ブラックラグーン11巻発売日は?最新刊10巻ネタバレと連載状況も

月間サンデージェネックスで連載中の『BLACK LAGOON(ブラックラグーン)』。

コアなファンが多く、登場人物の台詞一つ一つが大変魅力的な漫画です。

アニメ化もされ、オープニングの曲は主人公レヴィの生き様を歌詞にし、ファンを魅了しました。

ブラックラグーン11巻発売日や、10巻ネタバレ、連載状況などたっぷりとご紹介していきます。

スポンサーリンク

『BLACK LAGOON(ブラックラグーン)』11巻発売日は?

『BLACK LAGOON(ブラックラグーン)』11巻発売を楽しみにしている方は多いのではないでしょうか?

まだ11巻は発売される予定はないようですが、今までの発売状況を見ていきたいと思います

『BLACK LAGOON』発売状況

1巻:2002年12月12日

↓約1年7ヶ月

2巻:2003年7月19日

↓約9ヶ月

3巻:2004年4月19日

↓約1年3か月

4巻:2005年7月19日

↓約8ヶ月

5巻:2006年3月17日

↓約8ヶ月

6巻:2006年11月17日

↓約11ヶ月

7巻:2007年10月19日

↓約9ヶ月

8巻:2008年7月18日

↓約1年3ヶ月

9巻:2009年10月24日

↓約4年6ヶ月

10巻:2014年5月19日

9巻が発売されてから約4年程たっています。

10巻も発売されてから早2年。

11巻の発売日を予想してみようと思いましたが、実は現在、月間サンデージェネックスの方での連載は休止されているようです。

発売されるのはまだまだ先になりそうですね。

作者のみぞ知る…

スポンサーリンク

『BLACK LAGOON(ブラックラグーン)』10巻のネタバレ

『BLACK LAGOON(ブラックラグーン)』10巻のネタバレをご紹介しいていきます。

ロベルタとの一件が終わり、根っからの悪人ではないロックは首を突っ込んだ事により、今回の一件で自分の立ち位置がどこにあるべきかを再認識する事となる。

後悔しか残っていないロックの元に、再びジェーンが帰還する。

ジェーンはハッカーでもあり、偽札作りの天才。

彼女の腕を見込みHNヴァイオレット・スピア、馮亦菲(フォンイッファイ)が仲間に入りたいとジェーンの元にやってくる。

しかし馮は別の目的があった。

「偽札作りのグループに潜入し、その技術を奪う事」

彼女の正体は五級士官、解放軍の兵士の一人だった。

ジェーンに怪しまれないように動く馮だったが、最初からジェーンには見抜かれていた。

そして上司の裏切り。

「李五級士官、ロアナプラに散ってくれ」

馮は命の危険を知り脱出を図る。追ってに追われながら、ロック達を待ち伏せし、手を貸すように頼む。

断るレヴィとはうらはらに、ロックは過去の自分と馮を重ね、協力する事にする。

キーワードは「アーネンハイツ流通」

馮達は無事に追ってから逃れる事はできるのか!?

ここまでがブラックラグーン10巻の話になっています。

『BLACK LAGOON(ブラックラグーン)』連載状況、作者・広江礼威先生の現状は?

発売日紹介の方にも少し触れさせてもらいましたが、今現在は連載は休載されているようです。

作者の広江礼威さんの体調不良だと世間では騒がれていますが、色んな噂が後を絶ちません。

・HUNTER×HUNTERの冨樫義博病と同じ。

・たばこの吸いすぎが原因。

・同人雑誌に力を入れている。

・イラストレーターに転職

など、どれが本当なのか、分からないのが事実ではあります。

HPも2009年から更新されていませんが、広江礼威さんはTwitterをされていて、頻繁に更新されています!

これが固定ツイートにされていて、URLを飛んだ先のFC2ブログの方を更新されているようですね。

ゲームセンターで稼働しているカードゲーム『コードオブジョカー』と『BLACK LAGOON』がコラボするようです。

2016年7月20日からの限定カードのようなので、ファンなら欲しい一品ではないでしょうか!

他のツイートを見ていると

何かの仕事をされているのは確かなようですね・・・。

レヴィの事に関しての呟きなので、作者も『BLACK LAGOON』の事を忘れているわけではないようです!

ブラックラグーン11巻発売日は?最新刊10巻ネタバレと連載状況ものまとめ

今回は根強い人気を誇る『BLACK LAGOON(ブラックラグーン)』についてご紹介しました。

いつ連載が再開されるか、ファンには待ち遠しいですね。

『BLACK LAGOON』の世界観は、半端なくかっこいいです!

是非この機会にロアナプラの世界に入り込んでみるのはいかがでしょうか!?

広江礼威先生、連載再開を待っています。

スポンサーリンク