鈴木亮平、出身高校の偏差値がスゴい!?英語が堪能なのも納得。

鈴木亮平さんの快進撃が止まりません!

2014年4月から放送中の『花子とアン』で主人公・村岡花子(吉高由里子)の夫役を演じ、一気に知名度を上げ、現在は園子温監督の話題作『TOKYO TRIBE』にメインキャストのひとりとして出演中です。

14092102

『花子とアン』はNHKの連続テレビ小説ということで、昨年は『あまちゃん』の大ヒットで能年玲奈さん、橋本愛さん、福士蒼汰さん、有村架純さんといったフレッシュな役者さんが一気にブレークしましたが今年は鈴木亮平さんですね。

ちなみに現在公開中の『TOKYO TRIBE』はギャングの抗争がストーリーの軸となっている上に、セリフをHIPHOPで展開するという朝のNHK連続テレビ小説とはかけ離れた作品。

現役のプロのラッパーが数多く出演している作品なのですが、先日ラジオでRHYMESTERの宇多丸さんが鈴木亮平さんのラップを絶賛していました。

本業の方をも唸らせるラップを表現出来た理由のひとつにはずば抜けた語学力が挙げられます。

[adsense]

スポンサーリンク

鈴木亮平さんの出身高校の偏差値は?

鈴木亮平さんは最近では映画のプロモーションもあり、バラエティ番組へ出演する機会も増えています。

そこで取り上げられるポイントしては肉体美と流暢な英語。

鈴木亮平さんは兵庫県西宮市出身ということで高校までは兵庫県内の学校(兵庫県立芦屋南高等学校、現兵庫県立国際高等学校)に通い、高校卒業後に上京し、最終学歴は東京外国語大学外国語学部卒業なんですね。

英検1級を持っているのも納得です。

東京外国語大学は有名ですが、兵庫県立国際高等学校は知らなかったので気になって調べてみました。

偏差値は「高校偏差値ランキング2015」によると58ということで、ずば抜けて高い偏差値の高校という訳ではなさそうです。(ちょっと意外でした)

しかし、国際系の高校に絞ってランキングを見ていくと兵庫県内で上位3校には入るくらいのレベルのようなので、国際系ということで受験する生徒が限られるために偏差値の数値が少し低めになっていそうです。

肉体美からも感じますが、何事にもストイックに向き合う性格なんでしょうね。

また、トークなどを見ていると頭の回転の早さに驚かされます。(しかもそれに嫌味がないのがスゴい!)

現在31歳ということで俳優としては遅咲きかもしれませんが、他の俳優さんには真似の出来ない魅力をいくつも持っているので、さらなる活躍は間違いなさそうです。

【関連記事】
鈴木亮平の妹も芸能人?

スポンサーリンク