『君の名は。』評価と感想まとめ!新海誠作品過去の興行収入一覧も

新海誠監督によるアニメーション映画『君の名は。』が、2016/8/26(金)に公開されてから、かなりの反響を呼んでいます。

主人公・三葉の声優を上白石萌音さん、瀧の声優を神木隆之介さんといった、今注目の若手俳優が担当されたことも話題となっています。

では、『君の名は。』評価と感想まとめ、新海誠作品過去の興行収入一覧についてもまとめてみました!

スポンサーリンク

『君の名は。』の評価は?

CMやメディアでも大々的に取り上げられていることもあり、かなりの話題を呼んでいる作品だけに、どんなストーリーか気になる方も多いと思います。

まず、『君の名は。』のあらすじを紹介します!

映画『君の名は。』あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を1か月後に控えた日本が舞台の物語です。

山深い田舎町に住む女子高校生・三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の古い風習に嫌気がさしていて、都会への憧れを募らせていました。

ある日、自分が男の子になる夢を見ます。

東京の街並みが目の前に広がり、念願の都会での生活を満喫します。

一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も、行ったことがない山奥の町で、自分が女子高生になる夢を見ます。

不思議な夢が繰り返される中、記憶と時間が抜け落ちていることに、2人は気づきます。

残されたお互いのメモを通し、ケンカしながらも、その状況を乗り切っていきます。

ですが、打ち解けて来た矢先、入れ替わりが途絶えてしまいます。

自分たちが特別に繋がっていたことに気づいた瀧は、三葉に会いに行くことを決心します。

新海誠監督最新作『君の名は。』の評価は?

Yahoo!映画の、ユーザーレビューが4.61という高評価を記録しています。

では、この映画を観た方の評価を紹介します。

「RADWIMPSの音楽と映画の世界観がマッチしている」や「RADWIMPSの音楽と新海監督の映像がマッチした時のドキドキの加速感がたまらない」といった、音楽と映像が調和されていることを高く評価されている方が多かったです。

他には、新海誠監督の真骨頂とも言える、映像の美しさを高く評価されている方が大半を占めていました。

季節を表す植物や、空の描写も美しく、町や建物もとてもリアルに描かれていたことも、新海監督だからこそできる描写なのではないでしょうか。

そして、素晴らしい音楽や映像があるからこそ、正反対の場所に住む2人が入れ替わるといった、ありがちとも言われてしまうストーリーを、オリジナリティーあふれる作品にすることができたのではないかなと思います。

音楽・映像・ストーリー、3拍子揃った映画だからこそ、『君の名は。』はここまでの高い評価を得ているのだなと感じました。

もちろん、声優の方々の実力も素晴らしく、演じているという感じではなく、自然な感じで、キャラクターそのものを表していたことも、『君の名は。』がこれほどまでの高い評価となった理由なのではないかなと思います。

スポンサーリンク

『君の名は。』の感想は?

この映画を観た方の感想は、「RAD WIMPSの曲が絶妙なタイミングでかかるので、映画の良さが引き立つ」や「RADWIMPSの曲がかかると泣けてくる」といった、音楽に対しての感想を持っている方が多くおられました。

他にも、「映像の美しさは素晴らしい」や「建物や町、すべての風景すべてに水分を含んでいるような描かれ方で、アニメーションなんだけど生きているって感じられる」といった、映像に対する感想をもっている方がほとんどでした。

もちろん、ストーリーへの感想もたくさんあり、「感動作品は、泣かされたと思うことが多いのですが、この作品は気づいたら涙がこぼれていたという方があっていると思う」「観たあとに自然と涙が目に溜まり、心が満たされる」といった、泣くのではなく、勝手に涙がこぼれ落ちてくるといった方がかなり多かったのも印象的でした。

「全く展開が掴めず、いい意味でラストは予想を裏切り、本当に面白い作品」や「会いたくて会えないもどかしさや、真実を知った時の悲しみ、忘れてしまうという儚さと切なさ、ここまで色々な感情があふれたのは初めてです」といった、ストーリー展開への感想も多かったように思います。

「主人公2人の声を演じた神木隆之介さんと上白石萌音さんの声の馴染み方が素晴らしかった」や「声だけで性別が分かるキャスト陣の力はさすが」といった、声優の方々の演技力に対する感想もたくさんありました。

これほどまでに、作品の全ての要素に対して良い感想を持っておられる方が多いことに、とても驚きました。

『君の名は。』がこれだけ話題になっている理由も、みなさんの感想から感じとることができますね!

新海誠作品過去の興行収入一覧!

これまでに新海誠監督が制作した作品は、自主制作も含めると6作品となっています(『君の名は。』を含まない)。

では、新海誠作品過去の興行収入一覧を紹介します!

新海誠作品過去の興行収入一覧

『秒速5センチメートル』 2007/3/3 公開
興行収入:約1億円

『星を追う子ども』 2011/5/7 公開
興行収入:約2000万円

『言の葉の庭』 2013/5/31 公開
興行収入:1億5000万円(推定)

他の作品については、一部のファンの間での評価は高いものの、小規模な上映だったために興行収入が公式のデータとして発表されていません。

『君の名は。』の前作品となる『言の葉の庭』は1億5000万円を突破ということで新海誠監督の知名度はかなりメジャーなものになり始めていましたが、今回の『君の名は。』は、公開から2日間で、観客動員数約59万人、興行収入は約7億7000万円を記録しており、
新海誠監督が日本を代表するアニメーション監督へとステップアップする作品になることは間違いなさそうです。

なお、配給元の東宝は、『君の名は。』の興行収入は60億円を見込めると発表しています。

最近ではYahoo!ニュースのトップに取り上げられることもしばしばあり、アニメを普段あまり見ない一般層にも話題が広まり始めているので、60億円以上の興行収入も期待できそうですね!

[adsense]

『君の名は。』評価と感想まとめ!新海誠作品過去の興行収入一覧ものまとめ

『君の名は。』は、キャスト・映像・音楽・ストーリー、全てに好印象を持っている方がとても多く、映画を観た方のコメントを見ているだけでも素晴らしい映画ということが伝わってきますね。

興行収入も、60億円を見込めるとのことで、ポスト宮崎駿との呼び声も高いです。

新海誠監督独自の世界観を存分に楽しむことが出来る映画『君の名は。』を観に、ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク