七つの大罪アニメ2期は原作のどこまで?聖戦の予兆放送後に発表?

『七つの大罪』は週刊少年マガジンで連載中の鈴木央先生によるファンタジー漫画です。

2016年6/17(金)には最新刊の21巻が発売されました。

今回は七つの大罪アニメの2期の予想として、8月から放送される新作アニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』についての紹介と、そこから2期の放送時期や原作のどこまでやるかなどを考察してみました!

スポンサーリンク

七つの大罪の新作アニメ『聖戦の予兆(しるし)』とは?

「七つの大罪 聖戦の予兆」は2016/8/28(日)から放送が予定されているアニメです。

4話ともアニメオリジナルのエピソードが描かれるとのことです。

原作で描かれている、1期の続編が描かれるわけではないので、これは2期ではないという認識でよさそうです。

地上波での放送ですが、性質的にはOVA(オリジナルビデオアニメーション)に近いと思われます。

スポンサーリンク

七つの大罪アニメ2期はいつごろ?『聖戦の予兆』放送終了後に発表する?

『七つの大罪 聖戦の予兆』の舗装終了後にアニメ2期発表があるかどうかですが、その可能性は非常に高いと思われます。

4話という短い話でアニメオリジナルの展開ですから、続編放送への期待が高まるような作り方がされているからです。

また、サブタイトルも続編の制作を匂わせるようなタイトルです。

『七つの大罪』アニメ2期が放送されるとする場合、『聖戦の予兆』が1期と同じ「毎日放送制作日曜夕方5時枠」で放送されるので、2期も同じ時間帯で放送される可能性が高くなったと思われます。

しかし『七つの大罪 聖戦の予兆』放送後の2016年10月からは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ セカンドシーズン』が2017年3月まで放送予定となっていますので、七つの大罪アニメ2期は最速でも2017年4月以降となります。

『七つの大罪 聖戦の予兆』の後に発表する場合、2017年には放送を開始すると思われるので、2017年4月、2017年7月、2017年10月のいずれかに放送開始する可能性が高いです。

この辺りは既に2期制作を発表した『僕のヒーローアカデミア』との兼ね合いなどで変化してきそうです。

七つの大罪アニメ2期は原作のどこまで?

七つの大罪のアニメ1期では第1部とされる「聖騎士編」の終わりまで放映しました。

よって2期は第2部とされる「魔神族編」の終わりまで放映する可能性が高いと思われます。

ただし、2016年6月時点では原作においても魔神族編はまだ途中であり、ストーリー的にも収拾がつかない状況になっており、終わりがはっきり見えない段階なので、魔神族編が2クールで収まるような物語になるかどうかはまだはっきりしていません。

第1部が13巻までの内容であったので、第2部が26巻前後で終わるかどうかが2期のストーリーがどこまでやるかの鍵になってきそうです。

鈴木先生による「七つの大罪は3部構成」「20巻が折り返し」というコメントを吟味すると、26巻前後が魔神族編の完結となる可能性は高そうなのですが、こればかりは鈴木先生のみぞ知る、といったところでしょう。

[adsense]

七つの大罪アニメ2期の放送時期や原作のどこまでかについてのまとめ

新作アニメ「聖戦の予兆」の放送により、さらなる盛り上がりを見せることが確実視されている七つの大罪。

1期では七つの大罪メンバー7名のうち、エスカノールだけが登場せずに終わってしまったので、彼が動くシーンに期待する声も多いです。

もしかすると『七つの大罪 聖戦の予兆』でエスカノールが顔見せして2期へ、という流れがあるかもしれませんね。

以上、七つの大罪の新作アニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』の紹介や2期の放送時期・原作のどこまでかの考察をでした!

スポンサーリンク