ブリーチ最新刊74巻発売日情報と73巻ネタバレ。最終回はいつ?

『BLEACH(ブリーチ)』は週刊少年ジャンプで2001年から連載中の久保帯人先生によるファンタジー・伝奇漫画です。

死神となった主人公・黒崎一護とその仲間の活躍を描いた漫画です。

2004年から2012年までアニメも放映されていた人気作で、『こち亀』『ワンピース』に続く長期連載になっています。

今回はその『BLEACH(ブリーチ)』の74巻発売日予想と73巻のネタバレ、最終回の予想についてまとめてみました!

スポンサーリンク

ブリーチ74巻発売日決定!

2016年8月22日発売の週刊少年ジャンプ38号に掲載された686話をもって『BLEACH』は完結しました。

こちらの記事を最初に書いた2016年6月の段階ではもう少し続くと思っていたのですが、74巻がブリーチ最終巻になります。

そして、そのBLEACH最終巻である74巻の発売日が決まりました!
2016年11月4日(金)です!

まだ詳細は発表されていませんが、15年に及ぶ長期連載かつ人気作品の完結なので、特装版などもでるかもしれませんね!

ブリーチ74巻の続報を待ちましょう!

スポンサーリンク

『ブリーチ』73巻のネタバレ!

『BLEACH』は基本1巻につき10話が収録されますが、物語の区切りの関係上11話収録していることもあります。

『ブリーチ』73巻収録予想話

664. The Gift

665. The Princess Dissection

666. 空っぽ、傀儡、伽藍堂

667. Bigger,Louder,Stronger

668. Bigger Faster Stronger

669. 刃II

670. The perfect crimson

671. The perfect crimson 2

672. Son of Darkness

673. Father

674. Father 2

673.のタイトルが674.の続きになっているので、10話収録の可能性は低く、11話収録の可能性が高そうです。

73巻のストーリーは星十字騎士団との戦いに終始します。

また、この巻で倒されるのも浦原と対峙していた「ナックルヴァール」のみで、「ジェラルド」や「ハッシュヴァルド」は健在のまま話は74巻に続きます。

特にジェラルドは不死身ぶりが激しすぎてどうやって倒すのかわからない状況です。

673.から最終章のラスボスと言われている「ユーハバッハ」との戦いが開始します。

そのため、物語の一区切りとして672.までの9話収録となる可能性もあります。

『ブリーチ』の最終回はいつ?

『ブリーチ』の最終回がいつごろになるか予想してみました。

あと数巻で最終回

もうすぐ最終回ではないか、という声は少なくないです。

『ブリーチ』73巻の表紙がこの巻で活躍が皆無な「阿散井恋次」であったことから、表紙のキャラ選定上、最終回が近づいてきていると考えている人が見受けられます。

また、「長年連載し、近くに最終回を迎えるジャンプ漫画が実写化」という情報があったことから、その実写化=最終回を迎える漫画がブリーチではないか、と予想している人もいました。

ただしこちらは他にも候補があるため、これだけで確定、と言える情報ではないようです。しかし、実写化の情報は要注目と言えそうですね。

『BLEACH』最終回はまだ先

一方で『BLEACH』最終回はまだまだ先だろうという声も少なくないです。

戦いの描写だけでかなりの時間をかける漫画なので、ラスボス戦突入とはいえ、敗北→撤退→再戦、という流れもあり得ます。

最終回はまだまだ先、というのも十分可能性としてあり得るでしょう。

結論としては「実写化の情報に要注目。実写化すれば完結が近い。そうでなければ完結はまだ先の可能性も」ということになりそうです。

[adsense]

ブリーチ最新刊74巻発売日情報と73巻ネタバレ。最終回はいつ?のまとめ

実写化の情報でにわかに完結の声も出始めた『BLEACH』。

ラスボスとの戦いも開始しましたが、このまま最終回へ向かうかどうかはもう少し先にならないと分からなさそうですね。

ジャンプ漫画実写化情報の続報次第で色々変わってきそうなので、この情報にはブリーチファンも要注目ですね。

以上、『ブリーチ』74巻発売日予想と73巻のネタバレ、最終回がいつごろになるかの予想をまとめてみました!

スポンサーリンク