【札幌】ビアガーデン2016!期間はいつまで?混雑情報も

2016年もだいぶ暖かくなってきましたね。

暑い夏もあと少し、ビアガーデンでビールを飲みながら美味しいご飯をたくさん頂いて夏バテ知らずの快適な夏を送りましょう!

という事で、事前に情報を調べて今年の夏を乗り切る準備として、北海道の札幌で行われるビアガーデンイベントについてピックアップして期間と混雑情報を調べてみました。

スポンサーリンク

ビアガーデン2016 4月現在開催中

屋上ビアガーデン Nテラス

[開催期間] 2015/6/5(金)~
[営業時間] 18:00~24:00(7月、8月は翌6:00まで営業)
[休業日] なし
[住所] 北海道札幌市中央区南4条西3丁目1-2、N-PLACE9F
[予算] 120分飲み放題1,500円、生ラムジンギスカン120分食べ飲み放題3,500円

ススキノの夜景を一望できる開放的な屋上テラスです。

種類豊富な120分飲み放題は生ビールも付いていて、生ラムジンギスカンが美味しいお店です。

混雑情報は見つかりませんでしたが、年中やっているので混雑はしていないと思われます。

ラフィラ屋上ビアガーデン

[開催期間] 2015/5/28(木)~
[営業時間] 11:30~23:00
[休業日] 無休(雨天の場合中止になる可能性)
[住所] 北海道札幌市中央区南4条西4丁目1番地 ススキノ・ラフィラR階
[予算] 120分飲み放題付BBQ3,500円、生(クラシック)・モヒート・スパークリング込120分飲み放題:2,000円、牡蠣のつかみ取り1,500円
[席数] 500席

北海道恵庭工場で作られた樽詰めビールを、マスターが注いでくれます。飲み放題もあるそうです。

花火も見れるお店の位置なので毎年ある花火の情報も調べてみるといいかもしれません。

年中開いているのと席数が500席もあることから混雑はしないようで穴場と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ビアガーデン2016 5月以降開催

福祉協賛さっぽろ大通りビアガーデン

[開催期間] 2016/7/20(水)~8/15(月)
[営業時間] 12:00~21:00(一部平日17:00~、土日16:00~)頃 各店舗によって違います。
[開催地] 北海道札幌市中央区大通り公園西5丁目~11丁目

約1kmの会場に約13,000席が用意される、国内最大級のビアガーデンイベントです。

札幌近郊の工場からの直送生ビールや世界のビールの販売がされています。

開放的な公園で北海道の旬な食材が味わえますが、混雑がとにかく酷いようで芝生や道路手前辺りまで人でいっぱいになるそうです。

トイレの周りには人がいないようですが、当然そこは避けるべきでしょう…。

札幌PARCO 真夏のビアテラス

[開催期間] 例年は7月後半から8月末に開催
[営業時間] 平日17:00~23:00最終22:00、土日13:00~23:00最終22:30
[休業日] 開催期間中無休
[住所] 札幌中央区南1条西3丁目3番地、札幌パルコ 屋上
[料金] 1,000円綴りの食券制
※すべて2015年の情報です

開催期間はまだ情報がありませんでしたので7月頃になったらコチラをチェックして確認してください。

2014年に初開催されたばかりなので、大きな混雑がない穴場スポットです。
樽生の札幌クラシック、中国やオランダ、ベルギーなど各国のビール、ワイン、カクテルなど種類が豊富です。

アボガド、クリームチーズのタルタル、ロミロミスモークサーモン、ペッパーチキンのシーザーサラダなどおしゃれな食べ物が揃っています。

ビアガーデン2016での虫対策

ビアガーデンに行くと高い確率で気分を下げてくれる虫対策は必須とも言えるでしょう!

夏場だと暑いですが。対策として露出の少ない服装をしていく事をおすすめします。

虫除けスプレーも必須ですが、もちろん肌に掛けるタイプで人のいない所で使うようにしましょう。

そしてそれでも虫に刺された時のために、ムヒなどの中和剤も持っていくと良いでしょう。

蚊取り線香はアウトだと思いますが、アロマや精油なんて物もあるようです。

[adsense]

【札幌】ビアガーデン2016!期間はいつまで?混雑情報も のまとめ

ビアガーデンで夏の疲れを吹き飛ばし、スッキリ開放的な気分を味わいたいものです。

その際に虫の対策や汗でべっとりなんてことが無いように団扇を持っていくなども大切になってきそうですね。

札幌では福祉協賛さっぽろ大通りビアガーデンが国内最大級で有名なイベントですが、混雑必至なので穴場を探して楽しんだ方がストレスや疲れの解消にはなると思います。

是非楽しめるビアガーデンにしてください!

スポンサーリンク