ベルセルク39巻発売日予想と最新刊38巻ネタバレ。完結はいつ?

1989年から20年以上にわたって、ヤングアニマルにて連載中の大人気の漫画『ベルセルク』ですが、休載することも多いようで、ファンの方の間では、次の新刊がいつ出るのかが話題となっています。

ということで、『ベルセルク』39巻はいつ出るのか、最新刊38巻のネタバレや、完結はいつなのかについてもまとめてみました!

スポンサーリンク

ベルセルク39巻発売日予想

最新刊の38巻が、2016/6/24(金)に発売されることとなりました!

ベルセルクはこれまで、休載することも多く、発売日にもばらつきがあるようです。

ですが、37巻から38巻の発売までは3年空いていて、これだけの期間、新刊がでなかったのは初めてでした。

では、過去の発売日を見ていきましょう。

『ベルセルク』コミックス発売日

第34巻 2009年9月

第35巻 2010年9月

第36巻 2011年9月

第37巻 2013年3月

第38巻 2016年6月

『ベルセルク』34巻~36巻は1年間隔でしたが、以降は1年半から3年とばらつきがあります。

ちなみに、『ベルセルク』31巻までは半年に1回ペースだったのが、以降は1年に1回ペースとなっています。

色々踏まえて考えると、作者の体調の浮き沈みもあるようなので、何日に発売かまでは予想できませんが、ベルセルク39巻の発売日は2017年9月頃となるのではないでしょうか。

作者の体調第一なので無理は言えませんが、やはりファンの方からすると新刊が早く出てほしいと思いますよね。

楽しみに待っていた方が多いようですね!

スポンサーリンク

『ベルセルク』最新刊38巻のネタバレ

グリフィスに会うことになったリッケルトは、ロクスにある場所に案内されます。

ある場所とは、一般の兵たちは怖がって近づかない万魔殿で、光の鷹の近衛師団、戦魔兵共の巣ということなのです。

リッケルトは万魔殿に入るのですが、どうやらグリフィスが使徒(化物)を部下にしているようなのです。

その様子を見たリッケルトは、「まるで地獄絵図だ」とつぶやきます。

ついにグリフィスの前にたどり着いたリッケルトは、グリフィスに「それでも同じ夢を見るのか、あの剣の丘での答えは出たか?リッケルト」と問われます。

リッケルトは、グリフィスの頬を叩きました。

リッケルトは、ウインダムに皆と一緒にグリフィスを救いに行けなかったこと、見送ることしかできなかったことを、とても後悔したと、グリフィスに告げます。

その後に、あの剣の丘を立てたのは俺だと怒り、続いて「俺は白い鷹グリフィスが率いる鷹の団。団員リッケルト。団長は光の鷹じゃない、さようなら」と言い残し、グリフィスの元を去っていくのです。

ここまでが最新刊38巻のネタバレとなります。

グリフィスに憧れていたリッケルトだからこそ、去るときは辛かったでしょうね。

ベルセルクの完結はいつ?

休載が多々ある『ベルセルク』なので、ファンの方からは、この漫画は完結するのか?といった疑問がよく出ているようなのです。

作者自身も、自分の体調が不安定なこともあり、この漫画を完結させることができるのか、不安に感じているようです。

ですが、まだまだ続きそうな内容ということに加え、ヤングアニマルの看板漫画ということもあるので、ベルセルクが完結するのはしばらくないと思います。

完結するのは、50巻以降となるのではないかと予想します。

ファンの方にとっては、どんな終わりになるか知りたい気持ちもありますが、終わってほしくないといった複雑な心境のようですね。

終わりがどんな感じになるのかも、気になっている方が多いようですね!

[adsense]

ベルセルク39巻発売日予想と最新刊38巻ネタバレ。完結はいつ?のまとめ

ついに待ちに待った38巻の発売も決まり、ベルセルク39巻も早く出てほしいと思っている方が多いようですね!

休載が多々あり、発売時期が大きく左右される漫画でもあるので、発売日を予想するのが難しい漫画のようです。

ですが、20年以上連載が続いている人気漫画なので、発売されるまでの期間も色々内容を予想しながら、楽しみに待ちたいところですね!

スポンサーリンク