ドラえもん映画ランキング!日本誕生以外も名作揃い!

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』が2016年GWに公開されましたね!

『のび太の日本誕生』は、過去にも公開されていて、それのリメイクが、今年公開されました。

藤子・F・不二雄先生が亡くなって以降は、昔の作品のリメイクと新作を半々ずつ公開している傾向があります。

今回は、ドラえもんの映画を3つランキング形式に紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

第3位 ドラえもんのび太のワンニャン時空伝

この映画は、大山のぶ代さんらが、声優を担当した最後の映画です。

またオープニングテーマソングである『ドラえもんのうた』もこの映画で終了となりました。

あらすじは、のび太は、いつものようにジャイアンとスネ夫と野球をし、いつものようにエラーをしてしまい、川に落ちたボールを捜します。

探しているとボールを咥えた子犬がやってきます。

その子犬をのび太は救い、なつかれてしまい、イチと名付け、家で内緒で飼うことにしました。

しかし、次第に餌に困り、ばれそうになり、タイムマシンを使って、3億年前の世界で、放し飼いを始めます。

のび太は、自分たちがいなくても暮らせるよう、進化退化光線銃を当てて、人間並みの知能を持たせます。

次の日タイムマシンで向かおうとしましたが、時間と空間のねじれゾーンに巻き込まれてしまい、イチ達を離した世界の1000年後についてしまいます。

動物がでてくるということだけあって、かなり泣ける映画だと思います。

旧キャストが最後に吹き込んだ映画なので、見たことがないという方は、ティッシュやハンカチを用意して、見てみてはいかがでしょうか?

この映画を見た方の感想がこちらです。

泣けるという声がいくつかありました。
私もこの作品は、泣きました。

人気もある作品のようです!

スポンサーリンク

第2位 ドラえもんのび太の宇宙小戦争

シリアスかつSFの要素が多くある映画作品になっています。

また主題歌の武田鉄矢さんが歌う『少年期』がかなり人気です。

あらすじは、のび太たちは、スネ夫の趣味で特撮映画を撮影していました。

そんな中、ピリカ星から来たという親指ほどの大きさの少年パピと出会い、友達になります。

しかし、突然クジラ型の宇宙戦艦が現れ、熱戦攻撃をし、映画の舞台装置を破壊して去っていきました。

パピは、ピリカ星から亡命してきた大統領だったのです。ピリカ星のPCIAが地球までパピを追って来たのでした。

パピを守ることを約束しましたが、そんな中しずかが人質に取られました。

そして、ドラえもんたちがスモールライトで小さくなっている間に、スモールライトを取られてしまったのです。

ドラえもんたちに迷惑をかけてしまわないようにと、パピは、しずかの身柄と引き換えに自分を差し出します。

のび太たちは、スモールライトを取り戻し、パピを救い出すためにピリカ星へ向かいます。

この映画のオープニングには、『スターウォーズ』のC-3POやR2-D2もオープニングで出演しています。
『スターウォーズ』好きには、少しうれしいですよね!

この映画を見た方の感想がこちらです。

主題歌が良いと言っている方が多くいらっしゃいました。

第1位 ドラえもんのび太と雲の王国

この映画は、第9回ゴールデングロス賞優秀銀賞受賞作です。

環境問題を大々的に告発、エコテロリズムを表現したメッセージ性が強い作品です。

あらすじは、のび太は天国があると信じていて、案の定ジャイアンとスネ夫に馬鹿にされてしまいます。

のび太は、ドラえもんに雲の上に自分たちで天国を作ろうと言います。

そして雲固めガスを中心に様々な道具を使い、仲間たちの協力も得て雲の王国を完成させます。

しかし、雲の王国で遊んでいる途中に偶然、天上人の住む世界を見つけます。

そこは、絶滅動物の保護地区でした。

そこの監察院のパルパルに連れられ、施設に移動します。

天上界では、動植物と地上人を避難させ、大洪水で地上文明を破壊するという『ノア計画』が実行されようとしていたのでした。

天上界の人々が地上人をひどく嫌うわけとは、地上からの公害を受けて、年々人口が減少し続けているからです。

ここのところが環境問題を訴えているところなんでしょうね。

この映画を見た方の感想がこちらです。

ここの部分が感動すると言っている方は、多くいました。

この作品で環境問題をちゃんと考えた方も多かったのではないでしょうか?

[adsense]

ドラえもん映画ランキング!日本誕生以外にも名作揃い! のまとめ

このような作品を生み出してきた、藤子・F・不二雄先生は、すごいなと改めて思いますね。

私的に、やはり昔のドラえもん映画の方が、見ごたえがあって、わくわくするような感じがします!

ドラえもんの映画作品を見たことがないという方は、是非レンタルや購入してチェックして、子どもの頃のようなワクワク感を味わってみてください!

スポンサーリンク