京都大文字の送り火2016日程と時間。雨の場合や見える場所も

京都ってイベントごとが割とたくさんあるのですが、地元の人が足を運ぶイベントって少なかったりします。

でも今回紹介する大文字の送り火に関しては京都の人であっても楽しみにしているイベントの1つです。

この大文字の送り火を観たら、夏が終わるなぁって気持ちになります。

それでは2016年の大文字の送り火の日程や時間についてみていきましょう。

なお、おすすめスポット情報はこちらの記事にくわしくまとめています!

[2016.08/16 21:00追加] 五山送り火2016ゲリラ豪雨も決行!2017年以降の参考に感想まとめ

[adsense]

スポンサーリンク

京都四大行事の1つ『五山の送り火』

大文字と一言で言っても、実際には五山の送り火と呼ばれています。

五山の送り火はお盆の時期に行われるイベントで、京都では『葵祭』、『祇園祭』、『時代祭』と四大行事として知られています。

ここで豆知識を1つ。

五山の送り火と呼ばれていますが、燃える字が浮かび上がる山は“6つ”です。

『妙』『法』はそれぞれ別の山なので、“5つ”ではなくて“6つ”ですよ、細かいことですがお間違えなく。

スポンサーリンク

五山の送り火とは?

五山送り火とはお盆に帰ってきた先祖の霊を再びあの世へ送り出すために火を灯します。

その起源ははっきりしていませんが、過去には『一』、『蛇』など、別の文字の送り火もあったらしいです。

また、燃やしているのは『護摩木(ごまぎ)』で、名前と持病を書いて送り火で燃やせばその病気が治ると言われています。

各山にて『護摩木(ごまぎ)』の受付がされています。

そしてその消し炭を半紙などでくるんで軒先につるしておけば、厄除けになると言われています。

送り火の翌日には、その消し炭をもらいに山を登ってくる観光客もいるそうです。

京都五山送り火の日程と点火時間

2016/08/16(火)

20:00~大文字(東山如意ヶ獄)

20:05~妙・法(松ヶ崎西山・東山)

20:10~舟形(西加茂船山)

20:15~左大文字(大北山)

20:20~鳥居形(曼荼羅山)

みなさんがよくご存知の『大文字』を先頭に、東から西へ反時計回りに5分ごとに順番に灯されていきます。

テレビなどで誰もが知っている『大文字』とは、このことです。

この大文字は『左大文字』に対して『右大文字』と呼ばれることもあります。

次に、先に書いたように『妙・法』は2つの山に別れていますが、点火時間は同じです。

また、舟の形が浮かび上がるその舟文字は『精霊舟』とも呼ばれています。

『左大文字』はその文字の形から『男形』とも呼ばれています。

鳥居形は五山の中でも最も低い山で点火されるので、観賞するのが少し難しいかもしれませんが、燃えている姿は一番きれいだと言われています。

京都五山の送り火 観賞スポットと雨天時について

大文字

白川今出川通周辺

今出川通りを白川通りに向かって歩いていくと大きな大文字が観えます。

妙・法

北山通

地下鉄『松ヶ崎』駅、宝が池公園、ノートルダム女子大周辺では、しっかりと『妙・法』が確認できます。

舟形

上加茂橋

上加茂橋は川の上流に『舟形』が浮かびます。

左大文字

船岡山

北大路通の南側の小高い丘からは『左大文字』が近くに観えます。

場所によっては『鳥居形』以外の山が観えるスポットもあります。

鳥居形

嵐山渡月橋

嵐山では『鳥居形』も観れますし、灯篭流しも送り火と共に行われます。

ロマンティックですよ。

実際に点灯が始まってから各観賞スポットを移動していては全てのスポットを回りきることは時間的に難しいので、ここは全ての山をまとめて観賞できるスポットを利用するのも手です。

まとめて観賞できるポイントは『京都タワー』や『京都駅ビル空中経路』などがあります。

京都タワーは展望台の望遠鏡が無料で使えますが超満員になるので、駅ビルを利用するのがいいと思います。

ただし、どれも小さくしか観えないので、送り火の迫力を楽しみたいなら、上記の観賞スポットなどで観ていただくしかありません。

また、京都五山の送り火は雨が降っていても中止にはなりません。

雨で火がつかないかもしれないと不安になるかもしれませんが、ちゃんと点火されますよ。

約30分間点灯されていますが、雨の場合は早めに消えてしまうこともあります。

関連記事
京都五山送り火おすすめスポットと地図まとめ!意味や歴史も



京都大文字の送り火2016日程と時間。雨の場合や見える場所も。まとめ

2015年の発表では五山の送り火に来た人は約6万人とか。

ホテルや旅館では『五山の送り火観賞プラン』などが用意されている場合もあるので、利用するのもいいですね。

まだ近くで観たことがない人は、ぜひ観に来てください。

テレビのニュース映像よりも迫力のある『生大文字』を楽しんでください。

スポンサーリンク