ポケモンGOは危険?歩きスマホ激増で社会問題化懸念も。対策は?

位置情報ゲーム『Ingress』を元にポケモンの要素を加えたスマホアプリ『Pokemon GO(ポケモンGO)』。

アメリカなどで7/6(木)からiOSやAndroidでサービスの提供を開始しており、日本でも近日中にはサービス開始が予定されているとのことです。

サービスを開始した国では早くも社会現象化しており、ポケモン販売元の任天堂の株価上昇に大きく貢献しているようです。

しかし、社会現象の裏で歩きスマホなど危険な行為を助長するなどして社会問題化するのではないかという懸念もあります。

今回は『ポケモンGO』における社会問題について調べてみました。

スポンサーリンク

『ポケモンGO』の流行に伴って社会問題になるとされる要素

『ポケモンGO』が流行することで社会問題となる可能性がある要素について紹介します。

歩きスマホの増加

『ポケモンGO』で最も懸念されているのが、現時点でも問題視されている歩きスマホがさらに増えてしまうのではないか、という懸念です。

歩きスマホは『ポケモンGO』のみならずスマホアプリ全体の問題なのですが、『ポケモンGO』は子供もプレイすることが想定されているゲームなので、その懸念はより大きいものとなっています。

プライバシーの危険性(身バレ)

『ポケモンGO』が元で身元がバレてしまい、それが元で被害に遭うというケースも考えられているようです。
現実の世界とリンクしているので、うっかり自宅近くの情報をSNSなどにアップしてしまうと、そこから身元がバレてしまう可能性があります。

不法侵入・危険地域への侵入

『ポケモンGO』におけるポケモンは様々な場所に出現しますが、その場所が私有地などである場合に不法侵入の問題が発生したり、危険な地域へ侵入して被害に遭う危険性があります。

特に子供が知らないうちに侵入してしまうケースが懸念されます。

また、不法侵入ではなくとも、集団でのポケモン捕獲など、周囲への迷惑行為なども懸念されます。

スポンサーリンク

危険な要素に対する『ポケモンGO』側の対策はある?

では『ポケモンGO』側でこれらの危険な要素についてどのような対策がなされているかを調べてみました。

歩きスマホ対策

実は『ポケモンGO』ではポケモンが近くにいる場合には振動で知らせてくれるため、常に画面を見続ける必要はありません。

これらを周知徹底すれば『ポケモンGO』による歩きスマホはかなり抑制できるようです。

最大の問題はそれをしっかり周知徹底できるか、という点にかかっていると思われます。

特に子供プレイヤーの親御さんはしっかりこの点を子供に伝えておく必要があるでしょう。

さらにスマホの画面を見なくても『ポケモンGO』を利用できるようになる『ポケモンGOプラス』も、歩きスマホのリスクを軽減できるツールの一つと言えます。

特に子供が『ポケモンGO』を利用する場合には購入を検討しておいてほしいツールです。

関連記事:ポケモンGOプラスの値段と発売日はいつ?Amazon予約情報も

身バレ対策

ゲーム上でのセキュリティ対策はしてくれますが、SNSによる写真投稿などからの身バレなどは完全に自己責任で扱われてしまうようです。

本名やTwitterのアカウント名などを使わないように注意しましょう。

不法侵入・危険地域対策

不法侵入や危険地域などへの対策がどのようになっているのかは、実際に運用開始されてポケモンの配置を見てみない事にはわからないでしょう。

『ポケモンGO』の元となったゲームである『Ingress』で培われたノウハウが生かされていることを期待するしかないですね。

その他ポケモンGOで懸念されている事案

社会問題になる、という程ではないですが、『ポケモンGO』では他にも様々な問題点が指摘されています。

熱中症

出歩くことが必須のゲームであるので、暑い時期には熱中症にかかってしまう懸念があります。

あまり夢中になりすぎず、水分はしっかりとるようにしましょう。

バッテリー切れ

『ポケモンGO』のような位置情報を利用するゲームではバッテリーを多く消費する傾向にあるため、スマホがバッテリー切れを起こしてしまう可能性があります。

こうなると電話や地図機能なども使えなくなるため、迷子になる恐れがあります。

特に『ポケモンGO』をプレイする子供には予備のバッテリーを持たせるなどする必要があると思われます。

[adsense]

『ポケモンGO』の危険性と社会問題化の懸念についてのまとめ

様々な危険性と社会問題化がはらんでいる『ポケモンGO』ですが、その多くはプレイヤーのモラルに依存するところが大きいようです。

『Ingress』ではそこまで大きな問題にはなっていないこれらのマナー問題ですが、ポケモンという巨大市場に出ることでどのように出るかは、良くも悪くも注目されるでしょう。

せっかく自由な発想で作られた面白いゲームが、マナーの悪い人たちによってそのようなゲームが規制されてしまうことは悲しい事です。

『ポケモンGO』プレイヤーにはモラルを守って、社会に嫌われないようなプレイを心がけてもらいたいですね。

以上、『ポケモンGO』の危険性と社会問題化の懸念についての情報についてまとめてみました!

スポンサーリンク