七つの大罪最新刊23巻の発売日情報!22巻ネタバレとアニメ情報も

8/17(水)に22巻が発売予定である週刊少年マガジンで連載中の漫画『七つの大罪』。

8/28(日)からは4週連続でアニメが放送されることも決定しています。

今回は『七つの大罪』最新刊23巻の発売日予想と22巻のネタバレ、8月から放送するアニメ版の注目点についてまとめてみました!

スポンサーリンク

七つの大罪 最新刊23巻発売日予想!

七つの大罪単行本は2か月に1回のペースで、各月17日(土日祝の場合は前倒し)に発売しています。

特にトラブルがない限り、七つの大罪最新刊23巻の発売日は22巻発売から2か月後の2016/10/17(月)になると思われます。

七つの大罪23巻発売予想日

2016/10/17(月)

スポンサーリンク

七つの大罪22巻のネタバレ!

七つの大罪は単行本1巻につき本編9話収録が基本となっています

七つの大罪22巻収録予想話

第171話 時は来たれり

第172話 かつて友だったお前たちへ

第173話 闇は降り立つ

第174話 メリオダスvs.<十戒>

第175話 愛するメリオダスへ

第176話 闇は語る

第177話 僕が君にしてあげられること

第178話 暗黒のブリタニア

第179話 希望を求めて

1話分の番外編や外伝が収録されることもあります。

21巻では番外編が収録されたことで本編の収録は8話となっていました。
そのため22巻は第171話からの収録となります。

もし22巻にも外伝や番外編が収録された場合、第179話は収録されないと思われます。

メリオダスと十戒の対決が主体となる巻になります。

エスカノールが十戒を奇襲したことにより、機会をうかがっていたメリオダスが打倒十戒に向けて動きます。

第172話ではバイゼル大喧嘩祭りを開催した十戒であるグロキシニアとドロールに打ち勝って一旦メリオダスが勝利したかに見えましたが、その後十戒が全員集合したことで形勢逆転、抵抗むなしくメリオダスが敗北してしまうことでバイゼル大喧嘩祭りは終焉します。

第178話では大喧嘩祭りから1か月経過し、アーサーなど一部の抵抗勢力を除いてブリタニアが魔神族に支配されることが語られています。

七つの大罪アニメ『聖戦の予兆』であのキャラは登場する?

七つの大罪は2016.8/28(日)から4週連続でアニメ版オリジナルストーリーの『聖戦の予兆』が放送されます。

気になるのは、七つの大罪メンバーで唯一第1期に登場しなかった『エスカノール』が登場するのかどうか、だと思います。

『聖戦の予兆』公式ホームページ(http://www.7-taizai.net/)やPVにはエスカノールの姿は見当たりませんが、サプライズ登場する可能性はあると思います。

七つの大罪はこれまで様々なコラボ企画を展開していたのですが、エスカノールはアニメ版で登場していなかったことからそれらの企画には登場しておらず、代役と思われるキャラが登場していることもありました。

今後七つの大罪メンバー全員が登場したコラボ企画を立てることができるようにするために、『聖戦の予兆』はアニメでエスカノールを登場させる絶好の機会だと思われます。

アニメ版は動くエスカノールが描かれるかどうかに注目ですね!

[adsense]

七つの大罪23巻発売日予想と22巻のネタバレ、アニメ版の注目点についてのまとめ

七つの大罪も第2部・魔神族編が佳境を迎えていると思われます。

第1部(聖騎士編)がおよそ13巻分であったので、第2部も同規模とするとあと4・5巻で決着することになります。

間もなくストーリーが大きく動くと思われるので、アニメ版のみならず、漫画版も要注目なのは間違いないですね!

以上、七つの大罪最新刊23巻の発売日予想と22巻のネタバレ、8月放送のアニメ版の注目点についてまとめてみました!

スポンサーリンク