ハロウィン2016経済効果や市場規模は?日本で定着したのはいつ?

2016年も『ハロウィン』の文字が目に付くようになってきました。

関連商品の発売や、各テーマパークのイベントなど、2016年も様々な場面で経済に影響を及ぼすことは間違いないでしょう。

日本では完全に定番イベントの1つとなりました。

今回は日本におけるハロウィンの経済効果や市場規模、ハロウィンのイベントなどが日本で定着したのはいつ頃かについて調べてみました!

ハロウィン関連記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ハロウィンの日本での経済効果や市場規模は?

2015年の日本でのハロウィンの経済効果は1200億円前後であったとされています。

この数値はおおよその目安ではあるものの、ハロウィンより前から定着していたバレンタイン(経済効果約1100億円)を上回る数値ともされています!

とはいえ、大規模なパレードなどが行われず、チョコレート産業に大きく偏ったイベントであるバレンタインは経済効果が頭打ちになりやすいため、多方面なイベントが期待できるハロウィンがバレンタインを上回ったのは必然と言えるのかもしれません。

ハロウィンと同じ性質を持つイベントであるクリスマス(経済効果約7000億円)と比べると、まだまだハロウィンの市場には拡大の余地はある、と言えるでしょう。

2016年は2015年を上回るさらなる経済効果が期待できそうです。

スポンサーリンク

ハロウィンのイベントが日本で定着したのはいつ頃?

ハロウィンのイベントはキデイランド原宿店で1970年代~1980年代辺りに既に行われていたとされています。

ただこのイベントだけでハロウィンが定着した、とは言えないようで、この後大規模なハロウィンのイベントが登場するのは1997年のことで、東京ディズニーランドが『ディズニー・ハッピー・ハロウィーン』を行い、川崎市で『カワサキ・ハロウィン・パレード』が行われるようになりました。

特にこの際に『ディズニー』という一大コンテンツがハロウィンを後押ししたことから、秋のイベントの1つとして認知されるようになったと思われます。

ただ、これ以降も2000年代まではテーマパークや商店街などでハロウィンのイベントが行われたり、関連商品が発売された程度であり、現在のように渋谷などで大規模な人の集まりができるようになったのは2010年代に入ったここ数年の出来事であるようです。

ハロウィン自体が日本で知られるようになったのはいつ頃?

ハロウィンに関するイベントが行われた経緯については前述のとおりですが、ハロウィン自体はいつ頃から知られるようになったのでしょうか。

1982年に公開され、日本でも大ヒットした映画『E.T.』ではハロウィンのシーンがあり、これにより日本でもハロウィンを認知しだしたともいわれています。

また、ハロウィンの季節によく見られるカボチャのランタン『ジャック・オー・ランタン』については『カボチャの顔をしたお化け』という形でよくゲームやファンタジーなどで見かけたため、ディズニーのイベント以前にもハロウィンをある程度認知していた人は少なからず存在していたと思われます。

[adsense]

ハロウィンの経済効果や市場規模は?日本での定着したのはいつ?についてのまとめ

日本で完全に定着し、一大イベントとなった『ハロウィン』。

2016年も大きな経済効果を生み出すのは間違いないでしょう。

カボチャの顔くらいしかイメージが沸かなかった時代からは隔世の世と言えるのではないでしょうか。

様々な分野での経済活性化に期待したいですね。

以上、ハロウィンの日本における経済効果や市場規模、ハロウィンが日本で定着した時期についてまとめてみました!

ハロウィン関連記事一覧はこちら

スポンサーリンク