いぬやしき7巻発売日はいつ?6巻ネタバレと感想も。実写化はある?

マンガ『いぬやしき』は『GANTZ』で有名な奥浩哉先生の漫画で、イブニングで連載されています。

謎の宇宙人によって体を機械化された「犬屋敷壱郎」と「獅子神皓」の対照的な性格をした2人の活動を中心に描いています。

今回はいぬやしきの7巻発売日予想と最新刊6巻のネタバレとネット上の感想、そして実写化について調べてみました!

スポンサーリンク

いぬやしき7巻発売日予想!

いぬやしきは単行本の発売間隔が5か月間→4か月間の周期を繰り返して発売しています。

5巻の発売日が2015/11/20(金)、6巻の発売日が2016/4/22(金)と5か月間隔であったので、次の7巻は6巻発売から4か月後の8月発売が有力です

イブニングの単行本は基本的に23日発売(5巻と6巻は土日祝によって発売日がずれています)ですので、いぬやしき7巻の発売は2016/8/23(火)と予想されます。

もし8月に発売されなかった場合は2016/9/23(金)発売となる可能性が高いです。

いぬやしき7巻発売予想日

2016/8/23(火)

スポンサーリンク

いぬやしき最新刊6巻のネタバレとネット上の感想!

いぬやしき最新刊6巻について、ネタバレ情報とネット上の感想をまとめてみました!

いぬやしき6巻のネタバレ!

いぬやしき6巻では第45話~第53話まで収録されています。

いぬやしき6巻収録話

第45話 強襲

第46話 ごめん

第47話 麻理

第48話 集中砲火

第49話 見届けてよ

第50話 覚醒

第51話 まだだよ

第52話 尾行

第53話 宣言

いぬやしき6巻は獅子神側がストーリーの中心になっています。

獅子神が彼を匿っていた渡辺しおんと共に特殊部隊に襲われます。

渡辺は獅子神の手によって蘇生しますが、獅子神は渡辺と別れ、警察署を襲撃し、特殊部隊ともども圧倒していきます。

そして日本に対して事実上の宣戦布告をし、日本を滅ぼすために、獅子神はついに民間人にまで手を出し始めました。

犬屋敷側では娘の麻理が父の秘密を目撃するシーンが描かれています。

父の秘密を知った麻理がどう動くのかが今後の注目点になると思われます。

また、「小惑星が地球に接近、衝突の恐れ」というニュースがストーリの中に差し込まれており、おそらく何らかの伏線になると思われます。

これが獅子神と犬屋敷の2人にどう絡んでくるかが注目です。

ちなみに「宮根誠司さんに似たモブキャラ」についてTwitterなどで話題になっていますが、そちらは第54話の話であるため、7巻に収録予定となっています。

いぬやしき6巻のネット上の感想!

最新刊6巻のネット上の感想ですが、「素直に面白い」という意見が多く見られました。

話自体はゆっくりとした進行で、じわじわと広がる獅子神の恐怖についてしっかり描かれている感じがするという感想がある反面、「もどかしい」という感想があったり、「あっという間に読み終わってしまった」という感想もあるようです。

また、映画へのオマージュが見られるとの感想も一定数ありました。

いぬやしきの実写化はある?

奥先生の前作「GANTZ」は2011年に実写映画化されており、いぬやしきについても実写化の期待が高まりますが、実写化についての情報について調べてみました。

実はいぬやしきの実写版ポスターというものが6巻発売に合わせて制作されており、6巻発売直後からゴールデンウィーク期間中まで渋谷で掲示されていました。

このポスター企画により、今後の実写映画化に期待する声も大きくなってきています。

ただ現在は「GANTZ」のフル3DCGアニメーション映画が10月公開に向けて進行中であるため、奥先生の負担を考えると、いぬやしきが実写映画化されるとしても本格的な企画進行は10月以降になる可能性が高いと思われます。

[adsense]

いぬやしき7巻発売日と6巻ネタバレ&感想、実写化情報についてのまとめ

現状での最新刊である、いぬやしき6巻では日本殲滅に動き始めた獅子神の動きがクローズアップされていました。

7巻以降では犬屋敷が獅子神に対してどう動くのかが注目になってきそうですね。

実写化についてはポスター企画はあったものの、映画化などについてはまだ先の話になりそうですが、GANTZのように高い評価を得られる映画化に期待したいですね。

以上、いぬやしき7巻発売日と6巻ネタバレ&感想、実写化情報についてまとめてみました!

スポンサーリンク