中島裕翔主演『HOPE』原作の結末は?ネタバレ注意!

2016年7月から放送開始される、中島裕翔さん主演の連続ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』。

今回は、主演を演じられる中島裕翔さんの紹介、原作のあらすじや結末について調べてみました。

スポンサーリンク

中島裕翔はジャニーズの中でも有望な演技派アイドル!

中島裕翔さんは、ジャニーズアイドルではありますが、様々な作品に出演されている演技派のアイドルです!

これまでに『半沢直樹』、『水球ヤンキース』、『デート~恋とはどんなものかしら~』、『ピンクとグレー』など多くのドラマや映画に出演されてきました。

ちなみに中島裕翔さんが所属しているHey!Say!JUMPには、2016年3月の日本アカデミー賞で新人賞を受賞した山田涼介さんや2016夏ドラマ『そして、誰もいなくなった』に出演が決定している伊野尾慧さんなど、演技での評価が高いメンバーがいるため、それぞれが刺激し、良い結果に繋がっているように感じます。

中島裕翔さんの演技力に関するツイートを紹介していきたいと思います!

中島裕翔さんの演技には、ジャニーズっぽさがないというのが魅力ですね!

私も初めて見たとき、普通に俳優さんかと思って、Hey!Say!JUMPのメンバーだと知ったとき、すごくびっくりしました!

演技を見てファンになったという方も多くいらっしゃいました。

アイドルとしての中島裕翔さんもかっこいいですが、演技をしている中島裕翔さんもかなりかっこいいですよね!

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の放送について中島裕翔さんファンの方も原作の韓国ドラマのファンの方もかなり楽しみにされています!

どのような演技を見せてくれるのかとても楽しみですね!

スポンサーリンク

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』原作は社会現象を起こした人気韓国ドラマ!

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の原作は、韓国ドラマです。

韓国版のタイトルは、『ミセン-未生-』。

『ミセン』は囲碁用語で『死んでもいないし、生きてもいない石』という意味を持っているようです。

『ミセン-未生-』は、恋愛要素などはなく、仕事にひたむきに向かい合う主人公の姿、いじめやセクハラ、社内不正などの問題もリアルに描き、韓国ケーブルテレビ歴代2位の視聴率10.3%を記録しました!

日本でも過去にBSなどで放送されていたので、見ている方は多くいそうですね。

以下、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の原作である『ミセン-未生-』のネタバレになりますので、ご注意を!

原作『ミセン-未生-』の結末は?ネタバレあり!

主人公である、グレ(日本版では中島裕翔さん演じる一ノ瀬歩)の契約満了の日が近づいてきて、同期達も憂鬱になります。

同期達は、グレをやめさせないように努力します。

今までの実績をまとめ、提出したり、直談判をしにいったりと、グレのために動きます。

そんな同期のサポートも実らず、結局グレは正社員になる事はできませんでした。

しかし、その後、先にやめた部長や同僚と会社を立ち上げ、そこで仕事をすることになるというところで原作の『ミセン-未生-』はエンディングを迎えます。

日本版ではどのような結末を迎えるかわかりませんが、楽しみですね!

中島裕翔主演『HOPE』原作の結末は?ネタバレ注意! のまとめ

『ミセン-未生-』は、かなり視聴率が高かったということで、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』も原作ファンの方と中島裕翔さんファンの方が見ると思うので、視聴率が期待できるのではないでしょうか?

ストーリーはもちろんですが、中島裕翔さんの演技にも注目して見てください!

スポンサーリンク