金藤理絵リオ金メダル!澤穂希似でも話題に。東京五輪出場は?

金藤理絵選手がリオオリンピック競泳女子平泳ぎ200mで金メダルを獲得しましたね!
おめでとうございます!

リオオリンピックは開幕直後は「あんまり盛り上がってない…?」と少し不安にもなりましたが、連日日本代表選手がメダルを獲得し、熱を帯びてきましたね。

今回は競泳女子平泳ぎ200mでバルセロナ五輪の岩崎恭子さん以来24年ぶりの金メダルを獲得した金藤理恵選手を深掘りしていきます!

スポンサーリンク

リオオリンピック金メダリスト 金藤理恵プロフィール

金藤理恵選手は1988年9月8日生まれで、現在27歳です。

約1ヶ月後には28歳の誕生日ということで、リオオリンピックから帰国後は金メダル獲得のお祝いと誕生日祝いのダブル祝いの日々が続きそうですね!

出身は広島県庄原市。

身長175cm・体重67kg(血液型A型)という恵まれた体系が、今回のリオ五輪での金メダル獲得のひとつの要因でしょう。

2008年の北京オリンピックでは7位、2012年のロンドンオリンピックでは代表を逃し、2014年には引退を決意した金藤理恵選手。

しかし、10年以上指導を受けている加藤健志コーチに「最後の勇姿を見せよう」と背中を押され、リオ五輪女子競泳200m平泳ぎ日本代表の座を掴みとり、今回の金メダル獲得というドラマチックな背景も。

ちなみに27歳での金メダル獲得は女子競泳最年長記録なので、金藤理恵選手の東京オリンピック出場は難しいと考えるのが普通ですが、自己ベストの2分19秒65は今回のリオ五輪代表を決めた2016年4月の日本選手権で記録していることから、選手としてのピークはまだ迎えていない可能性もあるので、東京五輪への出場もあり得るかもしれません。

「競泳界の澤穂希」とも呼ばれている金藤理恵選手ですが、澤穂希選手同様、レジェンドとなるかもしれませんね!

スポンサーリンク

競泳女子平泳ぎ 金藤理恵選手帰化の噂は本当?

GoogleやYahoo!の検索エンジンで「金藤理絵」と入力すると予測変換の最初に「金藤理絵 帰化」というワードが出てきますね。

気になったので調べてみたところ、上記のプロフィールの通り、金藤理恵選手は広島県出身で韓国からの帰化ではないようですね。

切れ長の目や表示に「金」の文字が入っていることから「韓国から帰化したのかな?」と思って調べている方が多いようですね。

広島は地理的な兼ね合いから韓国から帰化した方の割合が多い土地ということも「金藤理恵 帰化」という検索ワードに繋がっていそうですね。

日本と韓国の関係性から帰化などに関しては興味を持つ方が多いですが、欧米の方からアジア圏は皆同じ顔に見えると言われているくらいですから、あまり気にするようなことではないと個人的には思っています。

金藤理恵と澤穂希が似てる!

失礼ながら、今回のリオ五輪女子競泳200m平泳ぎで金藤理恵選手が金メダルを獲得したというニュースで初めて金藤理恵選手を見ましたが、その第一印象は「サッカー女子日本代表の澤穂希さんにそっくり!」でした。

つい検索をしたところ、「金藤理絵 澤穂希」が上記の帰化と合わせて関連ワードトップに出てきました。

やっぱりみなさん気になっているんですね…

ということで、金藤理恵選手と澤穂希選手の画像ドン!

kanetoh [adsense]

いやぁ金藤理恵選手と澤穂希選手、本当に良く似てますね。

スポーツに秀でた遺伝子が入るとこういった系統の顔になるんでしょうか?

興味深いですね…!

テレビ番組などでも「競泳界の澤穂希」と取り上げられたりしているので、リオ五輪から帰国後はテレビでの共演などもあるかもしれませんね!

金藤理恵選手は2016年は今年の顔のひとりとしてメディア出演なども増え、競技に集中しづらい状況になるかもしれませんが、リフレッシュして2020年東京オリンピックをどうするか、ゆっくり考えてほしいですね。

なお、今回のリオオリンピックメダリストへの報奨金やメダルの値段といった裏話はこちらの記事にアップしています!

スポンサーリンク