ワールドトリガー最新刊17巻発売日情報!16巻ネタバレと感想も

週刊少年ジャンプにて連載中の葦原大介先生の漫画『ワールドトリガー』は、異世界からの侵略者と防衛組織の戦いを描いた、SFアクションです。

2014年にアニメ化され、約1年半もの間放送されるほどの人気を誇っている漫画です。

では、『ワールドトリガー』最新刊17巻発売日情報や、16巻ネタバレと感想もまとめてみました!

スポンサーリンク

ワールドトリガー最新刊17巻発売日情報!

『ワールドトリガー』のコミックスは、2016年8月現在、15巻まで発売されています。

アニメ化もされるほどの人気を誇る漫画だけに、最新刊の発売日が気になるところです。

では、『ワールドトリガー』最新刊17巻の発売日の紹介の前に、過去のコミックスの発売日を紹介します!

『ワールドトリガー』コミックス発売日

11巻 玉狛第2 2015/6/4 発売
↓3か月

12巻 玉狛第2(2) 2015/9/4 発売
↓3か月

13巻 三雲修(4) 2015/12/4 発売
↓3か月

14巻 迅悠一(3) 2016/3/4 発売
↓3か月弱

15巻 ガロプラ 2016/6/3 発売
↓3か月弱

16巻 タイトル未定 2016/9/2 発売予定

1巻~10巻までは、2~3か月間隔でコミックスが発売されていて、10巻以降は、大体3か月間隔でコミックスが発売されていたようです。

日程も、ジャンプコミックスの発売日が4日なので、4日前後で新刊が発売されています。

この傾向を見ていると、『ワールドトリガー』最新刊17巻の発売日は、2016/12/2(金)となるのではないかと予想されます。

ワールドトリガー最新刊17巻の発売日が待ち遠しいですね!

2016.9/4追記

現段階でジャンプコミックス11月までの発売ラインナップが発表されていますが、ワールドトリガー17巻の情報は出ていないので、2016.12/2(金)発売でほぼ決定だと思われます!

続報を待ちましょう!

スポンサーリンク

ワールドトリガー16巻ネタバレは?

『ワールドトリガー』コミックスの15巻には、125話から133話までの9話が収録されていたので、16巻も9話収録となることが予想されます。

なので、16巻には134話~142話までが収録されるのではないでしょうか。

では、『ワールドトリガー』16巻のネタバレを紹介します!

134話 ガロプラ⑬

ヒュースが突然出現し、レギンデッツは驚きます。

そこへらいじん丸に乗った陽太郎がやってきます。

地下格納庫では、ガトリンが真っ二つにされた後に大砲を放つも、村上がシールドでガードします。

すると、ガトリンの肉体も消え、トリオンのボールが残されていました。

ラタリコフは「我々の完敗です。お見事でした」と言って、消え去ります。

ヒュースの場面になり、陽太郎はヒュースに蝶の楯(ランビリス)を渡します。

陽太郎の回想になり、迅と陽太郎の会話が繰り広げられています。

回想は終わり、レギンデッツはヒュースと陽太郎の様子に困惑します。

レギンデッツはヒュースに、陽太郎を人質として連れてこいと言います。

135話 ヒュース

レギンデッツの幼い頃の回想から始まります。

崩壊するガロプラの街で、アフトクラトルの精鋭がやってくるものの、レギンデッツは何もできず涙を流します。

回想が終わり、ヒュースは陽太郎をスコーピオンで刺します。

それを見たレギンデッツは、案内しないと言います。

陽太郎が起き上がり、「ヒュースはかえれないってことか?」と言います。

ヒュースは刺したふりをしていたようです。

レギンデッツはトリガーを起動するも、ヒュースはランビリスを装着し、レギンデッツを切ります。

ヒュースは迅に、アフトクラトルに送り届けろと言います。

136話 ガロプラ⑬

本部では、敵性近界民とトリオン兵が撤退し、落ち着きを取り戻した様子で、話をしていました。

街では、米屋と犬飼が敵のトリガーで遊んでいます。

そして狙撃隊も解散しました。

ガロプラ遠征艇では、全員沈んでいました。

ランク戦会場では、B級ランク戦5日目の夜の部が始まりました。

香取隊・柿崎隊・注目の玉狛第2のランク戦もスタートするようです。

ヒュースや迅達も会場入りします。

137話 香取隊

ランク戦開始の数分前の、玉狛第2の作戦室で、敵の戦力について話し合っていました。

有利な状況を作って敵に当たる作戦でいこうと修は言います。

場面は柿崎隊作戦室に移り、作戦を話しながらも、笑いもあり、和やかな雰囲気です。

香取隊作戦室の場面になり、玉狛のファイルを広げ作戦を練る中、隊長の香取はソファでスマホをいじっていました。

香取は連敗に落ち込んでいるようでしたが、その態度に若村が腹を立て、言い争いになり、チームの雰囲気は最悪になってしまいます。

試合開始となり、香取はいきなり遊真にぶつかって行きます。

138話 玉狛第2⑨

遊真と香取はトリガーを発動し、若村・染井は援護に向かいます。

遊真と香取の間には、修に千佳、柿崎隊の照屋がいます。

柿崎隊は、敵の戦力が削れたところを叩く作戦でいくようです。

千佳は全員を狙える位置にいます。

修は香取を狙っていますが、香取隊の3人に囲まれます。

そこに、千佳の新技・鉛弾(レッドバレット)が飛び出し、香取隊は痛手を負います。

そこで柿崎隊も動き出します。

139話 玉狛第2⑩

遊真のワイヤー地帯を香取隊は抜けようとしながら、若村が銃撃で応戦しようとしますが、上手くいきません。

そこへ柿崎隊の銃撃が始まりますが、上手く応対します。

さらに柿崎隊からの攻撃が続き苦しむ香取隊ですが、染井の指示で広場にでると、玉狛が柿崎隊を攻撃し、香取隊は事なきを得ます。

柿崎隊・香取隊は、玉狛の罠には踏み込まないことにしますが、千佳は大砲で街を破壊していきます。

140話 玉狛第2⑪

玉狛はワイヤー地帯に踏み込ませるために、千佳が大砲を打ち続けます。

柿崎隊は香取隊の動きを待っているようです。

染井が、柿崎隊がうちの動きを待っているはずだから、柿崎隊と連動する形でいこうという作戦を練ります。

柿崎隊は遊真を狙いに行き、香取隊は修を狙いに行きます。

柿崎は、遊真に左腕を落とされてしまいます。

141話 玉狛第2⑫

修のワイヤーを、香取隊は斬り捨て、進撃を続けます。

柿崎隊は近距離戦用にシフトチェンジし、巴と照屋でワイヤー排除に乗り出します。

巴は遊真を追い詰めようとしますが、グラスホッパーを踏んでしまい、そこで鉛弾が左腕に当たり地面にたたきつけられると、遊真に首を刈られます。

巴はベイルアウトとなってしまいます。

香取隊は、修を狙いに行きますが、赤いワイヤーに気を取られ、香取が千佳に狙撃されて、右足を切断しなくてはいけなくなりました。

このままでは玉狛の布陣を崩せないということで、照屋が千佳を攻撃しに行くことになります。

142話 柿崎 国治

香取隊は建物に隠れていますが、修は通路上にいます。

遊真と対峙している柿崎は、4年前ボーダーに加わった時の、会見を思い出していました。

記者の質問に堂々と答える嵐山の様子に柿崎は驚いていました。

回想は終わり、柿崎が射撃で遊真を遠ざけると、照屋が離脱し、千佳のところへ向かいます。

柿崎の回想に入り、嵐山隊を抜けた柿崎のところに巴と照屋がやってきます。

2人はそれぞれ、柿崎が出た会見を見ていたようでした。

回想は終わり、遊真の攻めに防戦一方の柿崎は、柿崎隊のメンバーの良さを引き出せないのは自分のせいだと考えます。

遊真と接近戦になり、遊真の左腕が柿崎の胸を突き刺しヒビが入ります。

その後、柿崎が遊真の胴体に銃撃します。

ここまでが『ワールドトリガー』16巻のネタバレとなります。

玉狛第2がこのままの勢いで勝つか、柿崎隊・香取隊のどちらかが玉狛第2の布陣を崩すのかが気になりますね!

ヒュースと陽太郎の絆が見られる、16巻ならではの表紙を希望している方が多いようですね!

ワールドトリガー16巻の感想は?

16巻の最初では、ヒュースと陽太郎の絆を確認できる場面があるようです。

迅と陽太郎は、ヒュースをアフトクラトルに送り届ける策があるようですが、一体どんな方法をとるのかが気になります。

近界民に勝利することもでき、街も落ち着きを取り戻し、とりあえずは一安心といった感じがしますね。

16巻の後半では、柿崎隊・香取隊・玉狛第2のランク戦が始まり、激しい戦いが繰り広げられています。

玉狛第2はそれぞれ新しい技を繰り出し、柿崎隊・香取隊はかなり苦戦を強いられています。

香取隊は、ランク戦開始前に、隊長の香取がチームワークを乱す場面がありましたが、これがどう影響してくるかが、勝敗を分けるのではないかと思います。

16巻の最後で、柿崎が遊真に胸を刺されながらも銃撃をしかけたところに、メンバーを思う強い気持ちを感じることが出来ました。

17巻では、3チームの戦いの結果をみることができるのではないかと思うので、17巻の発売日が益々楽しみですね!

『ワールドトリガー』のキャラクターは魅力的で、読み進めるたびに世界観に引き込まれていきますね!

[adsense]

ワールドトリガー最新刊17巻発売日情報!16巻ネタバレと感想ものまとめ

『ワールドトリガー』16巻の発売日も決定しているので、17巻の発売日が益々楽しみになってきますね!

16巻では、近界民との戦いが一段落して、ランク戦では注目の玉狛第2の活躍を見ることができるようです。

『ワールドトリガー』最新刊17巻には、柿崎隊・香取隊・玉狛第2の戦いの行方も描かれている様で、どんな展開となるのか気になります。

今後の『ワールドトリガー』から、益々目が離せませんね!

スポンサーリンク