ノラガミ最新刊18巻発売日情報!17巻ネタバレやアニメ3期予想も

『ノラガミ』は、自称“神”の夜トが活躍する現代和風ファンタジーバトル漫画ですね。

16巻が2016/3/17に発売されて4ヶ月、17巻の発売日が決まっています!

今回は17巻のネタバレと、続く18巻の発売日も予想、そしてアニメ3期はあるのかを考察してみました!

スポンサーリンク

『ノラガミ』17巻の発売日と18巻の発売日予想

さっそくですが、『ノラガミ』17巻は2016年07月15日(金)の発売予定です。

これは公式サイトでも発表されている確定情報です。

まだ表紙画像などは上がっていませんね。誰が表紙になるかワクワクしながら待ちましょう!

そして、17巻の発売日を踏まえて18巻の発売日を予想してみます。

過去の発売日を振り返ってみましょう。

『ノラガミ』既刊の発売日と発売間隔

12巻 2014年11月17日

↓5か月

13巻 2015年4月17日

↓5か月

14巻 2015年9月17日

↓2か月

15巻 2015年11月17日:『月刊少年マガジン』2015年8月号~11月号掲載分

↓4ヶ月

16巻 2016年3月17日:『月刊少年マガジン』2015年12月号~2016年3月号掲載分

↓約4ヶ月

17巻 2016年7月15日(金)発売予定(確定)

↓約5ヶ月

18巻 2016年12月16日(金)(予想)←NEW!!

過去の発売間隔を振り返ると、直近の2冊は4ヶ月間隔で出ていますので、『ノラガミ』18巻は4ヶ月後となりそうですが、月刊少年マガジン8月号では休載となることが予告されていますので、私は5か月後だと予想します。

『ノラガミ』18巻は2016年12月16日(金)発売!…と予想。

【2017.1/13追記】ノラガミ18巻発売日決定!

ノラガミ18巻の発売日が2017.2/17(金)に決定しました!(ちょっと予想外しちゃいましたね…ごめんなさい!)

ちなみにノラガミ電子書籍版をどこよりもお得に購入するにはeBookJapanがオススメです!

スポンサーリンク

『ノラガミ』17巻のあらすじ(ネタバレあり)

単行本には4話分収録されますから、17巻には第64話『いとしきひとよ』~第67話『己がもの』が収録されると思います。

63話は天の軍につっこむ毘沙門天を上空から父様が愉快そうに見つめているというところで終わりました。

第64話『いとしきひとよ』

毘沙門天の館に兆麻が戻り、毘沙門天に大逆の罪が着せられていることを神器たちに話します。

しかし、罪は道しるべである自分にあるとして、身代わりになろうと彼女の元へ駆けつけようとします。

剣を交えている夜トとタケミカヅチ。夜トは、毘沙門天は謀反などしていない、術師を倒したいだけと訴えますが、聞き入れられません。

父様を目指して天の軍に突っ込む毘沙門天は、シナツヒコ・サクヤビメの術で身動きができなくなりますが、兆麻を思い出して術を切ります。

父様は辿りついた傷だらけの毘沙門天の手を一度は取りますが、「きっと今日気づける」「自分には誰も救えないってね」と言い、そっと手放します。

第65話『カ日』

兆麻が、毘沙門天が戦った戦場へやってきてそこでひよりと会います。

そこで毘沙門天が神々に襲われたことや、夜トが無罪を訴えてタケミカヅチと戦っていることを知ります。

夜トとタケミカヅチの戦いは続きます。

夜トが再び攻撃を食らいそうになったところで、雷除けの呪い歌が聞こえます。

兆麻の援護でした。

毘沙門天と父様の戦いが始まり、それにより七が生前の記憶を取り戻します。

父様はその記憶を挑発してさらに怒りや憎しみを爆発させようとしますが、七は「私は戦って死んだ」「二度目もそうありたい」と父様に挑みます。

兆麻の方はカグヅチと邂逅し、自分の首を差し出すから申し開きの場を設けてほしいと取次ぎを願い出ますが、即座に却下されます。

その数瞬後、下げていた頭を上げた兆麻は、なぜか聞き分けよく毘沙門天の代替わりを認めることをいいます。そして、主の死に水をとるとその場を去りますが、その首には目玉が現れます。

第66話『埋み火』

夜トとタケミカヅチの戦いの中で、タケミカヅチの過去が明かされます。

タケミカヅチは古参の神器たちの企てで代替わりさせられていました。

敵を失くして力を持て余していた先代のタケミカヅチは、神器をささいな罪で手討ちにしており、神器たちの不満が爆発したからです。

そして、幼い二代目タケミカヅチが何も知らないことをいいことに、その子にすべての罪を押し付けたのです。

さらには、タケミカヅチは雷も封じられていました。

黄云は雷を使うようにと言いますが、刀だけで夜トと戦います。

自分が切られれば、雷を使うのではないかとして、気云は夜トにわざと斬られますが、タケミカヅチの反応はありません。

「祝になる機会を二度も逃すとは・・・」と冷たく言い放ちますが、次の瞬間、タケミカヅチが振るった刀から巨大な雷が放たれます。

第67話『己がもの』

タケミカヅチが雷を振るい、夜トは雪器に傷が入っていることに気づいて庇ってしまいます。

それでも雪音は自分を使えと夜トを叱咤し、タケミカヅチを倒そうとします。「夜トだけは死なせない」雪音はそう誓ったことを思い起こします。

一方で兆麻は、カグヅチから逃げていますが、囷巴に毘沙門天の元に行くように頼みます。行ってどうするのかと尋ねる囷巴に、「連れて逃げる」と言います。

兆麻と黄云の回想に至ります。

祝になったばかりの兆麻に貴云が話しかけます。

主を全肯定する兆麻に黄云が寂しそうな表情をみせ、「わが君が大罪を犯したとあらば」「刺し弑してでもお止めする」と言います。

再び夜トvsタケミカヅチの場面にうつります。

むちゃくちゃに雷を振るうタケミカヅチに、黄云はむかし古老に抑圧されていた姿を思いおこします。

タケミカヅチは雷をまとい神器で夜ト達を攻撃してきますが、雪器に弾かれます。

タケミカヅチは夜トの喉元を傷つけますが、止めにはいたりません。傷ついた神器たちが、タケミカヅチには付いていけないと悲しそうに見つめます。

逆に、夜トは「ウチのはいつだって」「オレの味方だ」と一閃を振るい、タケミカヅチを切り裂きます。

『ノラガミ』18巻にはここまで収録されると思います!タケミカヅチとの戦いに決着はつくのでしょうか?!

[adsense]

ノラガミ、アニメ3期はあるの?予想も!

気になる『ノラガミ』アニメ3期の情報ですが、原作の方がまだ続いているので、3期の放送は気になりますね。

2期の最後で黒幕が出てきたので、第3期に話を持ち込む終わり方になっています。

原作を知らず、アニメだけを見ていた人には、3期がないと話が終わらないですね。

恐らく『ノラガミ』3期は放送されるとは思いますが、調べてみたところ、3期のアニメ化はまだ発表されていません。

単行本の発売状況から予測していくと、現在は16巻まで発売され、1期は1巻~3巻、2期は4巻~10巻の放送となっており、巻数のストック自体は足りているように感じます。

ですが、1期と2期との間が約1年半も空いています。

それを考慮した上で予測を立てると、2期の終了が2015年12月に終わっているので、放送されるとすれば、早くて2017年の7月頃になるのではないでしょうか。

アニメ化の発表は放送の半年以上前にされることが多いので、発表があるとすれば2016年中にあるのではないかなと思います。

情報をチェックして待ちましょう!

スポンサーリンク