リオ五輪ホッケー女子日本代表さくらジャパン一覧。メダル獲得は?

リオ五輪で4大会連続の五輪出場で初めてのメダル獲得を目指すのがホッケー女子の「さくらジャパン」です。

この記事では「さくらジャパン」の選手の顔ぶれと注目選手、メダルの可能性や競技日程についてお伝えします。

スポンサーリンク

リオ五輪に挑む「さくらジャパン」はこの16人

リオ五輪に挑む女子ホッケー日本代表「さくらジャパン」のメンバー16人の顔ぶれは以下の通りです。

浅野祥代(ソニー)
小野真由美(コカ・コーラウエスト)
林なぎさ(ソニー)
阪口真紀(ソニー)
錦織えみ(コカ・コーラウエスト)
西村綾加(コカ・コーラウエスト)
永井葉月(ソニー)
中川未由希(ソニー)
真野由佳梨(ソニー)
湯田葉月(コカ・コーラウエスト)
柴田あかね(グラクソ・スミスクライン)
清水美並(ソニー)
中島史恵(ソニー)
三橋亜記(コカ・コーラウエスト)
永井友理(レアル・ソシエダード)
河村元美(山梨学院大)

スポンサーリンク

経験豊富なキャプテンと親子鷹に注目

先の曲がったスティックでボールをコントロールしゴールを狙うホッケー。

1チーム11人でプレーし、試合中も選手の入れ替えは自由なことから、個体のタイミングや起用法が勝敗を大きく左右します。

リオ五輪で日本が目指すのは運動量で相手を凌駕するプレースタイル。

さくらジャパンの中心となるのがキャプテンの中川未由希選手です。

ホッケー女子日本代表が初めて五輪に出場した2004年のアテネ大会から3大会連続で五輪に出場。

ロンドン五輪後、チームの世代交代が進む中、ベテランとしてチームを精神的にも牽引、「世界一のチームワークでメダルを目指したい」と意気込んでいます。

また、永井友理選手永井葉月選手の姉妹は、永井祐司監督とともに親子3人での五輪出場となりました。

ハンマー投げの室伏広治選手やウエイトリフティングの三宅宏実選手など、親子鷹で五輪に挑む選手は少なくありませんが、団体競技でしかも親子3人でというのは珍しいのではないかと思います。

気心知れていてやりやすい面、周囲との関係などやりづらい面、両面あると思いますが、互いに刺激し合い支え合いながら欲しいですね。

さくらジャパン リオ五輪試合日程は?メダル獲得の可能性は?

リオ五輪のホッケーは12チームが2つのグループに分かれてリーグ戦を戦い、各組の上位2チームが決勝トーナメントに進みます。

組み分けは以下の通りです。

リオ五輪ホッケー女子 グループA

オランダ、ニュージーランド、中国、ドイツ、韓国、スペイン

リオ五輪ホッケー女子 グループB

日本、アルゼンチン、オーストラリア、イギリス、アメリカ、インド

さくらジャパンの入っているグループBには、世界ランキング2位のアルゼンチン、3位のオーストラリアが入っていて、決勝トーナメント進出のためにはこの2チームを何とか倒さなければなりません。

ただ、日本の世界ランキングは6月時点で10位とかなり厳しい戦いになるのは間違いないでしょう。

リーグ戦の初戦では、グループBで唯一日本よりもランキングで格下(13位)のインドと対戦することが決まっており、ここでうまく波に乗れるかがその後の戦いを大きなポイントになりそうです。

なお、リオ五輪ホッケー女子日本代表・さくらジャパンの試合日程は次のようになっています。

8/7 対インド
8/9 対アルゼンチン
8/11 対アメリカ
8/12 対イギリス
8/14 対オーストラリア
8/18 準決勝
8/20 決勝

[adsense]

リオ五輪ホッケー女子日本代表一覧。注目選手と他の出場国紹介も のまとめ

初出場のアテネ五輪の8位を最高に、その後はなかなか世界との距離が縮まらない「さくらジャパン」。

予選リーグで対戦する5チーム中4チームが世界ランキングで日本より格上とタフな戦いが予想されますが、中川キャプテンを中心に若手・ベテランの力を結集してメダル獲得を目指して欲しいですね!

スポンサーリンク