グッドパートナー最終回ネタバレと感想!視聴率やシリーズ続編は?

2016年も6月に入り、春ドラマの最終回が日々放送されていますね。

テレビ朝日系木曜日21時から放送中のグッドパートナーも6/16(木)放送の第9話で最終回を迎えます。

竹野内豊さん演じるイケメンなのに人間臭い弁護士姿にハマる人も続出している『グッドパートナー 無敵の弁護士』の最終回ネタバレと感想、視聴率、シリーズ化の可能性についてまとめていきましょう!

以下、ネタバレが含まれておりますので、お気を付けください!

スポンサーリンク

グッドパートナー最終回のネタバレと感想

夏目(松雪泰子)の移籍問題でもう少し尺を取るかと思ったら、冒頭であっさりヴィーナス法律事務所へ移籍してしまいましたね。

もう少し気持ちの揺らぎなどを描いてほしい気もしましたが、このテンポの良さも『グッドパートナー』の魅力ということで受け入れることにしました…!

そして、赤星(山崎育三郎)がアソシエイト弁護士からパートナー弁護士へと昇格したので、このあたりは続編で描いてくれることを期待ですね。

その後は咲坂(竹野内豊)と夏目が知人の離婚問題で争う展開に。

最終回のあらすじはこちら

最初は離婚についてが焦点でしたが、徐々にストーリーは妻の独立を支援していた、うさんくさい芸能関係者を追い詰めるために夏目と咲坂で協力する展開に。

夫婦間の争いの発端となった仮想敵をお得意の勧善懲悪的展開で倒し、離婚問題も無事解決。

その一連の流れから咲坂と夏目も自分の気持ちに正直になり、やり直すことを決意するという怒涛の展開。

さらにラストの10分弱で後日談的に新たなスタッフを迎えた神宮寺法律事務所の様子を描いたりと、かなり駆け足な展開という感想は正直抱かざるを得なかった最終回でしたが、このテンポでストーリーをしっかりと描くのは制作スタッフの方々、上手いなぁという印象です。

弁護士モノとしては7〜8話が一番おもしろかったというのが正直な感想ですが、最終回は続編に向けたジャブということで捉えれば、納得でした。

『グッドパートナー』2期も放送してほしいですね!

スポンサーリンク

グッドパートナー最終回の視聴率は?

2016年の春ドラマは低視聴率の話題が多かった印象です。(主にフジテレビですが…)

そんな中『グッドパートナー 無敵の弁護士』は地味に着実に視聴率を獲得したダークホース的な作品という印象がありますね。

グッドパートナーの視聴率は初回の12.9%が最高で、その後は少し低迷してはいるものの、直近の2話は11.7%(第7話)と11.8%(第8話)を記録し、上昇傾向にあります。

最終回の予告では松雪泰子さん演じる夏目が最終回にして、別の事務所へ移籍?という急展開が描かれており、これまで見てきた視聴者としては結末が非常に気になるところです。

それを考えると直近2話以上の高視聴率が期待出来るので、グッドパートナー最終回の視聴率は初回に記録した12.9%を超えられるか?というところに注目です!

グッドパートナー最終回の視聴率は10.3%

グッドパートナー最終回に視聴率は10.3%ということで残念ながら思ったよりも伸びませんでしたね…

ただ、ネットで「グッドパートナー」と検索をすると関連ワードに「続編」と出てくることからも視聴者満足度は高い作品だったのではないでしょうか?

テレビ朝日さんには是非、続編制作を検討していただきたいですね。

グッドパートナー続編の可能性は?

テレビ朝日は『相棒』を筆頭に職業モノドラマのシリーズ化を最も得意とする放送局です。

私としては『グッドパートナー 無敵の弁護士』も良い意味で非常にテレビ朝日的な作品という感想です。

毎週楽しみに見ていた視聴者としてはグッドパートナーの続編、シリーズ化は非常に気になりますよね?

今のところ、続編に関する情報は発表されていませんが、水曜21時の刑事ドラマ枠で放送されている『警視庁捜査一課9係 season11』の平均視聴率が12.1%、『グッドパートナー』8話までの平均視聴率が10.8%と近い数字を叩き出していることを考えると大いにあり得るのではないでしょうか?

『グッドパートナー 無敵の弁護士』シリーズ化の鍵はキャスト陣?

また、少し失礼な感想になりますが、『グッドパートナー』は旬な役者さんが出ていないというのも大きいと思います。

旬な役者さんは今はスケジュールを押さえるのが大変ですし、その後の人気がどうなるか予測が付きづらいというデメリットがあります。

しかしグッドパートナーのメインキャストである、竹野内豊さん、松雪泰子さん、杉本哲太さん、國村隼さん…etcはこれから爆発的に人気が出ることも、人気が低迷してしまうことも絶対にない、安定感抜群の方々です。

シリーズ化する上で、主要キャストのスケジューリングは非常に大事なポイントになると思うので、その点でも『グッドパートナー』続編の可能性は大きいのではないでしょうか?

現在、賀来賢人さんが演じている新人アソシエイト弁護士のポジションに、若手で話題性のある役者さんをキャスティングしていくことで、若年層視聴者の獲得もしやすそうですし、是非『グッドパートナー 無敵の弁護士』2ndシーズンを作ってほしいですね!

[adsense]

スポンサーリンク