2016祇園祭の屋台と出店情報!日程や楽しみ方も。雨天時は中止?

お祭りといえば屋台ですね。

日本三大祭りの一つである京都祇園祭は、八坂神社の祭礼で山鉾巡行などがハイライトですが、今回は屋台と出展情報を中心に調べてみました。

もちろん、お祭り全体の日程もまとめてあります!

また、山鉾巡行や花傘巡行が晴れるとは限りませんね。雨天時の対応なども調べてみました。

京都の夏の風物詩である祇園祭、準備万端で楽しみましょう!

スポンサーリンク

京都祇園祭のはじまり

祇園祭は、平安時代にあたる貞観年中に、日本に疫病が流行ったとき、災厄の除去を祈って行われた儀礼がはじまりとなっています。

平安京の広い庭園であった神泉苑に、当時の国の数である66本の鉾を立てて祇園の神を迎えて祀り、洛中の男児が祇園社の神輿を神泉苑に送ったことに由来しています。

7月1日の「吉符入(きっぷいり)」にはじまって、31日の「疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)」までの1ヶ月間、さまざまな神事・行事が行われます。

祇園祭のおもな日程と楽しみ方

祇園祭の期間は、先に書いたとおり7月1日~31日までです。

その間、市内の各所で神事・行事がとり行われます。

八坂神社のHP京都市観光協会のHPではそれらがまとめられていますが、やはり気になるのは、「前祭(さきまつり)」「後祭(あとまつり)」の日程ですね。

2014年から「後祭(あとまつり)」といわれる日程が復活し、山鉾巡行が2回に分けられ、後祭には花傘巡行も行われています。

前祭(さきまつり)

前祭(さきまつり)宵山 7/14~7/16 

山鉾巡行・前祭(さきまつり)巡行 7/17

宵山では、夜は各山鉾で提灯が灯され、祇園囃子が奏でられます。

引用させて頂いたツイートのように、夜の宵山ではthe・京都という雰囲気が楽しめます!

15日・16日は四条通・烏丸通りが歩行者天国になり、後に書きますが屋台も出店します。

そして、17日は午前9時から23基の山鉾が四条烏丸出発し、曲がり角では「辻回し」を見ることができます!

 

鉾はその構造上、直進しかできません。

それを無理やり90度方向転換させるのが「辻回し」です。

青竹を使って車輪を横に滑らせるという方法で、鉾の進行方向を変えます。

鉾は10tを超える重さがあり、人も乗っています。重心が上にあるため倒れそうな鉾を掛け声と竹の軋む音とともに見事に方向転換させる「辻回し」はぜひ見たい光景です!

後祭(あとまつり)

後祭(あとまつり)宵山 7/21~7/23

山鉾巡行・後祭(あとまつり)巡行 7/24

花傘巡行 7/24

山鉾の建てられている町内は車両通行止めとなりますが、後祭の宵山では四条通等の歩行者天国はありません。露店の出店もない予定です。

後祭でも山鉾巡行があります。

巡行する山鉾は前祭の23基と比べると10基と少ないですが、比較的人も少なく前祭よりは落ち着いて見物できるかもしれません。

花傘巡行は、昭和41年(1966)から後祭が17日に合流して後祭の行事がなくなった際、山鉾の古い形態を再現するねらいではじめられたものです。

京都花街のきれいどころの踊、鷺舞、六斎念仏、子供神輿、衹園ばやし、稚児など総勢千人の行列がつづく華やかなものです。

花傘巡行の動画もご覧ください。

スポンサーリンク

京都祇園祭2016 屋台情報

お囃子や提灯といった宵山の京都ならではの風情や、山鉾巡行などのメインイベントも楽しみですが、やはり屋台も楽しみの一つですね。

京都祇園祭の屋台情報を調べてみました。

しかし、記事を書いている現在(2016/05/09)では、2016年の確定した情報はみつけられませんでした。ちょっと気が早かったかもしれません。ただ、屋台は毎年出ているため、今年も出店されると思います。

例年、15日~16日までお店が出ていますので、2016年もこの日が屋台の出る日になるでしょう。

KBS京都の祇園祭のサイトに2015年の露店の出店についての情報が載っていました。

2015年の情報によると八坂神社周辺にも出店していたとのことです。

2016年にも当てはまるかわかりませんが、もしよろしければご参考ください。

なお屋台が出るのは前祭だけで、後祭は歩行者天国も露店の出店もありませんのでご注意ください。

露店の種類は、定番のたこ焼き、お好み焼き、フライドポテトなどに加えて、地元のお店が店舗前に出店を置いていたりします。

スタバも出していますし、老舗有名コーヒー店の『前田珈琲』や、有名ホテルもテイクアウトできる出店を出しています。

露店で思わぬグルメを発見できるかもしれません!

京都祇園祭りの名言「小雨決行、大雨強行!?」

お祭りなどのイベントで気になるのはお天気ですね。

さすがにまだまだ7月の天気予報はでませんが、京都市観光協会の祇園祭のHPには、前祭(7/17)後祭(7/24)は『雨天決行』とあります。

前祭の山鉾巡行と、後祭の山鉾巡行&花傘巡行は雨でも決行されます。

山鉾巡行をするかどうかは、制度上は午前5時30分ころ、祇園祭山鉾連合会で決定することになっていますが、山鉾巡行が中止になったのは、歴史的に応仁の乱や第二次世界大戦という事態の時だけのようです。

直近では昭和37年で、阪急電鉄が延伸のため地下工事を行っていたため中止になりましたが、荒天で中止になったことは今までありません。

昨年(2015)は台風が近づくという事態のため、決行が危ぶまれていましたが、祇園祭山鉾連合会は決行の判断を下しました。

この祇園祭山鉾連合会の基本的な方針は「小雨決行、雨天強行」とのことなので、よほどの事態がない限り中止になることはなさそうです。

この心意気、とてもカッコイイですね!

[adsense]

2016祇園祭の日程・出店情報と雨天中止?についてのまとめ

以上、2016年京都祇園祭について調べてみました。

基本的に祇園祭は土日などの曜日に関係なく、毎年決まった日にちに行われています。

「都合はそちらで合わせておくれやす」ということなのでしょうか。

小憎らしいですが、京都らしいですね!

当然の大混雑が予想されますが、夏の京都らしさいっぱいの祇園祭ぜひ行ってみることをおすすめいたします!

スポンサーリンク