『仰げば尊し』全話視聴率を随時更新中。キャストや主題歌情報も

TBS系列のよる9時の枠で、2016年夏ドラマ『仰げば尊し』が放送されることが決定しました!

寺尾聡さんが奇跡を起こした高校教師演じることでも話題となっているようです。

奇跡の実話に基づく感動のストーリーとなっているようで、どんなドラマか気になるところですよね。

では、2016年夏ドラマ『仰げば尊し』の全話視聴率とキャストや主題歌情報もまとめてみました!

スポンサーリンク

『仰げば尊し』第1話視聴率

11.4%(ビデオリサーチ社調べ、関東地方)

スポンサーリンク

『仰げば尊し』の視聴率予想。

まだ放送前なので、この枠の過去のドラマの視聴率から予想していきます。

現在この枠で放送中の松本潤さん主演の『99.9-刑事専門弁護士-』の第7話の視聴率が、17.7%となっています。

2016年1月から3月まで放送されていた香取慎吾さん主演の『家族ノカタチ』の平均視聴率が9.0%、2015年10月から12月まで放送されていた阿部寛さん主演の『下町ロケット』の平均視聴率が18.5%となっています。

このように過去の作品の視聴率を振り返ると、この枠は作品によって視聴率に大きく差が出るという特徴があります。

『仰げば尊し』は正直なところ、キャストがかなり渋めなので、放送前の現段階では視聴率が悪いタイプの日曜劇場になってしまうのではと予想しています。

ただ、脚本家が『南極大陸』や『ROOKIES』などを手掛けた、いずみ吉紘さんということで、内容がおもしろければ、視聴率は右肩上がりになるかもしれません。

ちなみに同時間帯のフジテレビでは『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』が放送されますが、こちらは主演がジャニーズの中島裕翔さんということで、『99.9』の視聴者はこちらに流れてしまう可能性が高そうです。

これらを総合すると『仰げば尊し』の第1話視聴率は10〜12%程度と予想します!

2016夏ドラマ『仰げば尊し』のあらすじは?

元プロのサックス奏者・樋熊仰一は、事故の後遺症により、音楽から離れて生活をしていました。

しかし、ひょんなことから高校の吹奏楽部を指導することになります。

ですがその高校の吹奏楽部の生徒は、夢を失った問題児ばかりだったのです。

その他にも、プロのミュージシャンが教育に関わることへの反発など数々の問題が降りかかります。

それでも樋熊は諦めず、真正面から生徒にぶつかって行きます。

その姿に生徒たちが少しずつ心を惹かれ、樋熊の情熱に応えようと、吹奏楽に真剣に向き合っていくといったストーリーとなっているようです。

熱血教師と生徒の物語って、よくあるドラマのように思えますが、この2016年夏ドラマは、実在した中澤忠雄先生と、実在した高校・神奈川県立野庭高等学校の吹奏楽部をモチーフに描いた、実話が元のドラマなのです。

実話ということで、ドラマ自体にもリアリティーが出ると思うので、今までとは違う学園ドラマとなりそうですね!

2016夏日曜劇場『仰げば尊し』のキャストや主題歌情報は?

現在活躍中の若手俳優が出演するとのことで、キャストがどうなのか気になるところですよね。

ではまず、キャストを紹介していきます!

主人公の樋熊仰一役・寺尾聡さん

元プロのサックス奏者で、弱小吹奏楽部の指導をすることになった主人公を演じるのは、実力派俳優の寺尾聡さんです。

歌手でありながら、数々のドラマや映画に出演し、味のある演技でたくさんの方を魅了しています。

寺尾聡さんは、TBSの日曜劇場への出演が28年ぶりとなるようで、寺尾さん自身もとても楽しみにされているようです。

自身もミュージシャンなので、元プロのミュージシャンという役どころは、彼にとってハマリ役ですね!

樋熊奈津紀役・多部未華子さん

主人公の娘の樋熊奈津紀役を演じるのは、若手女優の多部未華子さんです。

面白い役から、純粋な女子高生の役まで幅広い役を演じていて、実力も確かと言えますね。

TBSのドラマ出演は、2012年の『大奥~誕生[有功・家光篇]』以来、約4年ぶりとなります。

幅広い役を演じている彼女なので、音楽に挫折した父を支える娘の役を上手く演じてくれるように思います。

樋熊仰一の生徒、木藤良蓮役・真剣佑さん

はみ出し者の生徒・木藤良蓮役を演じるのは、千葉真一さんの息子としても知られる若手俳優の真剣佑さんです。

高校卒業まではハリウッドで暮らしていて、2013年にはアメリカの映画で主演を務めるなど、異色の若手俳優としても話題となっています。

TBSのドラマ出演は、この『仰げば尊し』が初出演となるようで、アメリカで学んだ演技がどう生かされているのか楽しみですね!

樋熊仰一の生徒、桑田勇治役・佐野岳さん

はみ出し者の生徒・桑田勇治役を演じるのは、今注目の若手俳優として知られる佐野岳さんです。

2012年から本格的に芸能活動を始めたにも関わらず、2013年には、映画やドラマで主演を務めるほど、実力ある俳優です。

TBSのドラマ出演は、2015年に放送された『下町ロケット』以来、約1年ぶりとなります。

とても明るい性格とのことで、今回の2016年夏ドラマでは、どんな役柄となるのか気になりますね!

樋熊仰一の生徒、青島裕人役・村上虹郎さん

はみ出し者の生徒・青島裕人役を演じるのは、母が歌手のUAということでも知られている、若手俳優の村上虹郎さんです。

2014年に映画初出演で、初主演を務めたほどの実力を誇っています。

TBSのドラマ出演は、今回の『仰げば尊し』が初出演となります。

2013年に公開された『忘れないと誓ったぼくがいた』では、高校生の役を演じているので、今回もきっと若々しい高校生の役を演じてくれると思います。

樋熊仰一の生徒、高杢金也役・太賀さん

はみ出し者の生徒・高杢金也役を演じるのは、数々のドラマや映画に出演し、話題沸騰中の若手俳優の太賀さんです。

TBSのドラマ出演は、2015年に放送されたドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』以来、約1年ぶりとなります。

2012年に公開の映画『桐島、部活やめるってよ』で、部活に没頭する高校生を演じていたようなので、今回もきっと同じように、部活に情熱を注ぐ高校生の役を演じてくれるのではないでしょうか。

樋熊仰一の生徒、安保圭太役・北村匠海さん

はみ出し者の生徒・安保圭太役を演じるのは、俳優としてだけでなく、歌手としても活動中の若手俳優、北村匠海さんです。

歌手デビューの直後に映画デビューも果たし、ドラマや映画で徐々に話題を集めています。

TBSのドラマ出演は、この2016年夏ドラマが初となります。

18歳という若さに加え、歌手としても活動しているとのことで、今回の吹奏楽部の部員という役柄はピッタリですね!

主題歌情報は?

正式には発表されていないのですが、6月後半に放送が始まった『仰げば尊し』のCMではバックで薄っすらとBUMP OF CHICKENの『66号線』が流れています。

主題歌?挿入歌?とネットでは憶測が飛び交っていますが、仮にバンプの曲が使われるとしたら挿入歌ということは無いと思うので(そんな贅沢な仕方あり得ないでしょ!)『66号線』が主題歌の可能性は高そうですね。

ちなみにバンプオブチキン『66号線』の歌詞には

肩に溢してくれた 涙で出来た 音符を繋いで 盾を作ろう

いつか教えてくれた 言葉で出来た 音符を鍛えて 剣にしたよ

といった吹奏楽部と通じるような言葉が入っているのでピッタリですね!

[adsense]

『仰げば尊し』全話視聴率を更新中。キャストや主題歌情報ものまとめ

寺尾聡さんがTBSの日曜劇場に、28年ぶりに出演や人気上昇中の若手俳優が多数出演するという話題性はあるものの、前情報の段階では爆発力に欠ける印象も否めない2016夏ドラマ『仰げば尊し』。

個人的には村上虹郎さんは人気上昇中の若手俳優の中でも特に注目しているので、彼の演技がスゴく楽しみです。

視聴率的には厳しそうな印象を持っていますが、期待を裏切って高視聴率を叩きだしてくれることを期待です!

スポンサーリンク