『神の舌を持つ男』1話の感想!小ネタはおもしろい?温泉情報も

向井理さん主演、堤幸彦さん演出で高視聴率が非常に期待される2016年夏ドラマ『神の舌を持つ男』。

比較的恋愛ドラマが多いという印象の2016年夏ドラマですが、その中にあって深夜枠のドラマのような面白い設定に早くも興味がそそがれます。

『神の舌を持つ男』の内容は、向井理さんが演じる絶対味感を持つ男が、憧れの温泉芸者を追いかけ温泉地を巡り、そこで起きる事件を解決するというまさに奇想天外な構成になっています。

演出に堤幸彦さんを起用していることから『TRICK』シリーズのような小ネタ満載で、視聴者を飽きさせないドラマになっているようです。

それでは『神の舌を持つ男』第1話の感想と視聴率などをまとめていきましょう!

向井理主演『神の舌を持つ男』第1話視聴率

第1話視聴率 6.4%

スポンサーリンク

神の舌を持つ男 第1話のあらすじ

舌にのせたものをガスクロマトグラフィーばりに分析する能力“絶対舌感”を持つ男・朝永 蘭丸(向井 理)が、ひょんなことから知り合った流浪の古物骨董屋・甕棺墓 光(木村文乃)、正体不明の宮沢 寛治(佐藤二朗)と共に一台のボロ車に乗って謎の温泉芸者“ミヤビ”を探し、旅に出る。

三人が辿り着いたのは、栃木県奥日光にある秘湯「湯西川温泉」。平家の落人伝説が伝わる風情溢れる温泉地だ。

三人が宿に到着するとミヤビが男と立ち去っていくところに遭遇。慌てて後を追おうとするが、ガス欠のボロ車はうんともすんとも言わず立ち往生してしまう。落胆する蘭丸をよそに、寛治は宿の女将・美鈴(片平なぎさ)に三助として「垢すり」「湯かけ」「肩もみ」をするから一泊させてくれないか?、と無茶な申し入れをする。

蘭丸は“伝説の三助”といわれる「大津のヘースケ」・朝永 平助(火野正平)の孫で、弟子だったのだ。
そこへ、近くの川で死体が発見されたと温泉組合長の石原(大河内浩)が駆け込んできて・・・。

引用:
公式サイト

『神の舌を持つ男』初回は15分の拡大版でスタートします。

初回のゲスト出演は上屋敷の女将役で片平なぎささん、町長役で石倉三郎さん、上屋敷の主人役で菅原大吉さんが出演します。

事件の舞台となる上屋敷で片平さんが登場することにより、サスペンスドラマで魅せる彼女の演技がストーリーの軸として安定感をもたらしてくれそうですね。

ちなみに物語のキーマンとなるミヤビ役はまだ発表されず謎のままとなっています。あっと驚くキャスティングがあるかもしれませんね。

また、予告動画も公開されていますが、木村文乃さんの演技を見ると、やはり堤作品ならではの演出が垣間見えました。

すでに女優として主役級のポジションの彼女ですが、『TRICK』での仲間由紀恵さんのように今回の『神の舌を持つ男』で更なる大ブレークを果たすかもしれませんね。

ストーリーのみならず、堤幸彦さんの演出による役者さんの演技、そして小ネタも非常に楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

神の舌を持つ男 第1話の視聴率予想

同枠の2016年春ドラマの視聴率は、

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』
初回放送視聴率 10.3%
平均視聴率 9.0%

視聴率としてはそこそこでしたが、ポイントは今回とは内容が大きく異なる点。恋愛ドラマに対し『神の舌を持つ男』はライトに見ることができる作品だと思われるため、もう少し視聴率を獲得することが出来ると思います。

『神の舌を持つ男』の初回放送視聴率は12%前後と予想します。

[adsense]

神の舌を持つ男 第1話の感想!

とうとう始まりましたね『神の舌を持つ男』。

向井理さん主演、堤幸彦さん演出で非常に前評判が高かったのですが、初回放送を見終えた感想としては、まあまあといった印象でした。

期待が高かったためにハードルが上がりすぎた感は否めません。個人的な感想ですが…

車の装飾、看板の字面、エキストラの演出などは、さすが堤作品といったこだわりの強いものでしたね。

さすがに小ネタは満載でした。

特に旅館の支配人がかつらを気にするシーンは、『TRICK』の矢部刑事を思い出しました。

また、片平なぎささんの手袋をはずすシーンはお決まりのパターンでしたね。若い人には馴染みがないと思いますが、非常に懐かしかったです。

予想したよりは小ネタがしつこくなく、程よくはいっていたのが意外でした。

全体的には、初回放送ということで、導入部分が非常に長く事件の本筋に入るまでが少しだらだらとしてしまいました。しかも事件解決のキモが余りにも化学など専門的過ぎて、視聴者が入りこめなかったのではと思います。

個人的には佐藤二朗さんのツッコミはいつものテンションの高い演技が良かったのですが…

しかし、まだまだこれからどういう展開になるか分からないので温かく見守って行きましょう!

ちなみに湯西川温泉は、栃木県日光市の日光国立公園内にある温泉です。ほとんどの旅館で露天風呂を設置していて、とても人気があるそうです。

スポンサーリンク