三四郎オールナイトニッポン0終了の理由を考える。

月曜日のウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポンに続き、三四郎のオールナイトニッポン0も2016年3月での終了が発表されましたね。

ちなみに月曜日のShiggyJr.のオールナイトニッポン0も打ち切りなので、4月からは大幅なラインナップ変更になりそうですね。

back numberが打ち切り最有力と思っていましたが、こちらは続くようですね。

back numberファンの方はホッとしたことでしょう。

【関連記事】
ウーマン村本のオールナイトニッポン終了!後任はアルピー?
アルピーANN0終了…曜日移動・再昇格なし!?今後の予想

スポンサーリンク

三四郎のオールナイトニッポン0終了へのネットの反応

曜日変更で継続では?との見方が多いですね。

先日のアルコ&ピースのポッドキャストでも「今、三四郎の人気スゴいんだね」「今まで色んな人の出待ち見たけど、一番人多かった」「新宿駅(ルミネ)で行列出来てた」という話をしていたくらいなので、確かにこのタイミングでの打ち切りはニッポン放送的にも、もったいないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

三四郎のオールナイトニッポン0打ち切りの理由は?

私も曜日変更で継続の可能性は高いと思います。

しかし、それは最近のオールナイトニッポンRを含め、この枠に入り込んできそうな芸人さんが思い浮かばないからという消極的な理由からです。

なので、ひとまず火曜日の三四郎のオールナイトニッポン0終了の理由をいくつかまとめてみたいと思います。

相田さんのフリートークがつまらない

番組前半30分ほどは週替り?で小宮さんと相田さんがフリートークを展開するのですが相田さんのフリートークが正直おもしろくないです。

おもしろくなりそうな雰囲気のことは結構多いんですけどね。
フリートークのためにおもしろいことを見つける努力をしているのはスゴく感じます。

しかし、オチが弱い。
とにかく弱い。

トークのオチでジングルを流してCMに行くというのがラジオのパターンですが、「えっ?これが大オチ?」と思ったことがほとんどでした。

小宮さんの場合はおもしろくなさそうなトークやオチが弱いネタでもおもしろいというケースが多いんですが…

コーナーがイマイチはねない

Wikipediaによると「バチボコ!」「有楽町グレイテストヒットメガランキング」「人生のルート」という3コーナーが現状残っているコーナーのようですが、正直どのコーナーもあまりはねてないですね。

ラジオのコーナーはコーナー内でのブームが起こって、それをハガキ職人がこね回して、コーナーが崩れていくと面白くなるんですが、そういった「共犯関係」みたいなものが三四郎のオールナイトでは生まれなかった気がします。

作家の福田さんの笑いもアルピーの時より小さいですしね。

他局になりますが、「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」の作家さんのような嘘くさい笑いを量産するよりよっぽど良いですし、リスナーの感覚とズレていないのですごく優秀な作家さんだと思いますが。

滑舌・声が良くない

先週のスペシャルウィークでアルコ&ピースをゲストに迎えた際にスゴく感じましたが、三四郎の2人の声はあまり抜けが良くないんですよね。

小宮さんの滑舌が悪いのはキャラとして浸透してますし、聞き慣れるとそんなに気にならないような気がしていましたが、やっぱり聞きづらいんだなぁと。

そんなことを意識してラジオを聞いている訳ではありませんが、フリートークの臨場感やネタのおもしろさが、無意識なところで伝わりにくくなっていたという可能性は否定出来ませんね。

三四郎オールナイトニッポン0終了の理由を考える。のまとめ

こちらの記事(ウーマン村本のオールナイトニッポン終了!後任はアルピー? )でも書きましたが、私は今の深夜ラジオの中ではアルコ&ピースが抜群におもしろいと思っているので、そことの比較ばかりになってしまいましたが、他に勢いのある芸人が出てきたら三四郎がラジオを続けるのは厳しいと思っています。

4月の改編で曜日変更で三四郎のオールナイトニッポン0は続くかもしれませんが、今のままでは長くラジオを続けるのは難しいと思います。

本人たちもあまりラジオ好きじゃないんじゃないかなぁ。

【関連記事】
ウーマン村本のオールナイトニッポン終了!後任はアルピー?
アルピーANN0終了…曜日移動・再昇格なし!?今後の予想

スポンサーリンク