『そして、誰もいなくなった』視聴率とあらすじ全話更新中!

藤原竜也さん主演の新ドラマ『そして、誰もいなくなった』が、2016年7月から日本テレビ系列で放送されることが決定しました。

豪華出演者で繰り広げられる、予測不能な超本格ミステリーと銘打っていますが、一体どんな内容となっているのでしょうか。

期待の2016年夏ドラマ『そして、誰もいなくなった』の視聴率予想や、あらすじなどをまとめてみました!

スポンサーリンク

『そして、誰もいなくなった』の視聴率予想。ポイントは本格ミステリー

『そして、誰もいなくなった』は、日本テレビ系列にて2016年7月から、日曜22:30〜23:30枠で放送されることが決定しています。

この枠で現在放送中の2016春ドラマ『ゆとりですがなにか?』の、5話終了時点での平均視聴率が8.3%となっています。

この枠の過去の作品を振り返ると、『臨床犯罪学者・火村英生の推理』の平均視聴率が8.8%、『エンジェル・ハート』の平均視聴率が9.3%、『デスノート』の平均視聴率が11.5%と、どうやら苦戦を強いられているようです。

ですが、今回の2016夏ドラマ『そして、誰もいなくなった』は、主演が藤原竜也さんで、他出演者も豪華な俳優陣となっているようなので、平均視聴率が10%をこえるのではないかと予想されます。

その上、本格ミステリーということなので、内容も見応えのあるものとなっているのではないでしょうか。

実力派俳優の藤原竜也さんが主演ということで、視聴率アップも期待できそうですね!

こちらのページでは『そして、誰もいなくなった』放送開始から全話の視聴率を随時更新いたします!

スポンサーリンク

『そして、誰もいなくなった』のあらすじ

本格派ミステリーと聞けば、どんなあらすじか気になりますよね。

それでは、ドラマ全体のあらすじを紹介します。

2016夏ドラマ『そして、誰もいなくなった』あらすじ

大手コンピューターシステム開発会社『株式会社L・E・D』の優秀なシステム開発の研究員の藤堂新一(藤原竜也)は、恵まれた環境で、恋人の倉元早苗との結婚も決まり、まさに理想的とも言える日々を送っていましたが、ある日、同姓同名の男・藤堂新一が逮捕されたことにより、新一の人生は大きく狂い始めてしまうのです。

信頼していた仲間にも裏切られ、新一をどん底に突き落とすような事件が数々発生します。

自分を陥れている犯人は一体誰なのか、犯人は一体何のために新一を陥れようとしているのか、誰が何を企んでいるのか全く分からない中、新一は事件の真相を解明しようと奔走するのです。

藤原竜也さんは『カイジ』を始め、人生が崩壊していく中、必死にもがいて抜け出そうとする役が多いので、今回も幸せな人生から一気に突き落とされる様子を上手く演じてくれそうですね!

『そして、誰もいなくなった』の豪華キャストは?

あらすじが分かると、次に気になるのはその役を演じるキャストですよね。

ということで、気になるキャストを紹介します。

藤堂新一役・藤原竜也

前述の通り、主役の藤堂新一を演じるのは実力派俳優としても知られる藤原竜也さんです。

日本テレビ系列のドラマ出演は、2014年の『ST赤と白の捜査ファイル』以来約2年ぶりとなります。

私はこのドラマが好きで観ていたのですが、独特な役柄を見事に演じきっていたので、今回のドラマもきっと彼の演技力が見どころの1つとなるのではないかなと思います。

小山内保役・玉山鉄二

そして、新一のゼミ仲間で、新一の1番の理解者であるエリート官僚・小山内保を演じるのは、玉山鉄二さんです。

新一のピンチに気づき、何かと助けてくれるのですが、どうやら裏の顔があると言った少し影のある役を演じるようです。

彼が日本テレビ系の連続ドラマに出演するのは、2003年放送の『メッセージ~言葉が裏切っていく』以来、実に約13年ぶりとなるようです。

日本テレビ系列では主演はまだないようですが、このドラマを機に、日本テレビ系列でも主演のオファーがくるかもしれませんね!

藤堂万紀子役・黒木瞳

新一の母親役・藤堂万紀子を演じるのは、黒木瞳さんです。

藤堂万紀子は、夫を亡くし、看護師をしながら女手一つで新一を育ててきた、心優しい母親なのですが、ある事件をきっかけに看護師を引退してしまうのです。

彼女が日本テレビ系の連続ドラマに出演するのは、2015年に放送された『〇〇妻』以来、約1年ぶりとなります。

最近のドラマでは、落ち着いた母親という役どころが多いように思うのですが、今回のドラマではそこに影の部分もプラスされ、今までのイメージをいい意味で覆してくれるように思います。

[adsense]

新一の恋人役の倉元早苗、新一が通うバー『KING』のマスター・日下瑛治役の俳優はまだ決定していませんが、2016年5月下旬に日下瑛治役発表、6月下旬に倉元早苗役が発表されるので、その日が待ち遠しいですね!

私も、苦悩する藤原竜也さんを観てみたいです!

どん底に落ちる役を上手く演じられるのは、藤原竜也さんだからこそなのかもしれませんね。

スポンサーリンク