母の日2017年はいつ?2016年のプレゼントランキングと由来も

2016年も母の日が終わりました。

5/8(日)という早い時期の母の日で、GWと重なったこともあり、うっかり忘れてしまった、という方も少なくないのではないでしょうか?

そこで気が早いですが、2017年の母の日について調べてきました!

他にも母の日の由来や2016年のプレゼントランキングなども調べています!

スポンサーリンク

母の日2017年はいつ?準備はいつごろから?

2017年の母の日は5/14(日)と、2016年とは打って変わって最も遅い母の日となります。

2016年はGW最終日と重なっていつの間にか来ていた、という感じもした母の日ですが、2017年は幾分か余裕があるようです。

逆に2016年の感覚で5/7(日)に渡さないように気を付けましょう。

母の日の準備ですが、母の日の商品を販売する側もこの大型商戦の時期に売り切れ、という事態は避けたいようで、前日くらいに準備しても十分間に合うと思われます。

ただし、お母さんと離れて暮らしていて、ネット通販によってプレゼントを贈る必要がある場合には注意が必要です。

ネット予約は配送の混乱を避けるため、早めに締め切ってしまうことも少なくないからです。

母の日にネット通販を利用する方は、2017年はゴールデンウィークの間までには準備しておいた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

母の日の由来は?カーネーションを贈る理由は?

母の日の由来は1907年の5/12に、アンナ・ジャービスが亡き母親を偲んで、母が生前に日曜学校の教師をしていた教会に「白いカーネーション」を贈りました。

これが母の日の起源とされています。

その翌年の1908年の5/10に、前年にカーネーションを贈った教会にてアンナは初めて「母の日」を祝ったとされています。
その際にアンナが参加者全員に白いカーネーションを贈りました。

これが母の日にカーネーションを贈るようになった由来とされています。

1914年にアメリカで5月の第2日曜日を母の日とすることが定められ、正式な記念日となりました。

日本でも1913年ごろにはアンナの活動が伝わっていたとされていますが、戦前の間は母の日が定着するには至らず、最終的に日本で母の日が定着するのは戦後の1949年ごろとされています。

現在では「健在の母には赤いカーネーション、亡くなった母には白いカーネーションを贈る」となっているのですが、このようになった理由は諸説あるようで、どれが正しいのか定かではありません。

父の日のバラの由来の話に酷似していますが、それとの関連性もはっきりしていないようです。

母の日2016年のプレゼントランキング!

2016年の母の日のプレゼントランキングをまとめてみました!
(ランキング出典:価格.comより)

1位 カーネーション(花)

贈る側、贈られる側ともに圧倒的な支持を集めているのがやはりカーネーションです。
原点にして頂点ですね。

また、様々な理由から、カーネーション以外の花を選ぶ人も増えているようです。

ただし、「プレゼントした花がペットに食べられる」ということがよく起こっているそうなので、ペットを飼っている家では注意が必要です。

2位 スイーツ

スイーツも母の日のプレゼントとして人気の高い一品です。
「花より団子」ということわざにある通り、花をプレゼントされるよりうれしいという方も少なくないようです。

また、母の日の時期にはカーネーションなど花を模したスイーツを販売する店もあるようです。

3位 ファッション小物(バッグ・財布など)

3位にはファッション小物がランクイン。
1位の花、2位のスイーツが生ものゆえに買い置きが難しいのに対して、ファッション小物は買い置きしやすいのが魅力ですね。

番外編1 感謝のメッセージ

プレゼントする商品からは外れるため番外としていますが、感謝のメッセージが何よりもうれしい、という方は少なくないようです。

定番のメッセージカード以外にも、今ならメールやLINEなどがあるので、遠くの母にもメッセージを簡単にやり取りできるようになったのはうれしいですね。

番外編2 外食

母と一緒に外食に出かけた、という家族も多いようです。
やはり「花より団子」な母親は多いのでしょうか。

[adsense]

2017年の母の日や由来、プレゼントランキングについてのまとめ

2017年はカレンダーの都合上少々遅めの母の日となります。

プレゼントは花・スイーツ・ファッション小物のいずれかから選べば失敗は少なそうです。

やはり母の日の由来となったカーネーションが一番無難なプレゼントかもしれませんね。

以上、2017年の母の日や母の日の由来、2016年の母の日のプレゼントランキングについてまとめてみました!

スポンサーリンク