甲子園歴代優勝校一覧!都道府県別優勝回数など詳しく

2016年夏の甲子園も残すところ作新学院(栃木)vs北海(南北海道)の決勝戦のみとなりました。

今回で第98回大会を迎え、100回の記念大会を目前にした全国高等学校野球選手権大会の歴代優勝校をまとめていきます。

2016.08/21 16:00更新

2016年夏の甲子園は作新学院(栃木)の優勝で幕を閉じました。

作新学院のみなさん、おめでとうございます!

スポンサーリンク

2016年夏の甲子園 決勝進出校について

2016年夏の甲子園で決勝進出した2校について、少しご紹介します。

作新学院

作新学院と言えば、甲子園常連校というイメージがありますが、調べてみたところ、全国制覇は第44回(昭和37年/1962年)大会のみで、2016年大会で優勝をすれば54年ぶりの快挙ということになります。

ちなみに栃木県勢の夏の甲子園優勝は54年前の作新学院1回のみです。

北海

南北海道代表の北海(北海高等学校)は2016年夏の甲子園出場が通算37回目ということで、出場回数は堂々の歴代1位です。

南北海道代表と言えば、駒大苫小牧というイメージが強いですが、歴史で言えば北海が上ですね。

北海道代表校の夏の甲子園優勝は2004年と2005年の2年連続という快挙を成し遂げた駒大苫小牧が記録した2回のみです。

ちなみに現在メジャーで活躍をする田中将大投手が駒大苫小牧に在籍したのが2004〜2006年で、甲子園史上に残る名勝負、早実vs駒大苫小牧でもし駒大苫小牧が勝利していたら、3年連続夏の甲子園制覇という偉業達成でした。

2016年夏の甲子園で北海が優勝をすれば、北海道勢3度目の夏の甲子園制覇ということになります。

スポンサーリンク

夏の甲子園 歴代優勝校一覧

夏の甲子園 歴代優勝校一覧

第1回(大正4年/1915年)
京都二中(京都)

第2回(大正5年/1916年)
慶應普通部(東京)

第3回(大正6年/1917年)
愛知一中(愛知)

第4回(大正7年/1918年)
(中止)

第5回(大正8年/1919年)
神戸一中(兵庫)

第6回(大正9年/1920年)
関西学院中(兵庫)

第7回(大正10年/1921年)
和歌山中(和歌山)

第8回(大正11年/1922年)
和歌山中(和歌山)

第9回(大正12年/1923年)
甲陽中(兵庫)

第10回(大正13年/1924年)
広島商(広島)

第11回(大正14年/1925年)
高松商(香川)

第12回(大正15年/1926年)
静岡中(静岡)

第13回(昭和2年/1927年)
高松商(香川)

第14回(昭和3年/1928年)
松本商(長野)

第15回(昭和4年/1929年)
広島商(広島)

第16回(昭和5年/1930年)
広島商(広島)

第17回(昭和6年/1931年)
中京商(愛知)

第18回(昭和7年/1932年)
中京商(愛知)

第19回(昭和8年/1933年)
中京商(愛知)

第20回(昭和9年/1934年)
呉港中(広島)

第21回(昭和10年/1935年)
松山商(愛媛)

第22回(昭和11年/1936年)
岐阜商(岐阜)

第23回(昭和12年/1937年)
中京商(愛知)

第24回(昭和13年/1938年)
平安中(京都)

第25回(昭和14年/1939年)
海草中(和歌山)

第26回(昭和15年/1940年)
海草中(和歌山)

第27回(昭和16年/1941年)
日中事変のため、中止

第28回(昭和21年/1946年)
浪華商(大阪)

第29回(昭和22年/1947年)
小倉中(福岡)

第30回(昭和23年/1948年)
小倉(福岡)

第31回(昭和24年/1949年)
湘南(神奈川)

第32回(昭和25年/1950年)
松山東(愛媛)

第33回(昭和26年/1951年)
平安(京都)

第34回(昭和27年/1952年)
芦屋(兵庫)

第35回(昭和28年/1953年)
松山商(愛媛)

第36回(昭和29年/1954年)
中京商(愛知)

第37回(昭和30年/1955年)
四日市(三重)

第38回(昭和31年/1956年)
平安(京都)

第39回(昭和32年/1957年)
広島商(広島)

第40回(昭和33年/1958年)
柳井(山口)

第41回(昭和34年/1959年)
西条(愛媛)

第42回(昭和35年/1960年)
法政二(神奈川)

第43回(昭和36年/1961年)
浪商(大阪)

第44回(昭和37年/1962年)
作新学院(栃木)

第45回(昭和38年/1963年)
明星(大阪)

第46回(昭和39年/1964年)
高知(高知)

第47回(昭和40年/1965年)
三池工(福岡)

第48回(昭和41年/1966年)
中京商(愛知)

第49回(昭和42年/1967年)
習志野(千葉)

第50回(昭和43年/1968年)
興国(大阪)

第51回(昭和44年/1969年)
松山商(愛媛)

第52回(昭和45年/1970年)
東海大相模(神奈川)

第53回(昭和46年/1971年)
桐蔭学園(神奈川)

第54回(昭和47年/1972年)
津久見(大分)

第55回(昭和48年/1973年)
広島商(広島)

第56回(昭和49年/1974年)
銚子商(千葉)

第57回(昭和50年/1975年)
習志野(千葉)

第58回(昭和51年/1976年)
桜美林(東京)

第59回(昭和52年/1977年)
東洋大姫路(兵庫)

第60回(昭和53年/1978年)
PL学園(大阪)

第61回(昭和54年/1979年)
箕島(和歌山)

第62回(昭和55年/1980年)
横浜(神奈川)

第63回(昭和56年/1981年)
報徳学園(兵庫)

第64回(昭和57年/1982年)
池田(徳島)

第65回(昭和58年/1983年)
PL学園(大阪)

第66回(昭和59年/1984年)
取手二(茨城)

第67回(昭和60年/1985年)
PL学園(大阪)

第68回(昭和61年/1986年)
天理(奈良)

第69回(昭和62年/1987年)
PL学園(大阪)

第70回(昭和63年/1988年)
広島商(広島)

第71回(平成元年/1989年)
帝京(東京)

第72回(平成2年/1990年)
天理(奈良)

第73回(平成3年/1991年)
大阪桐蔭(大阪)

第74回(平成4年/1992年)
西日本短大付(福岡)

第75回(平成5年/1993年)
育英(兵庫)

第76回(平成6年/1994年)
佐賀商(佐賀)

第77回(平成7年/1995年)
帝京(東京)

第78回(平成8年/1996年)
松山商(愛媛)

第79回(平成9年/1997年)
智弁和歌山(和歌山)

第80回(平成10年/1998年)
横浜(神奈川)

第81回(平成11年/1999年)
桐生第一(群馬)

第82回(平成12年/2000年)
智弁和歌山(和歌山)

第83回(平成13年/2001年)
日大三(東京)

第84回(平成14年/2002年)
明徳義塾(高知)

第85回(平成15年/2003年)
常総学院(茨城)

第86回(平成16年/2004年)
駒大苫小牧(北海道)

第87回(平成17年/2005年)
駒大苫小牧(北海道)

第88回(平成18年/2006年)
早稲田実(東京)

第89回(平成19年/2007年)
佐賀北(佐賀)

第90回(平成20年/2008年)
大阪桐蔭(大阪)

第91回(平成21年/2009年)
中京大中京(愛知)

第92回(平成22年/2010年)
興南(沖縄)

第93回(平成23年/2011年)
日大三(東京)

第94回(平成24年/2012年)
大阪桐蔭(大阪)

第95回(平成25年/2013年)
前橋育英(群馬)

第96回(平成26年/2014年)
大阪桐蔭(大阪)

第97回(平成27年/2015年)
東海大相模(神奈川)

第98回(平成28年/2016年)

スポンサーリンク