僕のヤバイ妻4話の視聴率と感想!高橋一生の演技が不気味…!

『ヤバ妻』ことフジテレビ火曜日22時のドラマ枠で放送中の『僕のヤバイ妻』。

第3話は主要キャストのひとりである、相武紗季さんが結婚というニュースが流れた日だったので、視聴率も伸びるかな?と思いきや、2話から0.9%下落の6.8%という低視聴率…

初回の拡大放送で詰め込みすぎて、今後の展開大丈夫?と思いきや、意外としっかり飽きさせない展開となっているところは素晴らしいと思うのですが…

そんな視聴率もちょっとヤバイ『僕のヤバイ妻』第4話の感想と視聴率をまとめていきます!

スポンサーリンク

『僕のヤバイ妻』4話の感想

正直、惰性で見てる感もある『僕のヤバイ妻』ですが、ちょっと目が離せなくなってきている自分がいます…(笑)

第4話、なかなか見応えありました!

今後の展開の布石になりそうなシーンばかりでしたね。

中でも特に気になるのがご近所の年の差カップルの旦那さん鯨井和樹を演じている高橋一生さんの演技と効果音。

前回の放送でパエリアを作って持ってきたのも含めて、裏があるのは確実なんですが、現状だとどういう形で絡んでくるのかが読めない…!

あとは4話ラストで幸平(伊藤英明)が早朝に焙煎に行っても真理亜(木村佳乃)が全く焦っていなかったのも不自然でしたし。

今回は登場しなかったバーのマスター木暮(佐々木蔵之介)が一番クレバーな雰囲気もありますし、残りの話数からしてもまだまだどんでん返し的な展開の連続になりそうです。

『僕のヤバイ妻』次回以降はもう少し今後の展開を読むつもりで集中してみようと思います!

スポンサーリンク

僕のヤバイ妻4話の視聴率は?

『僕のヤバイ妻』第3話の視聴率は6.8%でした。

第2話の7.7%から0.9%の下落ということで、視聴率的には決して良いとは言えない状況です。

僕のヤバイ妻 視聴率一覧

第1話視聴率 8.3%

第2話視聴率 7.7%

第3話視聴率 6.8%

第3話終了時平均視聴率 7.6%

ちなみに同時間帯にTBSで放送しているドラマ『重版出来!』は前回から1.2%上昇の9.1%を記録しました。

『僕のヤバイ妻』と『重版出来!』の視聴者層は多少ずれているような気がしますが、数字だけ見ると、『僕のヤバイ妻』は完全に視聴率を取られた形ですね。

そして、『僕のヤバイ妻』第4話の視聴率ですが、3話の6.8%をキープ出来たら上出来ではないかな?と感じております。

というのも、『僕のヤバイ妻』は完全に連続したストーリーかつ、謎解き的な要素も入っているので一度離脱した視聴者を再度引き寄せるのが難しいタイプの作品です。

また、3話の視聴率低下はゴールデンウィークの兼ね合いかも?という予想もしていたのですが、月9ドラマの『ラヴソング』がゴールデンウィークに放送した回よりもさらに視聴率を下げたので、単純な作品への評価として視聴率が低下していると考えた方が良さそうです。

実際『重版出来!』は視聴率アップしたわけですし…

上記をまとめると『僕のヤバイ妻』4話の視聴率は良くても6.8%、6.5%程度への下落の可能性の方がむしろ高いと予想します!

『僕のヤバイ妻』4話の視聴率は8.4%!

『僕のヤバイ妻』4話の視聴率は8.4%と初回視聴率を超え、最高視聴率を記録しました。

予想は大きく外してしまいましたが、良かったですね!

4話後半の展開は5話が非常に気になる内容だったので、『僕のヤバイ妻』第5話も高視聴率(といっても決して高い数字ではないんですが…)が期待出来そうです!

[adsense]

2016年春ドラマでフジテレビが大惨敗している理由

『僕のヤバイ妻』もそうですが、今期のフジテレビドラマの惨敗っぷりは、かなり深刻な状況になっていますね。

ちなみに現在放送中のフジテレビのドラマは以下の通りです。

2016年4〜6月期フジテレビドラマ一覧

月曜日 ラヴソング

火曜日 僕のヤバイ妻

木曜日 早子先生、結婚するって本当ですか?

土曜日 火の粉

日曜日 OUR HOUSE

調べてみたところ、最新の放送で2桁以上の視聴率を獲得できているドラマはひとつもありません。

さらに言えば、月9ドラマ『ラヴソング』の第1話が10.6%とかろうじて2桁超え、他のドラマは一度も2桁に乗ってないというのは驚きました…!

『火の粉』に関しては放送時間帯が遅いということもあるので、仕方ないと思いますが、他のドラマは本来であれば、それなりの視聴率を取らないといけない枠だと思うんですよね。

今期はこのブログを書いているということもあり、初回放送はひと通り見ましたが、フジテレビのドラマは確かにあまりおもしろくなかったですね…

そして、今これを書いていて気が付きましたが、全て連続したストーリーのドラマですね。

『早子先生〜』は若干1話完結感もありますが、基本的には連続したストーリーで展開していくタイプの作品だと思いますし。

これもフジテレビのドラマが低迷している原因のひとつかもしれません。

色々な時間の潰し方がある時代になったので、ドラマを集中して見なくなってると思うんですよね。

昔は毎週何曜日の何時は絶対ドラマを見る!という視聴者中心でしたが、今はその時間家に居てヒマだったらテレビを付けるくらいのライトな視聴者が増えているはず。

そんな時代において、1話完結型をベースにしたドラマの方が見やすいと思うんですよね。

今期で視聴率を取れている『99.9』『グッドパートナー』は全話通して見た方が、もちろん楽しめますが、1話だけ見ても楽しめる作品です。

フジテレビの業績が芳しくないというのは、視聴者にも伝わってきていますが、局の看板である月9を中心にドラマで視聴率を本気で取りにいかないと、本当にヤバイかもしれません…!

スポンサーリンク