渡島地方東部で震度6弱の地震。北海道函館市余震の可能性は?

2016年6月16(木)午後2時21分ころ北海道南部、渡島地方東部で震度6弱(M5.3)の地震が発生しました。

北海道函館市では震度6弱を記録しましたが、震度5以上の地域は他に無い、少し珍しいタイプの地震でした。

震源が内浦湾10kmという非常に浅いところだったため、局地的に大きく揺れた可能性が高そうです。

なお、この地震による津波の影響は無いということで、その点は安心ですが、余震の可能性などもありますので、近隣にお住まいの方は引き続き警戒が必要と考えられます。

スポンサーリンク

渡島地方東部震度 交通への影響は?

6/16(木)午後14時30分の段階では北海道新幹線への影響はありませんが、JR北海道の発表によると特急数本への影響が出ているようです。

また、空の便への影響も報道されていません。

今後の余震によって状況は変わる可能性がありますが、北海道南・函館市での震度6弱の地震での交通への影響は軽微のようです。

また、周辺の各原発への影響もないとのことです。

スポンサーリンク

北海道函館市役所被害は?

地震発生15分後に函館市役所の方がテレビの電話取材を受けていましたが、函館市役所に目立った被害は無いとのことでした。

縦揺れが数十秒続いた後に、大きな横揺れになったとのことです。

また、同番組で解説をしていた筑波大学・八木勇治准教授によるとこの地域は地震発生しやすいエリアと話しており、少し意外でした。

M5.3ということで地震のエネルギーとしてはそこまで大きくないので、震度6弱を記録した理由として、震源の浅さと地盤の緩さの可能性を指摘していました。

余震の可能性についても話していましたが、震源の浅いところで発生した地震のため、余震も浅い震源で発生する確率が高いとのことでした。

余震は本震のマグニチュード-1を目安とするため、2時21分ころの地震がM5.3だったので、M4.3程度の余震が発生する可能性を指摘していました。

震源が浅いとマグニチュードは小さくても大きな揺れになる可能性があるので、少しの間函館周辺にお住まいの方は余震への警戒が必要となりそうです。

北海道函館市震度6弱地震発生時のTwitterの反応

[adsense]

引用させていただいたツイートにもありましたが、北海道は広いですし、震度6弱を記録したのが函館市のみということで、北海道在住の方が「そんなに揺れたの?」といったつぶやきをしているケースが多かったですね。

スポンサーリンク