七夕祭り由来と飾りの意味。平塚・仙台など大規模なイベント紹介も

ささのは~さ~らさら~♪という歌が聴こえてくる七夕、どんなお願い事をしようかと悩んだことがあるのではないでしょうか?

しかし、七夕の由来ってなんでしょう?

今回はこの七夕祭りの由来と飾りの意味を調べてみました!

七夕にちなんだイベント情報もまとめてありますので、夏のお祭りとしていってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

七夕祭りの由来

七夕は「たなばた」「しちせき」と読み、季節の節目となる五節句の1つです。

織姫と彦星が年に1回デートをする日…という話は有名だと思いますが、それが何で節句の行事になっているのか色々調べてみました。

実はこの七夕、由来や起源には諸説あって「これが起源だ!」と言いきることは難しいみたいです。
しかし、どうやら、

1.もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」
2.織姫と彦星の伝説
3.奈良時代に中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」

これらの行事が合わさったもののようです。

「棚機(たなばた)」とは

昔の人々が夏に行っていた行事です。

選ばれた女の人が着物を織って棚にそなえて神様を迎え、秋の豊作と祈り人々のけがれをはらうという意味がありました。

この時に使われた織り機を「棚機(たなばた)」と言い、選ばれた女性は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれます。

やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになります。

織姫と彦星の物語

織姫と彦星の物語は、中国で生まれました。

織姫は琴座のベガとよばれる織女星(しょくじょせい)のことで、彦星は鷲(わし)座のアルタイルとよばれる牽牛星(けんぎゅうせい)のことをさします。

織女星は裁縫の仕事をつかさどり、牽牛星は農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。

この2つの星は、天の川をはさんで輝いていることから、中国でこの日を織姫と彦星の1年に1度のめぐりあいの日と考えられ、七夕の物語が生まれました。

「乞巧奠(きこうでん)」とは

「きこうでん」や「きっこうでん」と呼ばれる陰暦7月7日におこなわれる行事です。

もともとは中国の行事で、牽牛と織女の二つの星の願いがかなってこの日に会えるというところから発展して、女子の願い事である手芸や裁縫などの上達を祈るお祭りです。

日本でも奈良時代以降、おもに宮中での年中行事としておこなわれてきました。

この3つが合わさって変化をし、「短冊」に願い事を書いて笹や竹の葉に飾るという現在の形になりました。

スポンサーリンク

七夕飾りの意味

七夕といえば思い浮かぶのが、笹、短冊、吹き流し、網飾り、財布(巾着)、折り鶴、神衣(「かみこ」と読み、紙の人形(着物)です)などですね。

これらはそれぞれ意味があります。先に書いた由来と合わせて意味を知って飾り付けるとさらに風情のある行事になりそうです!

吹き流し

織姫の織り糸を表わすものです。五色を使ってつくり、魔除けの意味や織姫のように織物が上手になりますようにという願いをあらわしています。

網飾り

魚を捕るための網を表わしています。豊作や大漁を願っています。

折り鶴(千羽鶴)

長寿を願うものです。

神衣(かみこ)

お裁縫が上手になりますようにという願いがこめられています。
また人形には災いを身代わりとしてうつす、という意味もあります。

財布(巾着)

紙で作ったお財布。金運上昇を願うものです。

くずかご

飾りをつくるときに出た紙くずを折り紙などでつくったカゴに入れて吊るします。
整理・整頓・物を粗末にしないようにという意味があります。

笹に飾る意味

なぜ笹に飾る丘という理由ははっきりしていません。しかし、笹は昔から邪気を払う力があると考えられていました。

また、虫などをよける効果もあり、稲作の時に笹を使って虫よけをしていたことや、天に向かってまっすぐ伸びて葉を広げている姿が織姫、彦星に願いごとを伝えてくれると想像したのではないでしょうか。

各地の七夕のお祭り

七夕のお祭りは各地でおこなわれていますが、ここでは有名な3つのお祭りを紹介します。

宮城県(仙台市)仙台七夕まつり

仙台の七夕祭りは、藩祖伊達政宗公の時代からつづく伝統行事です。「紙と竹」で作られた豪華絢爛かつ優美なお祭りです。

2016年の開催は、8/6(土)~8/8(月)となっていますが、詳細はまだ発表されていません。

七夕と言えば7月ですが、このお祭りは8月に開催されるのでまだ少し先ですね。

今から見物に行く予定を立てても、間に合いそうです!

神奈川県(平塚市)湘南ひらつか七夕まつり

平塚の七夕祭りは、戦後の商業振興策として始められたものです。

とても豪華な七夕飾りはとっても華やかです。七夕飾りのコンクールやパレードなど各種催し物が企画されています。

開催日と開催地

平成28年(2016年)7月8日(金)~7月10日(日)
JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域
(〒254-0043 平塚市紅谷町が中心となります。)

愛知県(安城市)安城七夕まつり

竹飾りの通りが日本一長く、短冊の数、願いごとの数も日本一と言われるお祭りです。

願いごと短冊や願いごと風船は誰でも参加できますので、参加してみてはいかがでしょうか?

2016年の開催日は8/5(金)~6(日)です。

こちらも8月の開催なので、まだくわしい日程がでていませんが、今から参加する段取りをとってみましょう!

[adsense]

七夕祭りの由来と飾りの意味と大規模イベントのまとめ

以上、七夕について由来や飾りの意味を調べてまとめてみました。

調べながらこんな意味があったのかと新たな発見ができました。

飾り付けが楽しくなり、願いごともより叶いそうな気がします♪

この記事を読んで、皆様がより素敵な七夕を過ごせますように!

スポンサーリンク