ハロウィンかぼちゃの意味と由来は?起源や発祥についても

2016年も9月に入り、過ごしやすくなる日も増えて来て、だんだんと秋の訪れを感じることができるようになってきました。

秋と言えば、毎年10月31日に行われるハロウィンが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

ここ数年で、ハロウィンのイベント等も増えて来て、日本でもかなりハロウィンが浸透してきているように思います。

こちらの記事では、ハロウィンかぼちゃの意味と由来、起源や発祥についてもまとめてみました!

スポンサーリンク

ハロウィンかぼちゃの意味と由来は?

ハロウィンと言えば、かぼちゃを思い浮かべる方が多いと思いますが、あのかぼちゃにどんな意味があるのか、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

お化けのような顔の黄色いかぼちゃの中にろうそくを灯したものを【ジャック・オー・ランタン】または【ジャック・オ・ランタン】と言います。

日本語では、【ランタン持ちの男】という意味になります。

ハロウィンを行う家庭では、かぼちゃを家の戸口の上り段に置くようです。

このように、お化けのような顔のかぼちゃを飾る意味は、悪い霊を怖がらせて、追い払うためだとされています。

かぼちゃの由来については、色々な説があるようですが、有力とされている説を紹介します。

その昔、ジャックという人物がいて、人を騙してばかりの生活を送っていました。

ジャックは、自分が地獄に落ちることがないように、悪魔を騙して契約するのですが、天国の門をくぐることを拒否されるのです。

天国にも地獄にも行けなくなってしまったジャックの魂が、カブに憑依し、この世を彷徨い続けている姿が、【ジャック・オー・ランタン】の由来とされています。

【ジャック・オー・ランタン】は、先ほどの説と共に、アイルランドやスコットランドで鬼火のような存在として伝承されてきましたが、アメリカに伝わった後は、アメリカでの生産が多かったかぼちゃのランタンに変化したと言われています。

実際、アイルランドやスコットランドでは、現在もカブが使用されています。

お化けのような顔をしたかぼちゃにこんな意味があったとは、驚きですね!

スポンサーリンク

ハロウィンの起源は?

毎年、10月31日に行われるハロウィンは、起源はケルト人だと言われています。

ケルト人とは、中央アジアからヨーロッパに移住してきた民族のことを指します。

ケルト人にとって1年の終わりは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味していたようです。

同時に冬の始まりでもあり、亡くなった人の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。

時期を同じくして、有害な魔女や精霊も出てくると言われていて、魔女たちから身を守るために仮面をかぶって、魔よけのたき火を焚いていたと言われています。

同じ日に、キリスト教の万聖節の前夜祭があり、亡き聖人たちを祭るカトリックの行事をハロウィンと呼んでいたようです。

最初はハロウィンという名前ではなく、【All Hallow’s Eve】と呼ばれていたのが変化して【Halloween】となったようです。

この2つが同時に行われるようになり、ハロウィンとして祭りが行われるようになったと言われています。

ハロウィンの日が、日本で言う大晦日だということに、とても驚きました!

ハロウィンには様々な説があるようですが、悪霊を追い払うといった意味合いが大きいようですね!

ハロウィンの発祥は?

ハロウィンと言えば、アメリカのイメージが強いですが、発祥の地はアメリカではなく、アイルランドもしくはイギリスだと言われています。

古代ケルト人の信仰では、冬の季節が始まる11月1日が新年とされていて、サウィンと呼ばれる収穫祭が行われていました。

ケルト人にとって、日没は新しい日の始まりと言われていたこともあり、現在の暦である10月31日の夜が、収穫祭すなわちハロウィンとなったようです。

10月31日に、アイルランドとイギリスの祭司たちは、かがり火をたき、作物や動物の犠牲をささげていたと言われています。

11月1日の朝に、祭司たちは各家庭にかがり火から燃えさしを渡して、各家族はその燃えさしを持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖めていたとされています。

ハロウィンの時期には、この世と霊界との間を自由に行き来することのできる門が開くと言われていたので、悪い妖精たちが入らないようにするために、このようなことが行われていたようです。

発祥についても諸説あり、紀元1世紀にブリテン島に侵入したローマ人が11月1日頃に、りんごをシンボルとした女神・ポーモーナを讃える祭りを祝っていたと考えられていて、ケルト地域にポーモーナの祭りをもたらしたと言われています。

ハロウィンの行事で、ダック・アップルという、水を張った大きなたらいの中にりんごを浮かべて、手を使わずに口でとるというゲームがあるのですが、ポーモーナが由縁と考えられているようです。

他にも、ハロウィンのシンボルカラーでもあるオレンジは、ポーモーナが由来という説もあるようです。

色々な説があることを知ると、また違った目線でハロウィンを楽しむことができますね!

ハロウィンの起源を知ると、より一層ハロウィンを楽しむことができそうですね!

[adsense]

ハロウィンかぼちゃの意味と由来は?起源や発祥についてものまとめ

諸説あるようですが、ハロウィンのかぼちゃは、悪い霊を追い払うために飾るようです。

その話を聞くと、お化けのような顔に仕上げられている理由も分かりますね!

ハロウィンは、収穫祭でもあると聞き、発祥の地であるアイルランドやイギリスではとても大切な日となっているようです。

日本では、仮装してお菓子をもらいに行く、といったイメージがどうしても強いですが、ハロウィンの大切さがもっと広まっていくといいなと思います。

スポンサーリンク