iPhone7のSuica使い方は?PASMO・ICOCA・KITAKAなどの対応状況も

iPhone7のFeliCa(Suica/iD/QUICPay)対応が発表されましたね!
最近は発表前にリークされる情報とほぼ同様の発表になるのでワクワク感は減っていますが、新しいiPhoneが出るとなると買い替えをつい考えてしまいます。

ハード的には6からほぼ変更無しで評価の低いiPhone7ですが、FeliCa搭載と防水防塵仕様は既存ユーザーの心を揺さぶっています。

今回はiPhone7のおサイフケータイ対応についてまとめていきます。

なお、iPhone7の日本での発売日は2016年9月16日(金)です。

スポンサーリンク

そもそもFeliCa・Suica・iDの違いは?

今回のiPhone7発表後、Twitterのトレンドなどでも「FeliCa」「Suica」「iD」といったワードが並んでいましたが、それぞれの言葉の立ち位置が分からない方も多いのでは?

ということでまずは、そこらへんの説明を。

まずは「FeliCa」について。

「FeliCa」はソニーが開発した非接触型のICカードの技術です。
これさえ分かってしまえば簡単です。

つまり「Suica」や「iD」は「FeliCa」の技術を使った商品ということです。

料理に例えれば
・FeliCa⇒トマト
・Suica⇒トマトパスタ
・iD⇒トマトピザ

といった感じです。

スポンサーリンク

以前から発表されているApple Payとの違いは?

iPhoneでの決済機能と言えば、2014年のiPhone6発表時に既にApple Payが発表されています。

すでに2年前から発表されているシステムと同様のサービスが今回のiPhone7の目玉となっているのでしょうか?

それは今までApple Payは日本未対応だったためです。

なぜ日本未対応だったかというと、日本で広く普及しているFeliCaが日本独自の仕様だったためです。

Apple Payの通信にはNFCという技術を使っており、FeliCaもこのNFCの通信方式のひとつなのですが、国際標準準拠の規格はTypeA/Bというもので、Felicaは根本的には同じ技術を使っているにも関わらず、基本的には日本でしか使えない通信方式なのです。

Apple目線で見れば、「日本、NFC TypeA/Bを標準にしろよ!」という話なのですが、FeliCaはSuica・PASMO・ICOCA・KITAKAといった日本の主要な交通機関のICカードやおサイフケータイに搭載されており、日本国内の非接触型決済システムは長い年月をかけてほぼ100%FeliCa対応で構築されてしまったため、Appleと言えど国全体に行き渡ったシステムを変えるのは難しかったということでしょう。

おサイフケータイiPhone7は日本独自仕様?

私もこの記事を書くにあたり、NFCやFeliCaについて改めて調べていくうちに色々と分かってきたのですが、そこで湧いた疑問が「Felica対応のiPhone7は海外で使えるの?」というところでした。

そして検索したところ、今回のWWDC15に参加していた、ジャーナリストの林信行さんがまさにこのことについてつぶやいていました。

この記事を書いているのはiPhone7発表から6時間経ったタイミングなのですが、iPhone7の日本独自仕様についての情報は公式サイトなどには出ていません。

ただ現実的に考えて、FeliCaはほぼ日本でしか使えない通信方式なので、日本向けのiPhoneはFeliCa対応チップ搭載、それ以外はNFC TypeA/B方式のチップ搭載という可能性は極めて高そうです。

海外へ出かける機会が多い方はiPhone7購入の際には気を付けた方が良さそうですね!

iPhone7でのSuicaの使い方!

FeliCa対応(おサイフケータイ化)はiPhone7売上を左右する大きなポイントなので、Appleも気合いを入れているようで、特設ページが用意されています。

iPhone7でのSuicaの使い方は簡単なので、特設ページを見ていただければ問題解決してしまうのですが、それも寂しいので説明させていただきます!

既にSuicaやSuica定期券を使っている場合はSuicaにiPhone7を重ねるだけでSuicaの情報がiPhone7に転送されるようです。

公式サイトでは細かい説明が書かれていませんが、この操作は特別なアプリなどは必要なく、接触すればこの画面になると思われます。(少なくとも複雑な操作やいくつものステップは必要ないはずです!)

そして、上記引用させていただいたツイートにもありましたが、Suicaの情報をiPhone7に移植した段階でカードのSuicaは使えなくなってしまうようなので、注意が必要です。

iPhone7 Suica以外の交通系ICカードへの対応は?

現在、日本国内の代表的な交通系ICカードは以下のようなものがあります。

・Kitaca/北海道
・PASMO/関東・中部
・TOICA/中部
・ICOCA/近畿・中国・四国
・SUGOCA/九州・沖縄

Appleのサイトではこれらのカードやその他各地で発行されているICカードについての記載はありませんが、おそらくこれらについてはiPhone7との連携は出来ないと考えて間違いないでしょう。

というのも2013年3月から、JR各社が発行するICカードを都市部の主要なICカードは相互利用が出来るようになっているからです。

2013年の相互利用開始の段階ですでに全国の駅の半分はカバー出来ることが発表されており、その後も相互利用への取り組みは各社行っているため、iPhone7でSuicaが使えれば日本全国の主要なエリアは、ほぼカバー出来ると考えられます。

ただ、関東・東北エリア以外の方はSuicaのカードは持っていないと思います。

そういった方はJR東日本がリリースしているSuicaアプリをダウンロードすることで、iPhone7でSuicaを使えるようになるので、ご安心ください!

[adsense]

iPhone7を安くゲット(出来るかもしれない)方法!

ちなみに私が現在使っているiPhone6sは家電量販店ではなく、以下の様なショップでMNPを駆使して、ほぼ無料で手に入れました。

携帯の契約は複雑なので、めんどくさいですが、選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

また、MNPをする際はタイミングや端末代金の分割支払状況によっては、現在契約している会社の解約金が発生する可能性がありますので、その点は注意してください!

iPhone7のSuica使い方は?PASMO・ICOCA・KITAKAなどの対応状況ものまとめ

私は現在iPhone6sを使っているので、「iPhone7はパスだなぁ…」と思っていましたが、この記事を書いているうちに少し欲しくなってきてしまいました…!

悩ましい日々が続きそうです…

スポンサーリンク