マツコの知らない世界で紹介されたオムライス一覧【2016.5/24放送】

2016.5/24放送の『マツコの知らない世界』は、「なつかしオムライスの世界」!

「なつかしオムライス」とは、真っ赤なケチャップに、堅焼き卵の元祖オムライス。子供の頃に食べたオムライスですね。シンプルだけど、懐かしい。

最近、すっかり定番になった「ふわとろ」オムライスに、マツコさんが「待った!」をかけます。

案内するのは、「1500食以上オムライスを食べた男」向島直樹さん。

さすが、オムライス愛があふれていました!

スポンサーリンク

懐かしさがいっぱい名店オムライスTOP3

1.ノスタルジーの極み『レストランはやしや』(新宿)

多めのバターでゴロッとしたチキンを炒めて、ケチャップライスはしっとり。

薄焼卵はちょっと焦げめがついて、おいしそうです。

マツコさんも「王道のオムライス!」と絶賛。

東京都新宿区新宿3-22-12 新宿サンパークビル5F

『マツコの知らない なつかしオムライスの世界』に登場
『はやしや』の食べログはこちら

2.映画人も愛した古き良き洋食『キッチンマカベ』(祖師谷)

こちらの具はグリンピース、ハム。バターの代わりに、ラードでゴクをプラス。

ケチャップはあっさりめですが、その分、飽きずに食べられそうですね。

たっぷりの油で卵を焼いて、焦げ目をつけないのが、ちょっと上品な感じです。

東京都世田谷区祖師谷3-1-15

『マツコの知らない なつかしオムライスの世界』に登場
『キッチンマカベ』の食べログはこちら

3.洋食と中華の嬉しい出会い『グリル来来』(横浜)

中華屋さんが作るオムライス。

具材を細かく切って、炒飯のように強火で炒めるのが、中華風なんですね。

ケチャップに、特製トマトソースもプラスしています。ボリュームたっぷり、大きいです!

マツコさん、「うちのに近いかも!」とご機嫌です。

神奈川県横浜市鶴見区元宮2-2-19

『マツコの知らない なつかしオムライスの世界』に登場
『グリル来来』の食べログはこちら

スポンサーリンク

オムライスマニア・向島さんが認める変わり種オムライス

1.『らすぷーる』(吉祥寺)

卵・具材・ご飯を混ぜて焼く、ちょっと変わったオムライス。

鰹節・ソース・海苔をトッピングして、お好み焼きのように見えますが、これもおいしそうです!

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 コピス吉祥寺A館 B1F

『マツコの知らない なつかしオムライスの世界』に登場
『らすぷーる』の食べログはこちら

2.『七つ森』(高円寺)

牛肉のしぐれ煮ごはんにオムレツをのせた、オムライスというより新食感の「オムごはん」!

山椒でさっぱり食べるというから、やっぱり完全に和食ですね。

マツコさん、「オムライスじゃないけど、おいしい食べ物!」と気に入ったみたいです。

東京都杉並区高円寺南2-20-20

『マツコの知らない なつかしオムライスの世界』に登場
『七つ森』の食べログはこちら

オムライスマニア・向島さんが食べたい有名人のオムライス

マニア・向島さん、芸能人のブログに載ったオムライスも、チェックしてるんですね!

向島さんが気になったのは、

1.親子愛が素晴らしいオムライス
薬丸裕英さん作。“DAD”のケチャップ文字が、素敵でした!

2.兄弟愛がまぶしいオムライス
はなわさんの、小さな息子さんたちが作りました!完成度が高い!

3.夫への愛情がまぶしいオムライス
ギャル曽根さん作、「おつかれ様」のケチャップ文字が、愛情たっぷり。

向島さん、「幸せの象徴!」と絶賛です。

ギャル曽根さんがスタジオで、実際に調理してくれました。

ウスターソースが隠し味のようですが、旦那さまの愛あるダメ出しも、オムライス上達の秘密のようです。

まとめ

マツコさんの「うまい!」が止まらなかった、『マツコの知らない なつかしオムライスの世界』。

オムライスは「ふわとろ」が定番だと思っていましたが、懐かしい元祖オムライスも、久しぶりに食べたくなりました。

ケチャップをたっぷりかけて、食べてみたいです。

和風の、ちょっと変わり種オムライスも、チャレンジしてみたいですね。

それにしても、マツコさんが家で作っているのは、どんなオムライスなんでしょうか?

気になってしまいました!

スポンサーリンク