいえ、最終回で急激に視聴率が上昇する可能性は低いので、8話までの平均視聴率の少し上で9%程度と予想します!

なお『そし誰』最終回を見逃したという方はhuluの無料トライアルで見ることが出来るので、こちらを見てから以下のネタバレ感想をご覧いただくことをおすすめします!

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

スポンサーリンク

『そして、誰もいなくなった』最終回ネタバレ感想 生き残ったのは?

最終回の大きなネタバレの前に、『そして、誰もいなくなった』最終回で生き残った人をまとめていきましょう。

・藤堂新一(藤原竜也)
・倉本早苗(二階堂ふみ)
・小山内保(玉山鉄二)
・五木啓太(志尊淳)

主要人物は以上ですね。

微妙なのは、おのののかさんが演じた西野弥生ですが、描写の雰囲気でいえば藤堂万紀子(黒木瞳)が指示をして、何者かによって消されているという流れですが、消されなければいけない理由も希薄なので、少し脚本の甘さを感じてしまったのは私だけではないはず…!

そして、ここからはネタバレ感想になってきますので、まだ『そし誰』を見ていない方でネタバレを知りたくない方はお気を付けください。

余白用に『そし誰』最終回を合法な形で見られるサイトのバナーを貼っておきます。(クリックしたらウイルスが…みたいなことにはならないのでご安心を!笑)

伊野尾慧さん演じる日下瑛治の結末がどうなったかも気になるところだと思います。

もちろん、そこに含みをもたせることで、ストーリーとして幅を出して終わらせることが狙いの脚本だったと思いますが、それであれば、あそこまで明確な形で倒れこむシーンにしない方が良かったのでは?と思ったり。

藤堂万紀子に背後からグサッといかれたあの感じは間違いなく息絶える感じでしたから…

私としては日下瑛治は誰にも見つからずに息絶えたと思っていて、『そして、誰もいなくなった』というタイトルは藤堂新一ではなく日下瑛治にかかっていると解釈しましたが、いかがでしょうか?

事件の黒幕は日下瑛治(伊野尾慧)でその動機は自分を捨てた実の母親が血の繋がっていない息子・藤堂新一(藤原竜也)を愛していることという流れ自体は不自然じゃないですし、ベタなれど悪くない設定だと思いましたが、なんとなくあっさりというか深みがない感じがしてしまいましたね。

ラストがハッピーエンドな作品は基本好きなのですが、この作品に関してはもっと後味の悪い感じにした方が話題になったし、人の心に残る作品になったような気はしました。

そして誰もいなくなった最終回視聴率とネタバレ感想!日下の結末は?のまとめ

第1話から毎週楽しみにしてきた『そして、誰もいなくなった』。

非常におもしろかったという感想ではあるのですが、後半にかけて少し息切れしてしまったかな?回収出来てない伏線ない?黒幕というか結末がちょっとあっさりじゃない?などツッコミどころもあったなというのが正直な感想です。

ただ、主題歌のクリープハイプ『鬼』が作品の雰囲気にもあっていたし、非常にかっこよかったので、合格点ということにしておきましょう!

[adsense]

スポンサーリンク