リオ五輪メダリスト凱旋パレードはいつ?実施は東京銀座だけ?

2016/8/5(金)に開幕したリオ五輪も、いよいよ終盤に差し掛かり、盛り上がりも最高潮に達しています。

日本はメダルラッシュに沸き、2016/8/18(木)にはレスリング女子選手3人が金メダルを獲得し、ロンドン五輪を超える金メダルの数となっています。

2020年の東京五輪に益々期待が高まりますね!

では、リオ五輪メダリスト凱旋パレードはいつか、実施は東京銀座だけなのかについてまとめてみました!

スポンサーリンク

リオ五輪メダリスト凱旋パレードはいつ?

リオ五輪が終了したあとのオリンピック関連の一大イベントと言えば、オリンピックのメダリストが集結する凱旋パレードではないでしょうか。

「リオ五輪のメダリストをこの目で一目見たい!」という方も多いと思います。

となると気になるのは、リオオリンピックメダリストの凱旋パレードがいつ開催されるかですよね。

日本オリンピック委員会(JOC)は、リオ五輪・パラリンピックが終了した後、合同の凱旋パレードを東京・銀座で2016/10/7(金)に開催する予定と発表しています!

前回の2012年のロンドン五輪の凱旋パレードは、約50万人もの方が凱旋パレードを見物したと言われています。

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、パラリンピックを成功させるという機運を高めるために、今回のリオ五輪の凱旋パレードでは合同パレードを開催することになったようです。

オリンピック・パラリンピック合同での凱旋パレード開催を予定していること、日本人選手のメダルラッシュで連日盛り上がっていることから、2012年の凱旋パレードの50万人を超える方が訪れるのではないかと予想されます。

メダリストが一堂に会することは、滅多にないことなので、この機会を逃す手はありませんね!

スポンサーリンク

リオ五輪メダリスト凱旋パレード実施は東京銀座だけ?

リオ五輪のメダリストが集結する凱旋パレードが東京・銀座で開催する予定となっているようですが、他のルートも通るのか気になるところだと思います。

リオ五輪の凱旋パレードでは、銀座の他に2020年の東京オリンピック・パラリンピックで、選手村と新国立競技場結ぶコースとなる新虎通りも加える案もあるようです。

具体的に決定したわけではないようですが、新虎通りを通るコースとなる可能性はかなり高いのではないかと思います。

前回の2012年のロンドン五輪の凱旋パレードでは、東京・銀座の中央通り(銀座通り口~銀座八丁目の約1km)で20分間、計7台の車両で行われたようです。

なので、今回のリオ五輪の凱旋パレードでもこのコースを通るのではないかと予想されます。

ここに新虎通りを通るコースが加わるとなると、前回のロンドン五輪の時を超える、大勢の方が凱旋パレードを見ることができそうですね!

大規模な凱旋パレードは2016.10/7(金)の東京・銀座だけのようですが、他にもメダリストの地元で凱旋パレードが行われることもあるので、メダリストの方と同じ地元の方は是非情報をチェックしてみてください!

今回のリオ五輪の凱旋パレードも銀座で行われるということで、楽しみにされている方も多いようですね!

リオ五輪凱旋パレードはメダリスト以外の選手も参加する?

凱旋パレードが開催されるとなると気になるのは、メダリスト以外の選手も参加するのかということだと思います。

今回リオ五輪で惜しくもメダルを逃した方々にも、エールを送りたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

今回のリオオリンピックの凱旋パレードに参加する選手についての発表はないですが、メダリストによるパレードと発表されているところを見ると、メダリスト以外の選手が参加する可能性は低いのかなと思います。

実際、前回の2012年のロンドン五輪の凱旋パレードはメダリストのみだったので、今回もメダリストのみの凱旋パレードとなることが予想されます。

ですが、メダリスト以外の選手でも、女子バレーボールの選手や、現役引退を発表したフェンシングの太田雄貴選手などの知名度の高い選手は、もしかすると凱旋パレードに参加するといった可能性もゼロではないと思います。

メダリストになれなかった方々も、オリンピックという世界中が注目している場に出場できたということだけでも十分凄いことだと思うので、メダリスト以外の選手も胸を張って凱旋パレードに参加してほしいものですね。

[adsense]

リオ五輪メダリスト凱旋パレードはいつ?実施は東京銀座だけ?のまとめ

今回のリオ五輪の凱旋パレードは、オリンピック選手とパラリンピック選手の合同パレードとなりますし、2020年東京オリンピックに向けてJOCや政府も力を入れて盛り上げる一大イベントになりそうですね!

銀座の他に新虎通りという案もあるようで、2012年よりも広い範囲で凱旋パレードを見ることができそうです。

まだリオオリンピック・パラリンピックは終了していませんが、凱旋パレードでどれだけのメダリストの方を見ることができるのかとても楽しみですね!

スポンサーリンク