ハロウィン渋谷の混雑はいつから?なぜ?過去の人数やゴミ処理実態も

ハロウィンと言えば今や渋谷スクランブル交差点の大混雑を思い起こすようになりました。

公式に行われているハロウィンのイベントというわけでもないにもかかわらず、集まる人数は他のハロウィンイベントを圧倒しているように思われます。

非公式イベントで、かつ人の集まりも多いことから、ハロウィン終了後にゴミが散乱する問題も懸念されています。

今回はハロウィンの際に渋谷に人が集まるようになったのはいつ頃で、理由などはあるのか、さらにゴミ問題について調べてみました!

ハロウィン関連記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ハロウィンで渋谷が混雑するようになったのはいつから?

『混雑』がどの程度のものかは人によってある程度認識は変わると思われますが、ハロウィンの際の渋谷は2000年代後半から仮装する人が集まり始め、2011~2012年ごろから爆発的に人が増えた、とされているようです。

このハロウィン時に渋谷に人が集まり始めたのと同じころからスマホやSNSの普及が進んだため、SNSへの投稿を目的に参加する人が多くなった、とも言われています。

スポンサーリンク

ハロウィンで渋谷に集まるのはなぜ?参加人数は?

ハロウィンでは様々な場所でイベントが行われていますが、特に渋谷に多くの人が集まる理由はあるのでしょうか。

ハロウィンで集まる場所として渋谷が選ばれるのは『人が集まりやすい場所だから』という理由のようです。

ハロウィンに限らず、ワールドカップや年越しの際にも人が集まる場所なので、騒ぎやすい場所、アピールをしやすい場所として認知されているようです。

渋谷のハロウィン行列は公式のイベントではないため、集まった人数などは全く明らかになっていません。

毎年集まった人数は10万人とも、100万人ともいわれることがありますが、実際の数字は全く分かっていないのが実情です。

渋谷のハロウィンにおけるゴミ問題とゴミ処理の実態

渋谷のハロウィンではゴミが大量に放置される問題が毎年懸念されています。

とはいえ、渋谷のゴミ問題はハロウィンの時に限った話ではなく、毎日のように発生しています。

人が多く集まる分ゴミが多くなり目立つようになりますが、渋谷のゴミ問題はハロウィンの日だけの問題ではないようです。

このように渋谷でゴミが散乱する理由としては『街中にゴミ箱が少ない』ことが挙げられています。

渋谷にゴミ箱がない理由として、1995年に発生した地下鉄サリン事件の影響が挙げられており、その時点で渋谷はおろか、東京都内のゴミ箱の多くが撤廃され、それが今になっても復帰していないようです。

ISILなどの影響もあり、現在もテロに対する警戒は強く、今後も街中のゴミ箱設置は難しいのかもしれません。

ハロウィンの大量のゴミの処理については、常時清掃している清掃員にボランティアの方が加わって朝の間に回収して何とか事なきを得ているようです。

[adsense]

ハロウィン渋谷の混雑が始まった時期や理由、ゴミ問題についてのまとめ

2011~2012年ごろから人が集まり始め、今や機動隊まで出動するようになった渋谷のハロウィン。

楽しむのは結構なことだと思いますが、人が集まるにつれゴミ問題なども噴出しています。

あの混雑の中で全員がゴミを落とさず持ち帰るのはなかなか難しいと思いますが、清掃員の負担が少なくなるように、できるだけゴミは持ち帰るようにしていきたいですね。

以上、ハロウィン渋谷の混雑が始まった時期や理由、ゴミ問題についてまとめてみました!

ハロウィン関連記事一覧はこちら

スポンサーリンク