『はじめまして、愛しています。』全話の視聴率とキャストの評価!

テレビ朝日系列木曜21時のドラマ枠の2016年夏ドラマは『はじめまして、愛しています』に決定しました!

尾野真千子さんと江口洋介さんが夫婦役で初共演することに加え、いまだかつてないホームドラマということでも話題となっているようです。

2016年夏ドラマ『はじめまして、愛しています』の視聴率や、キャストの評価をまとめてみました!

スポンサーリンク

『はじめまして、愛しています』の視聴率全話更新!

まだ放送されていないので、この枠の過去のドラマの視聴率から予想していきます。

現在放送中のドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』ですが、6話までの平均視聴率が10.5%となっています。

2016年1月から放送されていた、草彅剛さん主演の『スペシャリスト』の平均視聴率が12.6%、その前の2015年10月から12月まで放送されていた、向井理さん主演の『遺産争族』の平均視聴率が10.7%となっています。

どのドラマを見ても、10%は超えているようですね。

この傾向から見ても、2016年夏ドラマ『はじめまして、愛しています』の第1話視聴率は12%くらいになるのではないかと予想されます。

それに加え、脚本家が社会現象にもなった『家政婦のミタ』をはじめ、多くの作品を手掛けた遊川和彦さんということで、12%以上の視聴率も期待できるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

『はじめまして、愛しています』のあらすじは?

自宅でピアノ教室を開く梅田美奈(尾野真千子)は、嫌なことがあると、便器に向かって思い切り叫び、うっぷんを晴らすという日常を送り、ピアニストとしての人生に挫折を感じていました。

夫とは結婚をして早10年。

二人の間には子供はいません。

ある日近所でゴミをあさる「不審な何か」がいると耳にします。

美奈は大切なピアノコンクールを控え、練習に没頭していたその日、「不審な何か」が家の庭に侵入してきます。

「不審な何か」の正体。

それは幼い男の子。

髪も服もボロボロの男の子は言葉を発しません。

名前すらもわからない男の子に、美奈と信次は自分達の子供として育てていく事を決心します。

「はじめまして」から始まった関係が「愛しています」という感情へと変わっていく過程を描く、6ヶ月の愛情ストーリーです。

『はじめまして、愛しています』のキャストの評価は?

まず主役の梅田美奈を演じるのは、実力派女優の尾野真千子さんです。

数々の賞を受賞し、現在ではドラマや映画に引っ張りだことなっています。

彼女は2013年公開の映画『そして父になる』という、家族の愛について描いた映画で、主人公の妻の役を演じているので、今回の2016年夏ドラマも、相手は違いますが、同じ家族の愛について描いたドラマなので、夫を支える妻の役を上手く演じてくれると思います。

そして、主人公の夫である梅田信次を演じるのは、実力派俳優の江口洋介です。

1990年代のトレンディードラマにこの人ありと言っても過言ではないほど、数々のドラマ、映画に出演し、私生活では一男一女の父でもあります。

今回のドラマは、突然5歳の子の父親になるということなので、私生活でも良い父親として知られる彼なら、今回の役もハマリ役となりそうですね!

他のキャストも続々と発表されています。

梅田巧役:速水もこみちさん

信次の弟。

定職に就かず、常に女性関係のトラブルに巻き込まれているダメ人間。

結婚意識も弱く、生涯結婚しないと断言している。

速水もこみちさんも、浮いた噂もなく、結婚はまだまだ先になりそうですね。

料理もできる男なので、今回の役どころを、どのような演技をされるのかとても気になるところです。

不破春代:坂井真紀さん

信次の妹。

夫にはまったく興味がなく8歳の娘に過剰なほど依存している。

八方美人な性格をしており、美奈をいいように利用している。

男の子を引きとる事を決意した美奈に「お腹を痛めて産んだ本当の母親」という事に対し思いあがった振る舞いをする。

坂井真紀さんも結婚をされていて、子供も出産されていますね。

「お腹を痛めて産んだ本当の母親」の気持ちを分かった上での役になるので、気持ちも入り込み、いい演技になるのではないでしょうか。

堂本真知:余貴美子さん

梅田夫婦に男の子を養子にできるかを審判を下す、児童福祉課のベテラン職員。

何を考えているのか掴みどころのない人だが、彼女の発する言葉一つ一つに考えが存在している。

この物語のキーマンになるかもしれませんね。

教師役も多かった余貴美子さんなので、スーツ姿で重みのある、説得力のある言葉を発する役はぴったりではないでしょうか。

追川真美:藤竜也

美奈の父親。

音楽を心から愛しており、家族や社会に対しての常識は欠如している。

その為、美奈ともまるで他人かのような距離を置き、夫、新次の名前すらも覚えていない。
音楽が全てだと教えてきた竜也。

それが美奈の中では父親の呪縛となり解放される事もなく、今も苦しめている。

陶芸展などを開催している藤竜也さん。

アーティスト気質満載なので、音楽を愛してやまない父親の役はとてもハマっています!

見た目も厳格なイメージもあるので、見事に役を演じきる事は間違いなしだとおもいます。

[adsense]

『はじめまして、愛しています。』視聴率全話更新!キャストの評価ものまとめ

7月から始まる『はじめまして、愛しています。』

1993年には国民的人気を誇ったドラマ『ひとつ屋根の下』で、見事な家族愛を演じた江口洋介さんと『そして父になる』でこちらも家族愛のひとつの形を表現し、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した尾野真千子さんがつくり上げる新たな家族のストーリーとなりそうです。

私はこのドラマ、かなり期待しています。

7月が待ち遠しいですね!

スポンサーリンク