隅田川花火大会の屋台と混雑情報!2016年の交通規制は?

5月も半ばをすぎ、準備の良い方は夏休みの予定なども考え始めているのではないでしょうか?

今回は東京、隅田川花火大会について屋台と混雑情報、交通規制についてまとめてみました。

東京三大花火大会にあげられる隅田川の花火大会は、毎年7月の最終週に開催されます。

2016年は7月30日(土)に開催されます。

早目に夏の予定を立ててみましょう!

スポンサーリンク

隅田川花火大会2016の日程と打ち上げ場所

隅田川花火大会2016 日程

前述しましたが、2016年の隅田川花火大会開催日時は7月30日(土)午後7時5分~午後8時30分です。

荒天で実施できない時は、翌日7月31日(日)に延期され、両日とも実施できない時は中止になります。

雨などで実施できるかはっきりしないお天気の時は、当日の午前10時に実施するかどうかが決定され、荒天などの場合はそれより早い午前8時に決定されます。

隅田川花火大会の打ち上げ場所

隅田川花火大会は2つの会場で打ち上げが行われます。

第一会場:桜橋下流~言問橋上流

第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

当日は会場周辺のかなり広い範囲で交通規制が行われます。その情報については次に書きます!

スポンサーリンク

隅田川花火大会2016の交通規制

例年、首都高速6号向島線は夕方から21時ごろまで全面通行止めになり、周辺道路も通行止めや一方通行になったりします。

また、座って見られる場所があまりないため、特に橋の上などは一方通行で歩きながらの観覧となることを心得ておきましょう。

隅田川花火大会の公式HPでは、今年の交通規制情報はまだ準備中となっています。

こちらのサイトで昨年、警視庁からだされた交通規制情報が載っていますので、まずこちらをご参考ください。

2015年の状況では、京葉道路や日光街道、明治通りなど、会場周辺の一般道は18時から21時30分頃まで車両通行止めとなり、その周辺道路も渋滞が予想されるため、他の道路へう回を呼びかけられています。

2015年は7月16日頃に確定した交通規制情報が出ましたので、2016年もその時期にチェックすることをオススメします!

隅田川花火大会の屋台と混雑情報

花火大会と言えば、屋台の出店も楽しみですよね。

隅田川の花火大会ではどんな場所にどんな屋台が出ているか調べてみました。また気になる混雑状況についても調べてみました。

隅田川花火大会開催日に屋台が出ている場所

例年、以下の場所では、確実に屋台がでています。

隅田公園(台東区側)
隅田公園(墨田区側)
浅草寺
吾妻橋
曳舟駅
押上駅
本所吾妻橋駅
汐入公園
東白鬚公園
蔵前駅
両国駅

地図で確認してみましょう。
 

隅田川花火大会の混雑情報とおすすめプラン!

屋台の多くは第一会場周辺にかたまっています。

しかし、第一会場周辺は大変混雑し、座ってみるには昼の12時頃からの場所取りが必要となるほどです。

屋台は多いですが、座る場所が確保できなかった場合、歩きながら見ることとなり、人混みの中で屋台の食べ物を持ちながら歩く…という非常に難易度の高いことをすることになってしまいます。

第二会場周辺は、屋台は少ないですが、第一会場に比べると座る場所を確保しやすいです。

早目に第一会場周辺に行って屋台でお祭りの雰囲気を楽しみ、周辺道路が歩行者天国になるぐらいの時間に第二会場に移動するというプランが効率的かもしれません。

隅田川花火大会、どんな屋台がでているの?

過去に出店が確認されているのは次のような屋台です。

たこ焼き、やきそば、からあげ、じゃがバター、やきとり、いかやき、きゅうりの一本漬け、広島焼き、焼きとうもろこし、ラーメンバーガー、チキンステーキ、フランクフルト、チョコバナナ、かき氷、りんご飴、タピオカジュース、ベビーカステラ、冷しパイン等。

気になるのは「ラーメンバーガー」ですね。

ラーメンバーガーとは、ハンバーガーのパン(バンズ)の代わりに、特殊な製法で固めたバンズ状の麺を使い、牛肉100%のハンバーグを挟んだ食べ物だそうです。アメリカのニューヨークに住む日本人が発明したもので、SNSで有名になり日本に逆輸入されたそうです。

過去の出店情報なので今年も出店するかわかりませんが、みつけたらぜひ食べてみたいですね!

[adsense]

隅田川花火大会の屋台と混雑情報!2016年の交通規制は?のまとめ

以上、隅田川花火大会について屋台と混雑情報、交通規制の情報を中心にまとめてみました。

まだまだ5月…と思っているとあっという間に夏が来てしまいます。

2016年は早めに夏のプランを立ててみましょう!

皆さんの夏休みの参考になればうれしいです!

スポンサーリンク