黒執事24巻発売日情報!23巻ネタバレと感想も。アニメ4期は?

2006年から月間Gファンタジーにて連載中の漫画『黒執事』は、全世界累計2000万部を突破するほど、日本だけでなく世界にまで名が知れている漫画となっています。

アニメも3期まで放送されるほどの、人気を誇っています。

では、気になる『黒執事』24巻の発売日情報や、23巻のネタバレと感想、アニメの4期はどうなるのかについてもまとめてみました!

スポンサーリンク

黒執事24巻発売日情報!

『黒執事』は年に2~3回ペースで、新刊が発売されています。

月間雑誌で連載されている漫画なので、このペースは妥当と言えますね。

では、『黒執事』の過去のコミックスの発売日を見ていきます。

黒執事コミックス発売日

19巻 2014/6/27発売

↓6ヵ月

20巻 2014/12/27発売

↓5ヵ月

21巻 2015/5/27発売

↓6ヵ月弱

22巻 2015/11/18発売

↓6ヵ月強

23巻 2016/5/27発売

過去の傾向を見ていると、黒執事はだいたい5ヵ月から6ヵ月間隔で新刊が発売されていますね。

日程をみると、27日に発売されることが多く、次に18日に発売されることが多かったです。

27日や18日が日曜日の場合、印刷所などの関係で、その前の土曜日か、次の月曜日に発売されるようです。

23巻の最後に、今冬発売とあったのでそれを踏まえると、18日が日曜日なので、2016/12/17(土)が発売日の第1候補として挙げられます。

第2候補は、2016/12/27(火)となるのではないでしょうか。

世界にまで人気が及ぶほどなので、読者の方からすると、発売日が楽しみで仕方ないといった感じでしょうね!

【追記】黒執事24巻発売日決定!

黒執事最新刊24巻は2016.12/27(火)発売で決定しました!

スポンサーリンク

黒執事23巻のネタバレと感想

最新刊23巻では、【青の教団編】の109話から114話まで収録されています。

黒執事24巻が発売される前に、23巻のおさらいをしていきましょう。

『黒執事』23巻ネタバレ

109話

ある日、放校処分となった前監督生のハーマン・グリーンヒルがミットフォードの屋敷を訪ねてきます。

グリーンヒルに集会に誘われ、エドワードはしぶしぶ了承します。

そこでエドワードの目に入ったのは、自身の指を傷つけて出た血を、星座のイラストが描かれた杯に入れているブラバッドという占い師でした。

エドワードは妹のエリザベスに集会に行ったことを話すと、エリザベスも興味を示します。

後日シエルの元にエドワードがやってきて、「エリザベスが家出した」という事実が告げられます。

110話

シエルはエドワードから、1ヵ月前にグリーンヒルに誘われた集会に行った時の様子を聞きます。

そこで占い師・ブラバッドに出会ったエリザベスは、シエルに強いこだわりを持っていると言われ、自分の胸の内を当てられたと思い、集会に通うようになったのです。

シエル・セバスチャン・エドワードは、ミュージックホールに潜入し、笑顔の参加者に、気持ち悪さを感じます。

占い師のところに立ったセバスチャンに、ブラバッドは「人間じゃないだろ」と告げます。

111話

ブラバッドに「君はブラックホールだ」と言われ、そこに反応した人々に追い出されてしまいます。

シエルは占いを受け、銀純製のブレスレットをブラバッドからもらいます。

午後11時に祝歌(キャロル)が始まりますが、いつもと違うようです。

そこには、頭まで衣をまとった怪しげな集団が現れます。

112話

壇上に現れたローブを纏った5名の男たちは、独自の賛美歌の合唱を始めます。

合唱の後、ローブの下からはかつてウェストン寄宿舎学校でP4として名をはせた先輩の、レドモンド・グリーンヒル・ブルーアー・バイオレットの4名でした。

セバスチャンは、ミュージックホールの外のバーで、娼婦に逆ナンされていました。

セバスチャンは、娼婦からブラバッドが配るブレスレットがあれば入れる特別な部屋があると聞き、そこにエリザベスがいるのではと推測します。

113話

シエルは、ミュージックホールの調査の手を広げることにします。

ブラバッドからもらったブレスレットは、それぞれ入れる曜日が決まっていて、シエルのブレスレットは保持者が少ないようでした。

シエルは単独で乗り込むと、不思議な香りとハープの音と共に眠ってしまいます。

そこに、警視庁のアバーライン警部が現れて、外傷もなく、眠っているような不思議な亡骸が上がっていることを告げられます。

セバスチャンが捜索していると、森の中で複数の亡骸を見つけます。

シエルは目を覚ますと、立ちくらみがして、バイオレットに支えられます。

114話

セバスチャンと合流したシエルは、眠っているような亡骸について話していると、シエルから血の匂いを感じ取ったセバスチャンは、シエルの服を脱がせると、シエルの左腕には注射針の跡がありました。

サリヴァンの元で診察を受けると、毒の症状はなく、輸血として血を抜かれたのではないかと言われます。

一方夜のロンドンの街では、死神グレルが、亡骸の検分をしていました。

グレルの元に、科捜課の死神から現場の調査をしていることを聞かされます。

ここまでが黒執事23巻のネタバレとなります。

黒執事23巻では、新たな物語が展開されていて、24巻がどうなるのか気になりますね!

黒執事23巻の感想

ブラバッドという人物も登場し、物語が新たな展開を向えているようですね。

ミュージックホールで、何を行おうとしているのか、ブラバッドの目的はどういうものなのか、何よりエリザベスの行方が気になります。

とにかく、エリザベスが無事にシエルの元へ戻ってきてくれるといいなと思います。

カルト集会の様であるけれど、その裏には何か隠されていそうですよね!

主人公以外のファンの方にも嬉しい内容となっているようですね!

黒執事アニメの4期はある?

黒執事は、過去に3期までアニメ化されています。

アニメ4期に関しては、まだ情報が出ていないようです。

では、過去にどの期間放送されたか見ていきます。

『黒執事』過去のアニメ放送期間

第1期 2008年10月~2009年3月まで
TBS系列にて放送

第2期 2010年7月~2010年9月まで
TBS系列にて放送

第3期 2014年7月~2014年9月まで
MBSの深夜アニメ枠で放送

このことと、2017年の初春に、劇場版で公開されることが決定していることを踏まえると、2017年の夏頃には第4期が放送される可能性は高いのではないかと思います。

『黒執事』のファンの方からすると、第4期も放送してほしいですよね!

アニメ4期を楽しみにされている方が多いようですね!

[adsense]

黒執事24巻発売日情報!23巻ネタバレと感想も。アニメ4期は?のまとめ

ついに黒執事23巻では、新しい章の【青の教団】編に突入し、盛り上がりを見せているようですね!

黒執事24巻では、どのような展開が見られるのか気になります。

物語が新たな展開を向かえたこともあり、アニメ4期の放送を楽しみにされているファンの方も多いようです。

となると、益々24巻が発売される日が楽しみですね!

スポンサーリンク