グッドパートナー全話の視聴率とあらすじ&感想まとめ!続編予想も

竹野内豊さんと松雪泰子さんのW主演、テンポの良い展開、弁護士という堅い職業にフォーカスしながらも重くなり過ぎない脚本で人気を集めているTV朝日2016年4〜6月期のドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』。

こちらのページでは『グッドパートナー』全話の視聴率とあらすじ、放送終了後には感想をまとめています。

2016年春ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』視聴率一覧

第1話視聴率 12.9%

第2話視聴率 9.9%

第3話視聴率 10.5%

第4話視聴率 11.1%

第5話視聴率 9.1%

第6話視聴率 9.3%

第7話視聴率 11.7%

第8話視聴率 11.5%

第8話終了時平均視聴率 10.7%

スポンサーリンク

グッドパートナー 無敵の弁護士 最終回のあらすじ

咲坂健人(竹野内 豊)が顧問を務めるレストランチェーン・ナギダイニングの社長夫人・名木裕子(戸田菜穂)が神宮寺法律事務所を訪ねてくる。ナギダイニングを辞め、新しくフラワーアレンジメントの会社を設立したこと、そしてナギダイニング社長で夫である名木登志夫(橋本さとし)とは離婚するつもりであることを聞かされ、咲坂も夏目佳恵(松雪泰子)も驚がくする。

もともと起業したいという意志があった裕子だが、ナギダイニングが軌道に乗っていたため、登志夫からは独立を反対されていた。

「妻である自分のことも従業員だとしか思っていない」と感じた裕子は、登志夫に内緒で新会社・花凜を設立し、離婚届を送りつけたのだという。

咲坂たちに離婚協議の代理人になってもらい、新会社の顧問弁護士も引き受けて欲しいと頼む裕子。だが、ナギダイニングの顧問を務めている立場上、それは無理だと咲坂たちは断る。しかし佳恵は「少し考えさせてほしい」と返事を留保するのだった。

実は佳恵は、ヴィーナス法律事務所の代表弁護士・美山亜希子(峯村リエ)から「ウチの事務所に来ない?」と誘いを受けていた。神宮寺法律事務所を辞め、ヴィーナスに移れば、裕子の代理人としてサポートしてあげることができると考えた佳恵は…?

離婚した元夫婦の弁護士が挑む離婚協議の結末は…? 無敵の弁護士たちの最後の戦いが始まる!
引用:公式サイト

10話完結かと思っていましたが、9話が最終回となるんですね。

7〜8話が連続したストーリーで見応えのある展開となっていただけに、最終回は少しスケールが小さい展開になりそうな気も…

事件そのものよりも、夏目の事務所移籍が最注目ポイントになるので、これはシリーズ化決定で2期も放送されそうな気がしますが、どうでしょうか?

ちなみにいつもは放送終了直後に次回の動画が公式サイトにアップされていましたが、最終回分はアップされていません。

まだ撮影途中ということかもしれませんね。

グッドパートナー最終回の感想や視聴率はこちら

スポンサーリンク

グッドパートナー 無敵の弁護士 第8話の視聴率・あらすじ・感想

視聴率

11.5%(ビデオリサーチ社調べ、関東地方)

あらすじと感想

7話から連続したストーリーで温泉旅館の爆発事故の賠償責任を争う裁判がメインでした。

第一回口頭弁論では、裁判官の鼻を膨らませるというクセから夏目は負けを確信、そこからの巻き返しは気持ちの良い展開でしたね!

間には猫田の奥様候補がまさかの結婚詐欺で逮捕(7話で200万円云々という話が出た段階できな臭かったですが…苦笑)というサイドストーリーをコミカルに挟みつつ、裁判での勝利への突破口はショックから立ち直った猫田のアドバイスという、キャラクターへの愛がある設定もスゴく好感が持てました。

また、初回からずっと気になっていた、熱海のイヤな感じの生意気さ加減は相変わらず感じていますが、7〜8話で友達のために真剣に仕事に取り組む姿勢でかなり和らいできました!

2期以降があれば熱海がメインで良い仕事をする回がありそうなので、好きになれそうな気がしています。

是非、TV朝日さんにはグッドパートナーをシリーズ化して、続編を作ってほしいですね!

[adsense]

グッドパートナー 無敵の弁護士 第7話の視聴率

視聴率

11.7%(ビデオリサーチ社調べ、関東地方)

グッドパートナー 無敵の弁護士 第6話の視聴率・あらすじ・感想

視聴率

9.3%(ビデオリサーチ社調べ、関東地方)

あらすじと感想

第6話は、そばチェーン店の再建に関するストーリーということで、規模も小さめの話ですし、正直あまり期待していなかったのですが、良い意味で予想を裏切り神回でしたね…!

私は今までの6話の中で一番好きでした。

これまで、あまり出番のなかった赤星(山崎育三郎)の演技とストーリーの組み立てが抜群でした。

中盤まではどうやっても相容れない赤星と咲坂のぶつかり合いは見ていて疲れるくらいピリピリしていましたし、クライマックスのクライアントの説得シーンの迫真の演技は惹き込まれてしまいました。

山崎育三郎さんを顔だけが取り柄の役者さんだと思っていた自分が恥ずかしい…

気になって調べてみたところ、舞台を中心に活躍されていて、最近はドラマの出演も増えているようですね。

グッドパートナー第6話を見なかったら、山崎育三郎さんに興味を持つことはなかったと思いますが、完全にファンになってしまいました。

しかし、こうやって主要キャスト以外のキャラクターもグッと引き出す脚本の上手さを見ると、グットパートナー続編もあり得そうな気がしますね!

グッドパートナー 無敵の弁護士 第5話の視聴率・あらすじ・感想

視聴率

9.1%(ビデオリサーチ社調べ、関東地方)

あらすじと感想

第5話は病院でのセクハラ問題がテーマでした。
こういった作品では鉄板ネタですね!

グッドパートナーは良い意味でベタな作りにしているのが私としては高評価です!

テレビ朝日のドラマを代表する『相棒』もそうですが、既視感があるストーリーなんだけど、なんだかんだで1時間楽しめるっていうのはすごく大事ですよね。

グッドパートナー5話の病院での医療ミスとかセクハラが溢れてる感じはいかにもドラマ的な設定ですが、4話よりも入り込めましたね。

咲坂と夏目が男女の目線それぞれを活かして騒動を解決する流れも痛快でしたし、おもしろかったです!

5話の中心人物であるセクハラ被害を受けていた看護師さんが可愛かったので調べてみたら逢沢りなさんという女優さんみたいですね。

テレビ朝日系のドラマに脇役でちょこちょこと出演されているみたいですが、主演級の作品はあまり無いようなので、今後の活躍に期待です!

5話では咲坂が夏目に向ける視線が少し変わってきた描写などもあり、6話以降、2人の復縁があるのかどうか?も注目ですね!

グッドパートナー 無敵の弁護士 第4話の視聴率・あらすじ・感想

視聴率

11.1%(ビデオリサーチ社調べ、関東地方)

あらすじと感想

大塚家具のお家騒動をモチーフにしたストーリーの第4話。

おもしろかったんですが、ストーリーの組み立てが少し強引なのが気になったかなぁ…

記者会見の予行練習をすることで、今やろうとしていることの不毛さを会長であるお父さんに伝えて、親子の仲を回復するという解決策はちょっとドラマすぎるかなと…

本筋の事件についてはちょっと引っかかりましたが、咲坂と夏目の元夫婦の仲がどうなるのか?といった家族・恋愛ドラマとしての見どころを作っているのは良いですね!

グッドパートナー 無敵の弁護士 第3話の視聴率・あらすじ・感想

視聴率

10.5%(ビデオリサーチ社調べ、関東地方)

あらすじと感想

3話もしっかりとおもしろかったです!

序盤の神宮寺法律事務所スタッフのコミカルなやり取りがドラマ全体の厚みを出すには効果的なシーンだと感じました。

アジアンの馬場園さんとゲストキャストのほっしゃん。さんの演技もよかったです。

最近はお笑い芸人さんがドラマに出るケースも増えてますが、漫才やコントって演技と通じる部分があるんでしょうね!

グッドパートナー 無敵の弁護士 第2話の視聴率・あらすじ・感想

視聴率

9.9%(ビデオリサーチ社調べ、関東地方)

あらすじと感想

第2話はゲストキャスト2人の演技が秀逸でした!

ちなみにお2人とも脇役としてよく見るけど名前は分からないという方も多かったのでは?

クビにされた社員役は野間口徹さん、弁護士役はモロ師岡さんでした。

ストーリーはしっかりと中身の詰まった内容ながらもテンポが、テレビ朝日の職業系ドラマの良さが出てましたね!

1話のでも同様の感想だったのですが、新人弁護士・熱海優作のキャラが私はやっぱり、あまり好きじゃないかな…

咲坂には新人ということで舐められてるけど、実は的を射た鋭いことを言うキャラ設定はアリなんですが、もう少し可愛げが欲しいところ!

もうちょっと見慣れてくれば好きになれるのでしょうか…

グッドパートナー 無敵の弁護士 第1話の視聴率・あらすじ・感想

視聴率

12.9%(ビデオリサーチ社調べ、関東地方)

あらすじと感想

竹野内豊さん演じる咲坂健人のアシスタント・熱海優作役の賀来賢人さんの演技が可愛げないのが少し気になりました。

無鉄砲っぷりや根拠の無い自信がある新人弁護士のキャラクターが、少しイラッとしてしまいました…

私が男性であのような傾向の人が不得意ということはあるので、女性の意見は違うと思いますが、もう少し生意気だけどかわいい若者みたいな雰囲気になってくると作品全体が魅力的になると思いました。

スポンサーリンク