銀魂アニメ次は4期?5期?マンガの最終回がいつか予想も!

2016年3月でアニメ版『銀魂゜』の放映が終了したと思いきや、まさかの実写化が発表された人気漫画『銀魂』。

ところで、『銀魂゜』が第何期に当たるのかについて、ネット上では異なる表記がされていることがあり、時折混乱している人が見られます。

今回は銀魂アニメ版の第何期表記の違いについての経緯と、マンガ版最終回・実写版について調べてみました!

スポンサーリンク

銀魂アニメ次は第何期になるの?

ネット上では銀魂の第○期の扱いが異なることがあります。

これは第2期の『銀魂’』の後に放送された『銀魂’延長戦』の扱いをどうするかによって違いが起こっているようです。

公式上は『銀魂’延長戦』はあくまで第2期の延長扱いであって第3期ではなく、『銀魂゜』こそが第3期、というのが正確な扱いとなっており、次にアニメが放送されることがあれば第4期となるようです。

一時期Wikipediaが『銀魂’延長戦』を第3期と表記していたため、混乱を助長する結果になっているようです。

ややこしいので第○期表記ではなく、タイトルで表記するのが一番かもしれませんね。

スポンサーリンク

銀魂マンガ版の最終回はいつごろ?

原作版の銀魂は既に最終章に突入しており、2017年公開予定の実写映画版に合わせて最終回を迎えるのではないか、とされています。

しかし、アニメ版において終わると見せかけて終わらず、を繰り返し『終わる終わる詐欺』という言葉の発祥元となった実績を持つ銀魂なので、この『最終章』で本当に銀魂が終わるかどうかは疑問が残ります。

とはいえここ数回の銀魂のストーリー展開はまさに『最終章』と言えるものになっており、終わりが近づいている感じがするのも事実です。

本当にこれが『最終章』なのか、それともその空気すらも利用した『終わる終わる詐欺』でまだまだ続くのか…こればかりは空知先生のみぞ知る、としか言いようがないですね。

銀魂実写版は原作のどの話?アニメ次期への影響は?

既に制作が決定した銀魂実写版ですが、2016年7月時点ではどのようなエピソードになるのかはわかっていません。

実写版がどのようなストーリーになるのか、そうなった場合のアニメ化への影響についてまとめてみました。

まだアニメ化していないストーリーが実写化

62巻以降の話になる烙陽決戦篇やそれに続く最終章はアニメ化されていないため、それを実写化する可能性は高そうです。

同じくジャンプで連載されていた『暗殺教室』では同様の流れからアニメ2期が放送されたという実績があるため、実写とアニメの同時進行にも期待できる展開かもしれません。

実写版オリジナルストーリー

実写版オリジナルのストーリーが展開される可能性も十分あり得そうです。

その場合、最終章に加えて実写版のストーリーをアニメ化する、という展開もあるかもしれません。

『銀魂』らしくかなりひねった内容が期待できそうです。

アニメ化済みのストーリーが実写化

既にアニメ化されたストーリーの実写化、という可能性もあります。

ただ、『銀魂』にしては無難な内容になってしまいそうなので、可能性としては一番低いかもしれません。

[adsense]

銀魂次期アニメ版・マンガ版最終回・実写版についてのまとめ

原作は最終章に向かいつつあり、実写版の制作も発表された『銀魂』ですが、アニメ版も含めてカオスなネタをやり続けた漫画であるため、最後の最後までどうなるかわからないですね。

いろいろ妄想を膨らませて楽しむのが一番なのかもしれませんね。

以上、銀魂アニメ版の表記やマンガ版最終回、実写版についてまとめてみました!

スポンサーリンク